記事

世界のGDP、国別シェアがひと目で分かるチャート

This Helps You To Remember Your Country’s GDP Share In The World.

世界の国内総生産(GDP)、国別動向といえば度々話題になるテーマです。

世界銀行によると、米国の比率が24.32%(18.03兆ドル)で堂々トップ。2位はもちろん中国で14.84%(11兆ドル)、2010年に日本を追い抜きました。3位は日本で5.91%(4.38兆ドル)ですよね。

続いて4位のドイツが4.54%(3.36兆ドル)、5位が英国で3.85%(2.86兆ドル)、6位がフランスで3.26 %(2.42兆ドル)ですが、本当だったらカリフォルニア州が2.46兆ドルで6位に食い込みフランスは7位に転落するところです。カリフォルニア州を除いた順位を追っていくと、7位はインドで2.83%(2.09兆ドル)、8位はイタリアで2.46%(1.82兆ドル)、9位はブラジルで2.39%(1.77兆ドル)。10位にカナダが入り2.09%(1.55兆ドル)となります。

こうしてみると、米国のGDPの存在感が目を引きます。4位から10位を全て足しあげても約16兆ドルと、米国に到底届きません。

でも、数字の羅列じゃ覚えられませんよね。そんなあなたに朗報です。調査会社ハウマッチがひと目で分かるチャートを作成してくれました!

それではご覧下さい。小さくて見えづらい方はこちらをクリック。

gdp
(出所:Howmuch.net

国別ではなく、地域別に視点を移すと世界が変わります。最大のシェアを誇る地域はアジアで、33.84%に達していました。日本と中国が牽引するほか、トルコを含めた国の数で力強さを発揮しています。2位は北米で27.95%3位は欧州で21.37%となり、トップ3地域のGDPで83%を占めます。

地域格差も如実に表し、南米(ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、コロンビア)では4%、アフリカ(南アフリカ、エジプト、ナイジェリア)なんて1.5%に過ぎません。

果たして50年後、世界経済の地図は塗り替えられるのでしょうか?

あわせて読みたい

「GDP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  3. 3

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  7. 7

    ひとり親 物価高いが文京区選ぶ

    駒崎弘樹

  8. 8

    時給400円 人気女性ブランド炎上

    キャリコネニュース

  9. 9

    立民執行部は「菅内閣そのもの」

    文春オンライン

  10. 10

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。