記事

フランス大統領選挙では一瞬、「ヒヤッ!」とする展開が予想される

フランスでは4月23日に大統領選挙の第1回投票があります。

この第1回投票で51%以上の得票を得た候補が出現すれば、その人が大統領になり、大統領選挙は終わります。

しかし単独過半数を獲得する候補者が居なければ、上位2名の間で決選投票が5月7日に実施されます。

現在のアンケート調査では極右政党、国民戦線(FN)のマリーヌ・ル・ペン候補が26%でリードしています。

ここで重要な点は、なるほど彼女は最も人気が高いけれど、支持率は僅か26%に過ぎず、単独過半数の51%には遠く及ばないという点です。

すると選挙戦は5月7日の決選投票に持ち込まれる公算が大だということです。

決選投票では、中道的な候補者へ反極右票が全て集まると予想されるため、穏健な候補者の方が有利です。

現在のアンケート調査では、第2位は19%の支持率でエマニュエル・マクロン氏がつけています。

マクロン氏はパリ政治学院、国立行政学院を卒業後、会計検査官、投資銀行ロスチャイルド勤務、経済産業デジタル大臣などを務めています。

第3位は18%の支持率のフランソワ・フィヨン氏です。フィヨン氏はUMPから改名されたフランス共和党に属し、サルコジ政権では首相を務めた経歴を持ちます。その関係で本命候補と目されてきましたが、奥さんをコンサルタントとして雇い、国庫から給料を払っていた疑惑で人気が落ち目になっています。

まとめると、フランスの大統領選挙第1回投票では極右のル・ペンが勝つと思われるので、マーケットは荒れることが予想されます。しかしフランス人は「第1回投票ではプロテスト・ボートを入れ、決選投票になると、とたんに保守化する」と言われているので、最終的には穏健なマクロン氏、もしくはフィヨン氏が大統領になると思われます。

あわせて読みたい

「フランス大統領選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日大会見はベッキー炎上と同構造

    MAG2 NEWS

  2. 2

    栗城さん追悼「彼は山の表現者」

    AbemaTIMES

  3. 3

    安倍首相 3年前に加計新設認識か

    大串博志

  4. 4

    Amazonで本を買うのが危険なワケ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    能力主義の職場は無能な上司揃い

    非国民通信

  6. 6

    菅元首相 最高権力者の嘘は怖い

    菅直人

  7. 7

    セクハラ疑惑狛江市長は辞職せよ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  8. 8

    安倍首相 加計新文書の内容否定

    AbemaTIMES

  9. 9

    カンニング竹山 日大選手を擁護

    女性自身

  10. 10

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。