記事

豊洲移転の可否を住民投票に問うのは、やはり行政の長としての責任放棄だろう

既に橋下氏が書いていることだが、私も豊洲移転の可否を巡って住民投票をやるようなことは考えられない方がいいと思う。

憲法改正手続きのように国民投票にかけることが必須の条件になっているのならともかく、こういうことは情報を持っている行政の長がご自分の政治責任を賭けて決断すべきであり、一般の住民の方に責任を転嫁できるようなことではない。
確かに難しいことだから国民主権、住民主権の趣旨に従って住民の判断に委ねたくなるだろうが、難しいからといって何でも住民投票に頼るようになると、何のために代議制を取っているのか分からなくなる。

法律なり条例で住民投票にかけるべきことを決めているのであれば、行政の長として法律や条例の定めに従うことは当然で、法律や条例の定めに従ってなした決断について行政の長が責任を問われることはないが、現行法では豊洲移転の可否について住民投票にかけなければならないという規定はどこにもない。

仮に行政の長が住民投票の結果に従って豊洲移転の可否を決めたからと言って、それで行政の長が法律上の責任を免れることにはならない。

小池さんはこういうことは十分分かっておられるはずである。

何故、今の段階で橋下氏がわざわざ小池さんに釘をさすような物言いをするのか、その背景事情が分からないのだが、小池応援団を標榜している私も住民投票に逃げるようなことはよくないと思っていることを、予めお伝えしておく。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    証人喚問が"犯罪捜査"という暴論

    郷原信郎

  2. 2

    森友学園騒動の本当の問題は何か

    ニコニコニュース

  3. 3

    籠池氏の印象操作する邪悪な自民

    小林よしのり

  4. 4

    森友問題は国家システムの私物化

    小林よしのり

  5. 5

    森友問題で考えた"FAX"の破壊力

    常見陽平

  6. 6

    官僚の世界における"忖度"の実態

    郷原信郎

  7. 7

    桜を"嫌っていた"明治の日本人

    田中淳夫

  8. 8

    籠池氏「100万円」偽証の可能性

    和田政宗

  9. 9

    格安旅行"てるみくらぶ"が破産

    東京商工リサーチ(TSR)

  10. 10

    久々の"凄玉"カズレーザーの魅力

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。