記事

IOTもAIもBIGデータも結構だけどそれだけじゃ価値は生まれない

ウェアラブル端末の話題も一巡しましたが、充電の煩わしさがなければそれなりに魅力はあるように思います。それにしても普通の腕時計はもう何年も充電しないで正確な時を刻んでいるので凄いですね。ただウェアラブル端末は、スマートフォン周辺機器という限界を超えられず、より価値を高めていくには医療用の分野になってくるのでしょうか。元Google日本法人代表のお話では、そのウェアラブルの先には今後はインプランタブル(埋め込み型)が席巻、さらには神経・筋肉系統との統合も果たされていくとか。

元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界 : 

それを読んで思い出したのは、24時間の心電図を端末に記録して、不整脈や狭心症の有無を調べるホルター心電図です。体の10ヶ所ぐらいに電極を貼り付け、データを分析して日常生活で不整脈や心筋虚血が起きるかどうかを調べるものです。しかしこれを着けているときはすこぶる体調がよく、その後にまた違和感を覚えたりすることもあり、本来なら、ウェアラブルで、電極もなく、データをあちらの世界(クラウド)に蓄積し、AIが診断を下すという感じならいいですね。

それはそうとして、VR(仮想現実)の技術では、グーグル・グラスは話題だけ賑わいましたが市場からは消えてしまいました。実際にビジネスとして成功したのは、これがほんとうにVR技術なのかと感じてしまうポケモンGOです。グーグル・グラスは現在は開発者用に販売されていますが、それ自体は部品に過ぎず、これといった価値はないので、落ち着くところに落ち着いた感じでしょうか。

技術を買いたいと思うのは、それをビジネスに活かしたいと思う企業だけで、生活者が欲しいのは、楽しいとか、役立つとか、感動する新しい価値だということです。ポケモンGOといえば、先日、任天堂本社横を通ったのですが、スポットもジムもなくて、殺風景でした。

売れずに消えたGoogleGlass。世界制覇にむかうポケモンGO :

それで一例としてメルマガで取り上げたのが、米国のベンチャーIOTASがはじめた賃貸アパートメントのスマートホーム化ビジネスです。この会社もスマートデバイスがあるだけでは、スマートハウスは普及しないと言い切り、賃貸物件の価値を上げる切り口としてスマートホームを不動産業者向けに展開しています。

ニコンよどこに :: 「視点を広げる - 大西宏のマーケティング発想塾」  :
IOTもAIもBIGデータ、またVRなどの技術は、価値を創造する新しい領域を広げてくれますが、そのためには新しい目的や体験、また新しい目的や体験を実現するビジネスモデルの創造がなければ、ただの技術見本市に過ぎません。鍵は、IOTもAIも、あるいはBIGデータも利用環境はどんどん進んできているので、そこから、どんな価値づくりのアイデアやマーケティングが生まれてくるかなんでしょうね。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    関口宏3選チクリ 自民議員が反論

    和田政宗

  2. 2

    日村の淫行疑惑に高まる擁護論

    女性自身

  3. 3

    キングオブコントV逸 痛恨のミス

    メディアゴン

  4. 4

    中居正広がTVで語った本音に感銘

    文春オンライン

  5. 5

    安倍カツカレーで思い出す陸山会

    八木啓代

  6. 6

    沖縄で選挙応援する小池氏に苦言

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    人生後半を「福岡に住む」選択肢

    内藤忍

  8. 8

    北海道地震 観光呼び込むリスク

    赤木智弘

  9. 9

    安倍首相の続投で国民が払うツケ

    MONEY VOICE

  10. 10

    新iPhoneは買い換える意味なしか

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。