記事

「人間は記憶の集合体」脳科学者・井ノ口馨氏が語る 記憶と閃きのメカニズム

2/2

閃きを生む「デフォルトモードネットワーク」

「記憶は人間のアイデンティティー」だと語る井ノ口教授

—— 現在、AIの研究が進んでいますが、コンピューターが人間の能力を超える日は来るのでしょうか。

井ノ口:AIの研究も進んでいますが、記憶に関わるAIにできないことの一つに、「閃き」があります。人間が普段行っているような直観的な選択は、網羅的に組み合わせを計算して最善の選択肢を選ぶAIには難しいのではないでしょうか。

——「閃き」も記憶に関係があるんですね。

井ノ口:前提として、閃きというのは、過去の経験や情報など、これまで関連づけられていなかった記憶が脳の中で突然関連づけられた時に起こるとされています。そのため、記憶とも密接な関係があるはずです。

諸説ありますが、閃きが生まれるメカニズムには、脳の「デフォルトモードネットワーク」が大きな役割を果たしているのではないかといわれています。

意識して課題を解こうとしている時の脳の状態を調べると、海馬や大脳新皮質といった部分が活動しているのですが、課題が解けずに諦めてしまったあとにも、脳が自動的に課題を解こうとしていることが分かっています。そしてこの時活動しているのは、意識して課題を解こうとしているときに休んでいる部分なんですよ。この自動的に働く脳の部分をデフォルトモードネットワークといって、閃きの元になっているのではないかと考えられています。

デフォルトモードネットワークが働くのは、満員電車に揺られているときや温泉に入っているときなど、人それぞれにパターンがあるようです。ただ、課題をすぐに諦めてはデフォルトモードネットワークも動いてくれないので、やはり徹底的に考えることは必要になりますね(笑)。

—— 記憶研究の将来はどうなるとお考えですか。

井ノ口:記憶は人間のアイデンティティーのほぼすべてと言っても過言ではありません。何も記憶できない人間がいたとしたら、言葉も喋れないし、自分が誰だかもわからない。そういった意味では、人間は記憶の集合体なんです。だから、記憶を研究していけば、人間の全てがわかるのではないかと思っています。

移植された記憶に影響を受けながら、ジェリコはテロリストとの闘いに身を投じていく。

今回の映画では他者の記憶を移植されることによって、「人間らしい感情がない」とされていた囚人の人格が少しずつ変わっていきますよね。そういった演出によっても人間にとっての記憶の重要性がしっかりと描かれていると感じました。

もちろんこれは映画の中の話で、記憶を移植することによって人格を変えてしまうというのは倫理的に許されることではありません。私たちは記憶の研究を進めていくことで、PTSDなどの治療に役立てたり、より人間らしい人工知能の開発の一助になればと考えています。

プロフィール

BLOGOS編集部
井ノ口 馨
1955年生まれ。富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授 。専門は分子脳科学。
1984年、名古屋大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)。1985年、三菱化学生命科学研究所 副主任研究員、1991年 、米国コロンビア大学医学部(Prof. Eric Kandel lab)Howard Hughes Medical Institute (Research Associate)、ニューヨーク州立精神医学研究所を経て現職。


映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』は2月25日に公開。公式サイト
© 2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  3. 3

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  5. 5

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  6. 6

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  7. 7

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  8. 8

    センスも大義もない民進・前原氏

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  9. 9

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  10. 10

    学問知らぬ共産のデタラメな主張

    WEB第三文明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。