記事

パリ五輪招致に英語の標語、フランス語擁護派が憤慨

[パリ 17日 ロイター] - フランスのオリンピック委員会が2024年の五輪招致を支援する標語に英語を使用したとして、フランス語擁護派が憤慨している。五輪にはほかに、ロサンゼルスとブダペストが名乗りを上げている。

標語は「Made for Sharing」(分かち合おう)というもので、五輪委員会は、より広い世界にアピールする狙いから英語を使用したと説明した。

学会の最高権威であるアカデミー・フランセーズは、この文言はすでにピザやスイーツなどの宣伝に広く使われているとして、標語はピザの広告程度と酷評。別の擁護団体は、この選択はフランス語に対する冒涜とし、代わりに「Venez partager!」(来て分かち合おう)との文言を提案した。

フランス文化の擁護者として知られる著名ジャーナリストのベルナール・ピボ氏は「フランス語圏の中心であるパリが、シェークスピアのみならず、ドナルド・トランプの言葉でもある英語に屈することに、フランス語を話す国々は驚き、憤ることだろう」と述べた。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国のトランプ接待は意味不明

    やまもといちろう

  2. 2

    北ミサイルの原発攻撃はほぼない

    nonreal

  3. 3

    改憲代案を示せるのは山尾氏だけ

    小林よしのり

  4. 4

    米大統領 訪韓で「悔しい思い」

    NewSphere

  5. 5

    音喜多都議が明かす嫌いな政治家

    AbemaTIMES

  6. 6

    有人宇宙飛行はまったくの無駄

    Dr-Seton

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    むき出しの好奇心に臨んだ豊田氏

    文春オンライン

  9. 9

    橋下氏 三浦瑠麗氏の論稿に期待

    橋下徹

  10. 10

    よしのり氏が文春に公開討論要求

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。