記事

プレミアムフライデーは庶民感覚ではない

2月24日から毎月最終金曜日は15時で社員は仕事を切り上げる「プレミアムフライデー」になるらしい。
これで余暇が出来た人々の個人消費が増えるというのだ。 

時間ができればカネを使える人は嬉しいだろう。
高給取りの個人消費は上向くかもしれない。 

だが普通に考えれば、時間があっても、カネがなければモノは買えない。
旅行なんてもってのほか。 

15時で仕事をやめる分、給料を減らされたら、むしろ困る人もいるわけで、早めに帰宅したら、妻から「もっと働いて稼ぎを持って来い」と叱られる夫もいるのではないか? 

どうせマスコミがスポンサーの顔色うかがって、「プレミアムフライデー」を謳歌して、消費する客の様子を流すだろう。
一時的にはそれで個人消費が増えたような錯覚を持たせるのだろうが、しょせんは賃金・給料が増えなきゃ消費できるわけがない。 

ただでさえ実質賃金は減っているのに、「プレミアムフライデー」だから無駄づかいしようと思うわけもないし、誰もが将来不安で貯金に励んでいるのだから、意味のない政策ではないか? 

もっと働いて、もっと貯金したいのに、働くことが悪のように操作するマスコミ報道は庶民感覚からズレすぎている。
マスコミで働く者たちが高給取りだから、庶民のことは分からないのだ。

あわせて読みたい

「プレミアムフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  2. 2

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  3. 3

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    父が殺人犯に 加害者家族の現実

    fujipon

  5. 5

    ビットコイン先物でバブル崩壊も

    藤沢数希

  6. 6

    大企業の不正「なれ合い」が原因

    田原総一朗

  7. 7

    「結婚は人生で1回だけ」に疑問

    AbemaTIMES

  8. 8

    高齢夫婦の海外旅行は避けるべき

    PRESIDENT Online

  9. 9

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    就職人気企業 電通が26位に降格

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。