記事

尖閣問題はない、という嘘を教える教科書の意義とは

文部科学省が14日公表した学習指導要綱の改定案には、小中学校の社会科に竹島、尖閣諸島が「わが国固有の領土」として初めて明記された。・・・中学の地理的分野では既に記載がある北方領土に加え、竹島と尖閣諸島も領土であるとし、尖閣諸島については「領土問題は存在しない」と記した。
(2/14毎日新聞電子版)

言うまでもなく、尖閣諸島をめぐる領土問題は(少なくとも客観的には)存在する。存在しなければ、尖閣諸島問題というキーワードで検索をかけて50万件以上もの記事がヒットするはずがない。

なぜ教科書が嘘を記載するようになってしまったのか、については技術的には政治的駆け引き(官邸ー官僚)の結果だということもできるが、本質的には党派的な利益に資するという側面を指摘せねばならない。
(これは中国共産党、自民党どちらにも言えることである。)

ジョージ・オーウェルの「1984年」の中で出てくる「二重思考」という概念が最も的確に説明している。

二重思考はイングソック(イデオロギーの一種)の核心である。何故なら、党(中国共産党/自民党)の本質的な行動は意識的な欺瞞(領土問題は存在すると自覚しておきながら、しないと強弁する。)手段を用いながら、完全に誠実さ(いわゆる愛国心)に裏打ちされた堅固な目的を保持することだからである。一方で心から(領土問題を)信じていながら、意識的な嘘をつくこと、不都合になった事実はなんでも忘れ去ること、次いで再びそれ(領土問題)が必要となれば、必要な間だけ忘却の彼方から呼び戻すこと、客観的事実の存在を否定すること(教科書への記述)、それでいながら自分の否定した事実を考慮に入れることー以上は全て不可欠な必須事項なのだ。
(「1984年」ジョージ・オーウェル、カッコ内は筆者による)

教科書を読んで、現状で「尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない」という認識を固定させる生徒はほとんどいないと思われるが、この問題は解決してしまっていると結論付ける生徒は少しづつ増えていくかもしれない。
現実は必ずしも客観的で外在的なものだとは限らないからだ。

同じく「1984年」から、主人公(ウィンストン)が洗脳される過程で、

「ウィンストン、訓練された精神の持ち主だけが現実を認識することができるのだよ。君は現実とは客観的なもの、外在的なもの、自律的に存在するものだと信じている。・・・しかしはっきり言っておくが、ウィンストン、現実というものは外在的なものではないのだよ。現実は人間の、頭の中にだけ存在するものであって、それ以外のところでは見つからないのだ。」

ナチスのユダヤ人収容所で辛酸をなめたV.E.フランクルは、人間に残された最後の自由は頭の中であると言ったが、高度管理社会ではそういうわけでもないのかもしれない。
頭の中の自由(記憶)は常に管理されているからだ。
フーコーが面白いことを言っている。

「新たな統治理性は、だから自由を必要としているのであり、新たな統治の技法は自由を消費するのです。自由を消費すること、それはつまり、それを生産しなくてはならないということです。それを生産しなければならないということは、それを組織しなくてはならないということです。だから、新しい統治の技法は、自由の管理経営者として現れるのです。」
(ミシェル・フーコー「生政治の誕生」より)

フーコーはこの自由を効率よく生産するシステムを「セキュリティ・システム」と呼ぶ。セキュリティ、それは「自由の製造費用の計算原理」(フーコーによる)であり、またそのセキュリティは「個人的な利益に対して集団的な利益を保護すること」を目標とする。

統治性のなかに「自由とセキュリティ」をセットにして組み込むことで、統治者は利益を得る。

つまり、問題を外在的・客観的には見えない形に設定する(=個人の頭の中に単なる情報として設定する=真の問題からの自由を生産する)ことで、問題にかかるコストをセキュリティという名のもとに(司法権、立法権を超越し)行政がフリーハンドで決定する権利を得る。

こういった仕組みは日本よりも現今のアメリカで力強く機能する様子を見せている。

中国共産党やロシアプーチン政権やアメリカ共和党が同じような支配形態をとりつつある現状では、自民党が客観的な問題をすり合わせるという調整的機能よりも単純な政治的パワーを示し続けていかなければ伍していけない、と考えるのもわからないではないが。

ともあれ、図書検定を通った教科書が嘘を教えるのはいかんだろう、とは思う。
(検定は客観的事実に沿うべきであって、政権の意向によるべきではない。)

あわせて読みたい

「尖閣諸島」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  4. 4

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  5. 5

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  7. 7

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  8. 8

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  9. 9

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

  10. 10

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。