記事

「百条委」と「参考人招致」どう違う? 早稲田塾講師・坂東太郎の時事用語

 日本最大の水産物取り扱いで有名な築地市場から昨秋に移転予定だった豊洲市場の用地売買経緯などを解明するために、石原慎太郎元東京知事(在任1999年4月23日~2012年10月31日)を東京都議会の豊洲市場移転問題特別委員会が参考人として招致すると決め、石原氏も応じる構えを示しました。

 ただ石原氏をめぐっては百条委員会での説明を求める声もあり、当初は「百条委を避けるための参考人招致だ」との見方もありましたが、報道によると、22日開会の都議会で設置される見通しになったと伝えられています。そこで、百条委と参考人招致の違いについて考えてみました。

ウソを言っても罰則のない参考人招致

 地方議会における「参考人招致」とは地方自治法115条の2に定めがあります。「議会は」(今回は東京都議会)当該普通地方公共団体(東京都)の事務に関する(豊洲移転問題)調査又は審査のため必要があると認めるときは、参考人の出頭を求め、その意見を聴くことができる」です。参考人=疑惑の人という意味ではありません。当時の状況を知っていそうな人や学識経験者など専門家の記憶や知識を聞き、問題解決へとつなげる方策の一つです。したがって求められても出席を拒めるし招致の席でウソを言っても罰せられません。

 他方、「百条委員会」は文字通り地方自治法100条に基づいて設置されます。自治体の仕事に重大な疑念が発生した時に置かれる特別委員会で、首長や議員も対象になります。法律に基づく強制力のある調査で、正当な理由がなく出頭や証言を拒否したり、虚偽の証言をしたりした場合には、禁錮刑以下の罰に問われる可能性があります。地方自治法違反容疑となれば議会は刑事告発しなければなりません。議会の過半数の議決で設置できます。

都議会で百条委は過去6回開催

[図]これまで都議会で開かれた百条委員会

 東京都によると、過去に開かれた百条委員会は6回。ほとんどが1970年までで、2005年には35年ぶりに設置され、話題になりました。

《猪瀬氏は設置が決まって辞職》
 2012年12月、石原都知事の辞職を受けて行われた都知事選で勝利して就任した猪瀬直樹知事は翌年、医療法人から受け取った5000万円が「不適切だ」と議会から追及されしどろもどろの二転三転。最後は選挙で支援した自民党にまで見放されます。
「知事のクビ」を狙う有力な方法として百条委員会のほか不信任決議があります。議員の3分の2以上出席し、うち4分の3以上が賛成して可決・成立すれば知事は10日以内に議会を解散できます。そうでなければ失職です。

この時も不信任が検討されましたが知事に解散の選択肢を与えるのに及び腰の議員も多く、結局は百条委員会の設置が先行しました。決定が12月18日。万策尽きた知事は翌日に辞職しました。翌年、東京地検特捜部が公職選挙法違反で略式起訴し東京簡易裁判所が罰金50万円の略式命令を出しました。猪瀬氏が納付したため罰金刑が確定したのです。

《舛添氏も総務委で辞任発表》
猪瀬氏辞職にともなう都知事選で勝利した舛添要一氏も私的流用など一連の「政治とカネ」の問題で窮地に立たされます。なかなか辞めない知事に業を煮やした自民党など与党会派は野党とともに2016年6月15日、不信任決議案の本会議上程を決め、可決が確実となりました。前述のように議会解散を舛添氏が選ぶ可能性もあったのですが全政党を敵に回しての都議選に展望が開けるはずもなく辞職願を議長へ提出する運びとなりました。そのため20日に予定されていた総務委員会における集中審議は中止。疑惑を追及できる絶好の場である百条委員会の設置も否決されました。

参考人招致で移転経緯を解明できるか?

 豊洲市場の予定地はかつて東京ガスが保有しており、土壌汚染問題があると東京ガスは都に伝えていたようです。しかし2001年7月都は東京ガスと協力して新しい市場を豊洲とする計画に合意しました。汚染対策として都が委嘱していたた専門家会議が、土壌を入れ替える「盛り土」でいくとの基本方針を決めました。その後も「盛り土」案に変わりないと都は説明していたにも関わらず実際には地下空間が作られているとわかりました。石原知事は08年5月の記者会見で「箱ですね、コンクリートの」など研究者のアイデアを紹介する形式ながら「盛り土」と異なる方法を口にしています。

 14年2月は豊洲の主要建物の入札で予定価格の99%を超える額で落札され「談合ではないかという」疑問も持たれています。

 これらすべての疑問に対して、当時の都の責任者であった石原氏に話を聞いてみようというのが参考人招致の意図です。しかし前述のように発言に誤りがあったり黙したりしても構わないので、何も分からないでうやむやになるという観測があります。

 都議会では、これまでも東京改革議員団や共産党などが百条委員会の設置を求めてきましたが、公明党も同様の方針を固めたため、設置される見通しとなったと報じられています。20日には都議会の議会運営委員会で調査項目などが協議されます。百条委員会が開催されて、豊洲移転の経緯をめぐる疑問は解消されるでしょうか。

-----------------------------------
■坂東太郎(ばんどう・たろう) 毎日新聞記者などを経て現在、早稲田塾論文科講師、日本ニュース時事能力検定協会監事、十文字学園女子大学非常勤講師を務める。著書に『マスコミの秘密』『時事問題の裏技』『ニュースの歴史学』など。【早稲田塾公式サイト】(http://www.wasedajuku.com/)

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    AV男優が持つセックスへの価値観

    幻冬舎plus

  2. 2

    妄想ばかりの韓国は日本のリスク

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ダイヤモンド誌の記事に重大疑惑

    PRESIDENT Online

  4. 4

    森友学園に起きた「すごい偶然」

    八木啓代

  5. 5

    消防団への寛容さは主張すべきか

    赤木智弘

  6. 6

    iPhone7のセールスに異変 酷評も

    NewSphere

  7. 7

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  8. 8

    ヲタ専か一般化かニコ動の難しさ

    田野幸伸

  9. 9

    弱者を傷つける"自己責任"の言葉

    ニャート

  10. 10

    宗男氏の娘が語る「父と世襲」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。