記事

金正男氏暗殺の謎:「白頭の血統」の視点から - 平井久志

1/2

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日午前、マレーシアのクアラルプール空港で毒殺された。

「金正男死亡の情報」

 実は、筆者は2月14日の午後の早い段階で、金正男氏が死亡したという情報に接した。韓国の情報機関・国家情報院が確認に動いているようだった。しかし、筆者は、この情報に敏感に反応できなかった。それには筆者なりの理由があった。年齢も若い金正男氏が死亡したとなると、考えられるのは「暗殺」だった。金正男氏を暗殺するとなると、それは常識的には北朝鮮しかない。

「白頭の血統」

 北朝鮮では過去、凄まじい粛清が繰り返されてきた。幹部が粛清されたり、銃殺されたりすることはよくあることだ。しかし、これには例外があった。故金日成(キム・イルソン)主席の血筋を引く「白頭の血統」の者が殺されたことはない。金ファミリーでも、金正恩党委員長の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)党行政部長が粛清・処刑され、金正男氏の叔母にあたる成蕙琅(ソン・ヘラン)の息子・李韓永(リ・ハンヨン)氏が亡命先のソウルで北朝鮮工作員とみられる者に銃殺されることはあった。しかし、張成沢氏も李韓永氏も金ファミリーであり、金日成主席の姻戚ではあるが、金日成主席の血は引いていない。

 北朝鮮では金日成主席の血統は「白頭の血統」と呼ばれ、「白頭の血統」への忠誠は北朝鮮を支えている核心的なイデオロギーだ。北朝鮮では「白頭の血統」は神聖不可侵の存在だ。このイデオロギーがあるから、北朝鮮の最高指導者は金日成主席の血統からしか出ず、ここから出す必要がある。

 金正日(キム・ジョンイル)総書記は金日成主席の後継をめぐり、金日成主席の弟である金英柱(キム・ヨンジュ)氏や異母弟である金平日(キム・ピョンイル)氏(現駐チェコ大使)との権力闘争を繰り広げた。金正日氏は後継者の座を獲得するために、叔父の金英柱氏や継母・金聖愛(キム・ソンエ)氏、金平日氏らにつながる人脈への徹底的な弾圧を加えた。これは「横枝(キョッカジ)叩き」といわれた。白頭の血統の中で幹が大きく育つためには「横枝」は刈らねばならないという論理だった。

 金正日氏がこの権力闘争に勝利して後継者の座を獲得するが、金英柱氏、金平日氏の命を奪うことはなかった。それは「白頭の血統」につながる人々であったからだ。金英柱氏は1993年に国家副主席として復権し、金平日氏は東欧の大使へ転出した。

 金正恩氏が最高権力者の座に座れたのは、彼の実力というよりは、彼が金日成主席の孫であり、金正日総書記の息子であるからだ。

金正男氏を殺す必要があるのか?

 金正日総書記は一時、金正男氏を要職に就けたことがある。後継も視野に、彼の実力を養わせ、その能力を見ようとしたとみられる。当然、周辺では後継者という目で彼を見て、彼の周辺に人が集まっただろう。しかし、結果的には金正男氏は父親の期待に応えられず、要職を解任されたようだ。

 それに加えて2001年5月に息子や2人の女性と日本のディズニーランドを見物に行こうとして成田空港で偽造旅券が発覚、強制追放された。これ以降は、1度の帰国を除いて、基本的に北朝鮮に帰らず、中国やマカオ、東南アジアを転々とする生活を続けていた。

 一時は海外のメディアのインタビューに答えたりしていたが、金正恩政権がスタートして以降は、本人自身がメディアとの接触を嫌い、自分の意見を語ることも避けていた。北朝鮮本国には彼を支える勢力はなくなり、金正恩氏にとっては、その地位を脅かすような存在ではなくなっていた。金正恩氏が現時点で、金正男氏を殺す必要性はないとみられた。

殺害は「白頭の血統」の否定

 さらにこの時点で3日後の2月16日は金正日総書記誕生75周年の日だ。北朝鮮では金正日総書記の業績が強調され、金日成主席、金正日総書記、金正恩党委員長という「白頭の血統」の偉大性が称えられる。その直前に「白頭の血統」の直系である金正男氏を殺害するだろうか?

 筆者は「金正恩党委員長が金正男氏を殺せば、それは金日成主席の孫、金正日総書記の息子を殺すことになる。それは自ら『白頭の血統』を否定することになる。そんなことをするだろうか。それは『白頭の血統』への忠誠という自分自身を支えているイデオロギーを自分自身で否定することになるのでは」と考えた。「『金正男暗殺』はよくある誤報騒ぎではないか」と考えた。

金正男氏の死亡確認

 韓国の聯合ニュースは2月14日午後8時13分「北韓の金正恩の異母兄、金正男、マレーシアで殺される」と緊急報道を行った。韓国ではその前に朝鮮日報系のケーブルテレビ「テレビ朝鮮」が同午後7時40分に「金正男氏マレーシアで殺される」と報じていた。

 この時点での各種情報を総合してみると、金正男氏がマレーシアのクアラルンプール空港で何者かに毒殺されたことは事実とみられた。

 筆者はその時点でも、金正恩政権が金正男氏を殺害してプラスになることよりも、マイナスの方が大きいという考えからは解放されなかった。合理的に考えれば、金正恩政権が金正男氏を殺さなければならない重大な理由は見つからない。しかし、犯行は北朝鮮以外に考えにくいという疑問に陥った。

 マレーシアのザヒド副首相は16日、記者会見で、殺害されたのは正男氏だと正式発表した。死亡した男性は北朝鮮旅券を所持し、その名前は「キム・チョル」となっており、「1970年6月10日 平壌生まれ」となっていた。金正男氏は1971年5月10日生まれとされている。彼がしばしば「キム・チョル」という偽名を使っていたという情報もあった。マレーシア当局は韓国政府が提供した指紋やDNAと照合し、金正男氏と確認したとみられる。

不可思議な暗殺手法

  マレーシアの警察当局は2月17日午前の段階でベトナム旅券を保持した女性とインドネシア旅券を保持した女性の2人の身柄を拘束し、2人に犯行を指示したと見られている4人の男性の行方を追っている。

 しかし、ベトナム旅券を持った女性はこうした犯行を行うにしては極めて目立つ「LOL」と大きなロゴが書かれたシャツを着て、犯行後も空港近くのホテルにいるなどテロ犯とは思えない行動を取っている。一方では、ホテルで髪の毛を大量に切って、イメージを変えようとした形跡があるなど不審な点もある。

 マレーシア紙・東方日報は、女は男4人から「悪ふざけをしよう」と持ち掛けられ、別の女と2人で正男氏を襲ったと供述していると報じた。女らはスプレーを吹きかけ、ハンカチで顔を10秒近く押さえたという。

 韓国メディアは北朝鮮の女性工作員が第三国の偽造旅券を使って行った犯行の可能性を繰り返し報じたが、インドネシア政府はインドネシア女性の所有していた旅券は偽造ではなく本物であるとした。

「外部発注」の可能性?

 こうなってくると考えられるのは、北朝鮮が金正男氏の殺害を第三者に依頼したということだ。

 しかし、北朝鮮がこうしたテロ行為を「外部発注」するケースは極めてまれだ。第三者に犯行を依頼し、最後の段階で裏切られれば、自分たちの犯行がばれてしまう。北朝鮮のテロの多くは、長年の訓練を積んだ工作員の犯行だ。

 過去のテロ事件で唯一の例外といえるのは、1986年のソウル・アジア大会開催を前にした金浦空港爆破テロ事件だ。この事件は爆破に使われた爆弾が過去に北朝鮮が使った爆弾と似ているとみられたことなどから、韓国政府は北朝鮮の犯行とした。しかし、北朝鮮の犯行を裏付ける明確な証拠はなかった。

 朝鮮日報系の月刊誌「月刊朝鮮」は2009年3月号で、この事件は旧西ドイツの赤軍派要員が英国人に偽装し、金浦空港のゴミ箱に爆発物を置いて香港に出国した事件だったことが旧東ドイツ情報機関の資料にあったと報じた。同誌は、この事件はアブニダルの組織が北朝鮮の依頼で行ったものだとした。

 しかし、この場合も第三国とはいえ、専門の工作員の犯行である。今回の犯行の手口をみていると、結果的に殺害には成功したが、プロの犯行のようには見えない。16日に逮捕されたインドネシア人の女性容疑者は、見知らぬ男に「いたずらビデオ」の撮影を持ち掛けられたと供述している。

北朝鮮は沈黙、崔龍海氏が姿見せず

 この事件に北朝鮮側は2月17日現在、沈黙を守っている。北朝鮮では2月15日に平壌で「わが党と人民の偉大な首領である偉大な領導者、金正日同志誕生75周年慶祝中央報告大会」が開かれた。金正恩氏も出席したが、極めて堅くて暗い表情だった。

 さらに、金正恩党委員長は16日午前零時(日本時間同零時半)には金日成主席や金正日総書記の遺体が安置された錦繍山太陽宮殿を、幹部を引き連れて訪問した。

 中央報告大会と錦繍山太陽宮殿訪問で関心を引いたのは崔龍海(チェ・リョンヘ)党中央委員会副委員長と、国家安全保衛相を解任されたとされる金元弘(キム・ウォンホ)氏の姿がなかったことである。金元弘氏の姿が見えなかったのは革命化教育を受けているためとみられるが、2月1日の行事には姿を見せていた崔龍海氏の姿がないことが関心を呼んでいる。

 韓国統一部は「身辺異常説まで考えるにはまだ無理がある」としている。一部では訪中説も出ているが、これも確認されていない。

 北朝鮮が今回の金正男氏の暗殺に直接的に言及する可能性は低いとみられる。

 問題はマレーシア当局の捜査がどう進展するかだ。身柄を拘束している2人に犯行を指示したとみられる4人の男がどういう人物たちなのか、北朝鮮の関与が出てくるのかだ。場合によっては、事件の真相は不明のままになる可能性もある。

韓国当局は「5年前の暗殺指令が生きている」

 韓国の情報機関・国家情報院が2月15日に国会の情報委員会へ報告したところでは、北朝鮮は金正恩政権スタート直後の「2012年から金正恩氏の暗殺を図っていた」とした。さらに、李炳浩(イ・ビョンホ)国家情報院長は「金正男暗殺は金正恩政権執権以後、『スタンディング オーダー』(取り消されるまで有効な命令)だった」とし「2012年に本格的な試みがあり、その後の2012年4月に金正男氏が『私と私の家族を助けてくれ』と書信を送った」と述べた。

 しかし金正男氏は、以前は行動の拠点を北京などの中国に置いていたが、中国の監視を嫌い、マカオや東南アジアに拠点を移した。自分や家族の身の危険を感じていたのなら中国を離れただろうか。また、日本のメディアをはじめ、実は密かに金正男氏と交流をしていた人たちは多い。そうした「アマチュア」でもコンタクトが可能だったし、映像で紹介されているように金正男氏は1人で自由に活動してきた。5年前の暗殺指令がずっと有効ならもっと早くにいつでも殺害できたのではないか。

あわせて読みたい

「金正男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  2. 2

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  3. 3

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  4. 4

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  5. 5

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  6. 6

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  7. 7

    慰安婦問題 失敗だった謝罪姿勢

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  8. 8

    ハイボールがNYで大ブームの予感

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  9. 9

    仏教国出身者からみた日本の仏教

    にしゃんた

  10. 10

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。