記事

クラフト・ハインツがユニリーバに買収提案も拒否される 話し合いは進行中

今日、ウォールストリート・ジャーナルその他が伝えたところによると、米国の食品メーカー、クラフト・ハインツ(ティッカーシンボル:KHC)が英国の食品・日用品メーカー、ユニリーバ(ティッカーシンボル:UL)に対し買収提案し、拒否されたそうです。両社は話し合いを続けているそうです。

現時点でわかっていることは、これだけです。

ここからは僕の第一印象です。

まずこの合併が成就すれば、両方の会社のエンタープライズ・バリューの合計は2700億ドルとなります。エンタープライズ・バリューとは、株式時価総額に負債額を足したものを指します。

1

これはプロクター&ギャンブル(ティッカーシンボル:PG)のエンタープライズ・バリューである2500億ドルを超えることになります。

クラフト・ハインツの場合、食品が中心で、利益の殆どは米国から上がっています。

ユニリーバは「AXE」、「Dove」、「LUX」などのブランドに代表されるパーソナル・ケア商品が売上高の37%、「Knorr」、「Hellmann’s」、「LIPTON」などに代表される食品が25%、「Ben & Jerry’s」に代表されるアイスクリーム、リフレッシュメント商品が19%、ホームケア製品が19%という商品構成です。

つまり両社の商品ポートフォリオの重複は、それほど大きくないということです。

言うまでも無く、クラフト・ハインツはウォーレン・バフェットの投資先企業のうちのひとつであり、バフェットはその切り盛りを、投資パートナーであるブラジルの3Gキャピタルに任せています。バフェットと3Gの持ち株を合わせると、過半数を超えます。

あわせて読みたい

「企業買収」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  3. 3

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  8. 8

    慰安婦の日制定で日韓合意は破綻

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  10. 10

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。