記事

福島原発2号機、調査ロボが原子炉直下に到達せず 東電「失敗ではない」


 東京電力は16日、福島第一原発2号機の格納容器内にサソリ型の調査ロボを投入したが、原子炉圧力容器直下まで到達できなかったことを発表した。

会見する原子力・立地本部の岡村祐一部長代理

 カメラや線量計を搭載した調査ロボは16日午前7時50分ごろ、格納容器の貫通部から作業用レールの上を進んだが、左側のキャタピラが動かなくなったため、午後3時過ぎに接続ケーブルを切断し、調査ロボをレール上に残したまま、調査を終了した。進んだ距離は2~3メートルほどだった。

 東電によると、放射線量や温度を測定できたと説明。レール上では毎時210シーベルトだった。東電では、圧力容器の真下までは調査ロボを入れられなかったが、線量や鮮明な撮影ができたとして「失敗ではない」としている。

あわせて読みたい

「東京電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北朝鮮は米空母に手も足も出ない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    軍部で金正恩氏を嘲笑する風潮?

    高英起

  3. 3

    格安SIM「FREETEL」に行政指導

    S-MAX

  4. 4

    Amazonで大「中華詐欺」が勃発中

    永江一石

  5. 5

    創価学会と公明の荒れた内部事情

    週刊金曜日編集部

  6. 6

    Amazonで詐欺を回避する方法

    S-MAX

  7. 7

    今村氏後任の吉野氏は"超"真面目

    早川忠孝

  8. 8

    参考人招致は実のある議論だった

    小林よしのり

  9. 9

    二階氏発言が示した自民のゆるみ

    大串博志

  10. 10

    なぜ日本のニュースは媚びるのか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。