記事

福島原発2号機、調査ロボが原子炉直下に到達せず 東電「失敗ではない」


 東京電力は16日、福島第一原発2号機の格納容器内にサソリ型の調査ロボを投入したが、原子炉圧力容器直下まで到達できなかったことを発表した。

会見する原子力・立地本部の岡村祐一部長代理

 カメラや線量計を搭載した調査ロボは16日午前7時50分ごろ、格納容器の貫通部から作業用レールの上を進んだが、左側のキャタピラが動かなくなったため、午後3時過ぎに接続ケーブルを切断し、調査ロボをレール上に残したまま、調査を終了した。進んだ距離は2~3メートルほどだった。

 東電によると、放射線量や温度を測定できたと説明。レール上では毎時210シーベルトだった。東電では、圧力容器の真下までは調査ロボを入れられなかったが、線量や鮮明な撮影ができたとして「失敗ではない」としている。

あわせて読みたい

「東京電力」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国が密かに米朝開戦の準備か

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    イチロー限界 指導者になるべき

    幻冬舎plus

  3. 3

    松居一代に引っかかったマスコミ

    大西宏

  4. 4

    退位までに韓国訪問を願う両陛下

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アラフォーは一生貧困?NHKに反響

    キャリコネニュース

  6. 6

    希望に支持が集まらないのは当然

    早川忠孝

  7. 7

    体外受精はセックスに当たるのか

    井戸まさえ

  8. 8

    社員寮で暮らす敏腕シャープ社長

    文春オンライン

  9. 9

    堀江氏を牢獄に送った国家の裁量

    NEWSポストセブン

  10. 10

    田原氏 米国批判なき日本は問題

    田原総一朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。