記事

「私は朝日に勝った」 波紋を呼んだ安倍発言をファクトチェック!? 産経vs朝日を野次馬的に考察する - プチ鹿島

 先週行われた安倍首相とトランプ米大統領の日米首脳会談。各紙を読み比べていちばん目を引いたのは、

《米大統領選で日本に対しても厳しい発言を繰り返してきた大統領のトランプが、これほど首相、安倍晋三を厚遇するのはなぜか。実は伏線があった》

 と書いた「産経新聞」(2月11日)だった。


2月11日産経新聞より。安倍首相の祖父・岸信介首相とアイゼンハワー大統領のゴルフ外交写真も

 そこには仰天する内容が。

《昨年11月の米ニューヨークのトランプタワーでの初会談で、軽くゴルフ談議をした後、安倍はこう切り出した。
「実はあなたと私には共通点がある」
 怪訝な顔をするトランプを横目に安倍は続けた。
「あなたはニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。だが、私は勝った……」
 これを聞いたトランプは右手の親指を突き立ててこう言った。
「俺も勝った!」
 トランプの警戒心はここで吹っ飛んだと思われる》

 この会話は凄い。一国のトップが初対面の相手の機嫌を取るために「共通項」として「メディアに勝った」と盛り上げている。なるほどこれでウマがあったのか。これがのちのゴルフにもつながったのか。

「朝日に勝った」とは一体何なのか

 では安倍首相が言う「朝日に勝った」とは具体的に何を指しているのか。思い浮かぶのは2014年の“W吉田”である。

 2014年5月20日、「朝日新聞」は福島第一原発の吉田所長が生前、政府事故調に語った内容、いわゆる「吉田調書」を入手。

《福島第一の原発所員、命令違反し撤退》や《ドライベント、3号機準備 震災3日後、大量被曝の恐れ》とスクープを放った。

 ところが、その3ヶ月後の8月18日、今度は「産経新聞」が「吉田調書」を入手し、「実際に調書を読むと、吉田氏は『伝言ゲーム』による指示の混乱について語ってはいるが、所員らが自身の命令に反して撤退したとの認識は示していない」などと、「朝日」のスクープを批判しはじめたのである。

「朝日」にしてみれば、同月の「慰安婦検証報道」で「吉田清治の証言」を虚偽と認めて他のマスコミが大騒ぎになっている中で、今度は5月のスクープ記事「吉田調書」への疑念が出されたのだ。これが2014年の“W吉田”である。9月11日、政府が「吉田調書」の公開に踏み切った同じ日に、朝日新聞社の木村伊量社長(当時)が謝罪会見を行い「吉田調書」記事の誤りを認めた。

東スポと「ゴシップを寝かせておく」

 このとき気になったのは朝日の謝罪云々より「産経の手にも『吉田調書』が渡ったのは、官邸側が産経にリークしたのではないか」という見方もあったこと。

「慰安婦報道に続き朝日Wパンチ…福島原発『撤退誤認』リーク元は政府か」(東スポWeb 2014年08月21日)

《今回の産経新聞の記事は、政府がお膳立てしなければ成立しない内容。別の関係者によると「吉田調書は安倍政権下のトップシークレット。それが漏れるということは政府が産経に橋渡ししたとしか思えない」》

 なんだ「東スポ」か、と思ったあなた。東スポやタブロイド紙には確かにゴシップは多いが、「そういえばあの時の記事って今回につながるな」と思い出す場合も多い。気になる噂は脊髄反射せずにとりあえず心に留め置いておく。私はこれを「ゴシップを寝かせておく」と名付けている。

※第一次安倍政権時からの安倍vs朝日の読み比べについては、来月に出る新刊『芸人式 新聞の読み方』で詳しく書いてますので是非読んでください(宣伝)。

伝統の朝日産経戦、ふたたび

 冒頭の産経の記事に戻ろう。

 つまり安倍首相が「朝日に勝った」とトランプに語ったのが本当なら、その勝利とは「朝日」の「吉田調書スクープ」謝罪であり、一緒に沸き起こった朝日バッシングを指していると考えられないだろうか。しかも今回記事を書いているのはまたしても「産経」。大事な野次馬ポイントである。日米首脳会談をネタに、伝統の巨人阪神戦ならぬ「朝日産経戦」がまたしてもおこなわれていたのだ!

 実際あれ以来の「朝日」は安倍政権に対しておとなしい印象がある。

「産経」が「安倍、朝日に勝った」エピソードを報じた日(日米首脳会談直前の2月11日)、「朝日」は何を書いていたか。

「日米首脳 似た者同士?」と題し、「ゴルフ 肉好き 世襲 再起」とキーワードを並べていた。ワイドショーみたいな普通の記事。

 会談後は、「米メディアからは『おべっか』などと冷ややかな声も出ている」(2月12日)と、海外メディアの口を借りてチクリ。ちょい弱腰。

ハマグリを「ファクトチェック」する前に……

 ところで私はここで提案したいのだが、この前日に「朝日」はこんな宣言をしていた。

「ファクトチェック 政治家発言 点検します」(2月10日)


2月10日朝日新聞朝刊より

 ファクトチェックとは「政治家らの発言内容を確認し、その信憑性(しんぴょうせい)を評価するジャーナリズムの手法」と説明し、この日は「安倍首相 1月20日の施政方針演説」を取りあげていた。

 安倍首相の「兼山(けんざん)のハマグリは、土佐の海に定着しました。そして350年の時を経た今も、高知の人々に大きな恵みをもたらしている」という演説に対し、

《高知県漁業振興課によると、2015年のハマグリの漁獲量は約400キロ、60万円相当だ。県内の主な産地にたずねると、県漁協入野支所(黒潮町)は「組合員が15人ほど従事しているが、メインはあくまでもウニなど他の漁だ」》

 と「ファクトチェック」。首相の「今も、高知の人々に大きな恵みをもたらしている」というハマグリ演説は「言いすぎ」と「朝日」は判定した。

 あの、ハマグリも大事ですが……

 ここはさっそく「朝日に勝った」という「産経」と首相の「ファクトチェック」をしてみたらどうだろう!?

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    AV男優が持つセックスへの価値観

    幻冬舎plus

  2. 2

    妄想ばかりの韓国は日本のリスク

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    ダイヤモンド誌の記事に重大疑惑

    PRESIDENT Online

  4. 4

    森友学園に起きた「すごい偶然」

    八木啓代

  5. 5

    消防団への寛容さは主張すべきか

    赤木智弘

  6. 6

    ヲタ専か一般化かニコ動の難しさ

    田野幸伸

  7. 7

    iPhone7のセールスに異変 酷評も

    NewSphere

  8. 8

    北への武力攻撃は"今しかない"?

    小林よしのり

  9. 9

    北朝鮮の「暴挙」に隠された狙い

    吉川たける

  10. 10

    宗男氏の娘が語る「父と世襲」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。