記事

パパは見捨てなかったよ!

トランプに対する安倍晋三の「kiss-ass(ケツなめ)外交」はいずれ笑いものにされるときが来るだろう。

「私は安倍首相を見てハグをしました。そうしたい気持ちになったからです」大笑いだ。
男どうしが二人で両手を握り合い、キスの距離感にまで顔を向き合わせて見つめ合う光景、なんという気色悪さだ。

「とにかく仲良しパフォーマンスだけしておけばいい」と側近に言われて、トランプは安倍と遊んでいただけだろう。

「トランプって信頼できる大統領だったよ」と安倍は今後、外国の首脳に言って回るのだろうか?
世界中の首脳がトランプのことを聞いてきたところで、内心は「ケツなめ外交」だと馬鹿にしているだけだ。
それも分からずに諸外国にトランプの高評価を伝える愚を使命にして安倍は活躍するのだろう。

トランプ政権内ではもう仲間割れが起こっており、あれは内部でもめ事だらけ、内紛だらけになる可能性がある。

わしはトランプを「保護主義」を打ち出した一点において評価するが、どうやら側近からこれまでの常識を学んで、「現状維持」に変化しつつある。

台湾の蔡総統を贔屓にして、「ひとつの中国に拘らない」と言っていたのに、習近平と電話会談して、あっという間に「ひとつの中国」に戻ってしまった。

尖閣諸島は相変わらず日本の「施政権」のみを認めて、日米安保の適用内と「明記」しただけ。
何度も言質を取らずに済むようになったと日本側は大成果と思っているが、日本の「領土」と認めたわけじゃない。
いざとなれば米軍が尖閣奪還のために中国と戦ってくれる可能性は相変わらず限りなく低い。
「施政権」が中国に移ればおしまいだからだ。
共同宣言に「明記」した意味などない。

「パパが見捨てなかった!」
「パパは相変わらず守ってくれるぞ!」
「パパは永遠にパパなんだい!」
「パパについていけば100年安泰!」

「現状維持だった」というだけで、「満額回答」「ホームラン」と発言してしまった評論家たちは、今後の責任をどう取るか注視しよう。
アメリカ国内のインフラ投資への協力51兆円と、70万人の雇用創出という「貢ぎ物」が、「現状維持」に見合っているのかも厳しく問わねばならない。

しかし日本人の「戦後レジーム埋没」と「平和ボケ」って、虚しく嗤うしかないな。

あわせて読みたい

「日米首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党議員が女将とタワマン不倫

    NEWSポストセブン

  2. 2

    それでも蓮舫氏に頼る民進に疑問

    早川忠孝

  3. 3

    蓮舫氏国籍批判より台湾を国家に

    小林よしのり

  4. 4

    都庁で「ラジオ体操」職員に同情

    キャリコネニュース

  5. 5

    加計問題 職員の反対意見が続出

    文春オンライン

  6. 6

    北朝鮮軍でクーデター謀議の情報

    高英起

  7. 7

    稲田氏PKO日報隠蔽 報道は的外れ

    河野太郎

  8. 8

    中国船の領海侵入に対抗措置を

    中田宏

  9. 9

    日本で英語使うFMラジオに違和感

    文化通信特報版

  10. 10

    AI時代に全く危機感ない日本人

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。