記事

東京では民進党という名前では戦えなくなった、ということかしら

紛らわしいと言えばこれほど紛らわしいことはなく、こんな風に抱きつかれてしまったらさすがの小池さんも気持ち悪くなって振りほどきたくなるだろうが、ついに民進党都議団の方々が民進党という名前を捨てるという重大な決意をするに至った。

民進党の支持率が一桁台でさ迷っている以上いつまでも民進党の看板なりブランドに頼っていられない、という悲壮な決意からの会派名の選択なり統一会派の結成なんだろうが、気の毒と言えば気の毒、仕方がないと言えば仕方がないことではある。
この際、思い切って会派を解体して、本当に小池さんの会派入りを希望されるのだったら改めて都民ファーストの会に入られたら如何ですか、とアドバイスするところだが、皆さん、都民ファーストの会に入るほどの勇気はなさそうだ。

どうやら都民ファーストの会と公明党都議団の間では選挙区調整の話し合いが出来るようだが、民進党の皆さんとは不可能なようである。
名前を変えただけで中身は一緒じゃないか、というのは、共謀罪とテロ準備罪と同じようなもので、名前が変わっただけではどうしようもない。

「東京改革議員団」

如何にも東京大改革宣言をしている小池さんの直系都議団のような名称だが、昨年の都知事選挙では小池さんの対立候補の選挙運動に熱心に奔走していた人たちばかりのようだから、皆さん、一度頭を丸めるぐらいのことをしないと誰からも信用されないことになる。

みんな一緒、は、やはり駄目である。
一人一人、頭を丸める必要がありそうだ。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "昭恵氏のメールに辻元氏"はデマ

    辻元清美

  2. 2

    石破氏"行政の対応は極めて異例"

    石破茂

  3. 3

    昭恵氏を証人喚問しないのは卑怯

    小林よしのり

  4. 4

    NHKクロ現の内容に芸能プロ激怒

    渡邉裕二

  5. 5

    "夫人秘書FAX"は忖度になるのか

    大西宏

  6. 6

    "安倍ポチ"西田氏は保守ではない

    小林よしのり

  7. 7

    シニア議員は固定観念でガチガチ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    昭恵氏FAXへの政府の説明に憤り

    小野 次郎

  9. 9

    森友問題 財務省が"最も不誠実"

    福山哲郎

  10. 10

    命の危険? 警察は籠池氏を守れ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。