記事
  • S-MAX

欧州で人気沸騰のおしゃれなフランスのメーカー「Wiko」が日本参入!第1弾のSIMフリースマホ「Tommy」投入や日本での狙いなど、発表会の模様を紹介【レポート】


ポップなデザインが特徴のWikoがついに日本上陸!

フランスのスマートフォン(スマホ)などを開発・販売するモバイル関連ベンチャーメーカーである「Wiko(ウイコウ)」は同社の日本法人であるウイコウ・ジャパン(Wiko Japan)を設立し、日本市場への参入を発表しました。

合わせて第1弾製品としてSIMフリースマホ「Tommy」を2017年2月25日(土)に発売すると発表。価格は14,800円(税別)、本体色はWikoのブランドイメージである「ブリーン」のほか、全6色が販売されます。

今回は都内にて2017年2月14日(火)に開催された「日本市場参入 記者発表会」の模様を写真を交えて紹介し、Wikoの特長や日本市場参入の目的などを解説したいと思います。

DSC00841

Wikoは2017年に1500万台の販売を目標にしている

DSC00840

日本の次はギリシャ市場に投入予定

Wikoは2011年にフランス南部の都市・マルセイユで創業されたベンチャー企業で、ユニークな製品を今まで多数販売しており、すでに世界34ヶ国の市場に進出しています。2016年の累計販売台数は1000万台を突破し、この2年間で2倍の伸びを記録しています。

DSC00842

DSC00844

欧州市場ですでに大きな存在感を見せている

特に欧州市場を中心にWiko製品は人気を博しており、フランス市場では第2位のマーケットシェアを獲得しています。また西ヨーロッパ全体においても第5位のシェアを有しており、各国においても高い人気を集めています。

DSC00853

DSC00855

日本のSIMフリーおよびMVNO市場は急拡大したことが背景にある

今回、日本市場に参入した背景には、日本では2020年の東京オリンピックに向けて、SIMフリー製品や仮想移動体通信事業者(MVNO)のマーケットが拡大していることに加えて、日本の通信インフラでの事業展開を通じて獲得したノウハウをグローバル展開にも活用することに期待して決めたとのことです。

DSC00850

DSC00851

第一弾はカラフルなバリエーションを揃えた「Tommy」に

日本市場参入の第1弾の機種としてWikoが投入したのは、6色のカラフルなカラーリングが特徴的なTommyです。Tommyはヨーロッパの通信事業者各社の声のもとに開発され、グローバルに支持を集めています。

DSC00856

ポップなデザインのTommyは若年がターゲット層に

カラフルなカラー展開となるTommyのコアターゲットは、10代~20代の若年層で彼ら向けに最適なプロモーションを展開する予定だと言います。筆者も先日20歳になったばかりということもあって、Wikoがどのようなプロモーションを行っていくのか、非常に楽しみです。

DSC00871

DSC00869

約1.5万円の価格設定でありながら、VoLTEに対応しているのがポイント

Tommyは約5.0インチHD(720×1280ドット)液晶を採用しており、CPU(プロセッサー)はQualcomm製「Snapdragon 210」、内蔵ストレージが16GB、内蔵メモリー(RAM)が2GBと一通りの性能は有しています。

LTEネットワークとしてはB1および3、8、18、19に対応しており、日本の通信事業者のVoLTEにも対応しています。リアカメラは約800万画素のソニー製センサーを採用しており、フロントカメラは約500万画素となります。

DSC00857

販売チャネルは順次拡大予定だ。

販売チャネルとしては、家電量販店やECサイトの他にMVNOを通じて販売され、チャネルは今後順次拡大していく予定です。気になるTommyの価格は14,800円となっており、本日2月14日に予約が開始され、2月25日に発売されます。

DSC00873

カラーバリエーションは6種類

カラーリングはブリーン(青と緑の中間色)、フラッシュレッド、トゥルーブラックの三色が25日に先行する形で発売され、サンイエロー、ホットピンク、クールグレーの3色は今後順次日本市場へ投入するとしています。

DSC00860

今後も積極的に市場へ製品を投入する予定

Wikoは2017年内に更に数機種の新機種を日本市場に投入する予定であるほか、先述通り販売チャネルの拡大を目指します。

DSC00862

独自のブランドを確立できるかが鍵に

スマホメーカー各社がブランドイメージの定着に苦しんでいる中、Wikoとしても、ブランドイメージの定着を図るため、モバイル用アクセサリーを始めとしたサプライ品も積極的に日本市場へ投入する予定です。

DSC00899

2月25日に発売されるTommy

本記事では、フランス発のスマホメーカーであるWikoの日本市場進出発表会の様子をお伝えしました。発表会ではただ製品を発表するだけではなく、具体的な今後の展開についても触れながらプレゼンテーションが行われ、日本市場に対するやる気を感じました。

また、スペイン・バルセロナで2月27日より開催される世界最大の携帯電話関連展示会「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に出展することについても触れられ、MWCで発表された製品が日本市場に投入される可能性もあるとのこと。今後のWikoの動向に要チェックです。

今回は、発表会の様子をご紹介しました。新製品のTommyについてのレビューも別記事でご紹介する予定ですので、お楽しみに。

記事執筆:雪華

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  2. 2

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  3. 3

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  4. 4

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

  5. 5

    未だプレ金失敗を認めない経産省

    キャリコネニュース

  6. 6

    言論の自由を脅かす文在寅支持者

    WEDGE Infinity

  7. 7

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  8. 8

    痴漢捜査後に自殺 裁判の行方は

    渋井哲也

  9. 9

    共謀罪で暴論語る小林よしのり氏

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。