記事

仏独、「均衡のとれた」ギリシャ協議に共に取り組む必要=仏首相

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツを訪問中のカズヌーブ仏首相は14日、ギリシャ支援をめぐる協議について、ユーロ圏の統合性保全に向けた「均衡のとれた」ものになるよう仏独両国はともに取り組んでいく必要があるとの考えを示した。

カズヌーブ首相は記者団に対し「われわれはギリシャを支援している。この点についてメルケル首相にあらためて伝えた」とし、「ユーロ圏の統一性を保全するために仏独両国が共に取り組んでいくことが重要となる」と述べた。

カズヌーブ首相は13日にメルケル独首相と会談。この日はドイツ社会民主党(SPD)幹部らとの会合に出席。ギリシャは改革を押し進める必要があるが、「耐え難い」措置の実施を強制されるべきではないとの考えを示した。

あわせて読みたい

「ユーロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    反対ばかりの野党は幼稚園生以下

    笹川陽平

  2. 2

    よしのり氏「麻生大臣見直した」

    小林よしのり

  3. 3

    元自衛官 小西議員の矛盾を指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    セクシーヨガ報道に経営者が怒り

    キャリコネニュース

  5. 5

    辻元氏 国会でなく政府が不正常

    辻元清美

  6. 6

    よしのり氏 セクハラ告発に疑問

    小林よしのり

  7. 7

    若い世代ほど麻生氏支持のワケ

    永江一石

  8. 8

    セクハラの構造こそを批判すべき

    三浦瑠麗

  9. 9

    NZでブラック経営の日本人に非難

    キャリコネニュース

  10. 10

    剛力彩芽 ZOZO社長と車中デート

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。