記事

仏独、「均衡のとれた」ギリシャ協議に共に取り組む必要=仏首相

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツを訪問中のカズヌーブ仏首相は14日、ギリシャ支援をめぐる協議について、ユーロ圏の統合性保全に向けた「均衡のとれた」ものになるよう仏独両国はともに取り組んでいく必要があるとの考えを示した。

カズヌーブ首相は記者団に対し「われわれはギリシャを支援している。この点についてメルケル首相にあらためて伝えた」とし、「ユーロ圏の統一性を保全するために仏独両国が共に取り組んでいくことが重要となる」と述べた。

カズヌーブ首相は13日にメルケル独首相と会談。この日はドイツ社会民主党(SPD)幹部らとの会合に出席。ギリシャは改革を押し進める必要があるが、「耐え難い」措置の実施を強制されるべきではないとの考えを示した。

あわせて読みたい

「ユーロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

  2. 2

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  3. 3

    小池新党は選挙対策「互助会」か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    iPhone iOS更新で使える11の裏技

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

  5. 5

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    共産と協力へ 前原氏は支離滅裂

    和田政宗

  7. 7

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  8. 8

    難民「射殺か」 武器使用は可能

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    小池新党は若狭氏の舵取り次第

    早川忠孝

  10. 10

    松本人志マッチョ化は典型的変節

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。