記事

仏独、「均衡のとれた」ギリシャ協議に共に取り組む必要=仏首相

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツを訪問中のカズヌーブ仏首相は14日、ギリシャ支援をめぐる協議について、ユーロ圏の統合性保全に向けた「均衡のとれた」ものになるよう仏独両国はともに取り組んでいく必要があるとの考えを示した。

カズヌーブ首相は記者団に対し「われわれはギリシャを支援している。この点についてメルケル首相にあらためて伝えた」とし、「ユーロ圏の統一性を保全するために仏独両国が共に取り組んでいくことが重要となる」と述べた。

カズヌーブ首相は13日にメルケル独首相と会談。この日はドイツ社会民主党(SPD)幹部らとの会合に出席。ギリシャは改革を押し進める必要があるが、「耐え難い」措置の実施を強制されるべきではないとの考えを示した。

あわせて読みたい

「ユーロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  4. 4

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  5. 5

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

  6. 6

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  7. 7

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  8. 8

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  9. 9

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  10. 10

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。