記事

クラウドソーシング『シュフティ』運営のうるるに上場承認「地味にスゴいビジネススキームに少し感動」

クラウドソーシング『シュフティ』などを運営する「うるる」に上場承認。今日は「ほぼ日」や「bbfm(近日調べる予定)」なども上場承認が降りましたが、個人的にうるるに興味があったので見てみました。

うるると言えば『シュフティ』というイメージがあったのですが、事業別の業績を見てみると「クラウドソーシング事業」の昨期の売上高は36百万円と想定外の小ささ。想定外すぎて動揺したのですが、他の事業を見てみて納得。これは地味に良く出来たビジネスモデル。めちゃ地味だけど。

うるる上場
参照元:日本取引所グループ「新規上場会社情報」

創業事業でもある「BPO事業」は現在子会社のうるるBPO社が中心となって回してるようですが、事業売上高は昨期約593百万円で経常利益66百万円。データ入力やスキャニング作業、システム開発案件などもあるっぽい。それら案件を『シュフティ』のクラウドワーカーになげたり、外部協力会社に投げたりしてさばいてる様子。

現在一番注力してるという「CGS事業」は自社運営サービスを通して案件を『シュフティ』に発注するモデル。入札情報の速報サービス『NJSS』、タブレットに手書きで書いたデータをスキャンして、自動化できない部分を手作業でデータ化する『カミメージ』、幼稚園などでの写真を販売するプラットフォーム『園ナビフォト』などを自社で運営している。『園ナビフォト』では一部クラウドワーカーのカメラマンを園に派遣したりもしてるようだ。

そんな感じで実質全ての事業が『シュフティ』と連携されており、各事業別の数値の多く(割合はわからないけど)は実質クラウドソーシング事業と言えるような気がする。データ入力などの案件は他クラウドソーシングサービスでも散見するが、ここまで作り込んで仕組み化してるのはなかなかすごい。地味にすごい。※「地味」を連呼してすみません。

あわせて読みたい

「クラウドソーシング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セネガル代表で戦う欧州出身選手

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    闇の派遣 女性を乗せた車の正体

    NEWSポストセブン

  3. 3

    理想の恋愛関係に挿入は要らない

    ニャート

  4. 4

    大地震でホームレスが困ること

    ビッグイシュー・オンライン

  5. 5

    オール与党の多選がもたらす弊害

    田中龍作

  6. 6

    仮想通貨取引所を規制で潰す日本

    Hayato Ikeda

  7. 7

    サッカー解説に大島優子・待望論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    韓国が行う竹島での訓練に疑問も

    NewSphere

  9. 9

    エレカシ宮本「GLAYに心折れた」

    SmartFLASH

  10. 10

    舛添氏 国会ヤジ問題で党に苦言

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。