記事

天皇を守る民進党で戦い抜け!

昨日は疲れていてブログ書けずに寝てしまった。「ゴー宣道場」は面白かった。大成功である。
天皇退位問題は国体に関する最重要問題なので、それが危機的な状況にある中で、面白いと言ってはいけないのかもしれないが、議論の充実ぶりが面白いと表現するしかなかった。 

細野豪志氏、山尾志桜里氏の「自分の言葉で語る」天皇論があまりに素晴らしくて、「同志」であるという感慨を、「ゴー宣道場」参加者全員が持てたと思う。
政治家をゲストに呼んで、これほど気にいられ、歓迎されたことはなかった。
細野豪志、山尾志桜里、両議員を今後、絶対に応援してくれ。

わしは国防や経済や、あらゆる天下国家の問題で、天皇を守ること以上の重要問題はないと思っている。
「国体を守れるか?」という問題に比べれば、他のすべての問題は霞んでしまう。 

日本が米国の属国化しようと、財政破綻しようと、天皇制さえ維持していれば、日本は復活できる。
逆に天皇制が消滅すれば、それはもう日本ではない。単なる列島の人類は衰退しかない。

天皇制が日本にどんな影響を与えているのかは、またわしが作品で証明して見せる必要があるだろう。 

国体を守る者こそが、真の保守である。
天皇を無視し、その権威を貶める者を、わしが評価することは永遠にない。 

安倍晋三が首相の座にいるのは、どう任期を延長しようが数年で終わる。
その後はわしの言論とペンの力で、「逆賊」の刻印をビッチリ押していく。
カルト保守の連中も、ただではおかない。必ず滅ぼす覚悟である。 

皇室典範改正の王道で譲位を実現させ、女性宮家創設を成し遂げれば、民進党は「国体の護持」に貢献した政党として、歴史に名を残すだろう。
それが民進党の浮上への手掛かりになる。これは政争の具ではない。
天皇陛下を貶め、国体破壊を党是にしている安倍政権こそが、「権力執着」という「政争の具」のために、一代限りの特例法に突き進んでいる。

次の選挙では「天皇を守る民進党」を看板に掲げて、戦えばいい。
保守とはリベラルを内包する。リベラルがない保守など片翼飛行の欠陥機なのだ。
民進党は天皇を守り抜けば、必ず評価は上がるはずだ。頑張れ!

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新宿区が広報せず高齢者情報提供

    田中龍作

  2. 2

    日本の旅館が外国人にウケない訳

    内藤忍

  3. 3

    バブルを懐かしむ50代女性の貧困

    NEWSポストセブン

  4. 4

    金持ちが駆使する相続税の抜け穴

    MAG2 NEWS

  5. 5

    おっぱい飲ませ登場 モデル賛否

    女性自身

  6. 6

    神対応ボランティアの裏に仕掛人

    中妻穣太

  7. 7

    安倍首相を支える産経の無料記事

    舛添要一

  8. 8

    野田前首相 カジノ法案に目が点

    野田佳彦

  9. 9

    鳥貴族が大苦戦 値上げで客離れ

    MONEY VOICE

  10. 10

    ヒカキンが寄付呼びかけ16万人増

    MAG2 NEWS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。