記事

福島原発2号機で650シーベルト

昨日、東電は福島原発の2号機の格納容器内での放射線量が650シーベルトに達すると発表。先日よりもさらに高い放射線量で、人が近づけば1分足らずで死に至る。格納容器内部から放射性物質が漏れ出す危険性は今も続いている。

昨日の経産省からのヒアリングでは事故を起こした原発の解体廃炉は東電が進めると説明。もちろん東電の原発だから東電が責任を持つのは当然だが、実際にやり切れる見通しがあるのかが問題だ。

チェルノブイリでは事故発生から30年経過したが、放射能漏れを防ぐ巨大な金属製カバーをかぶせただけで、デブリの取り出しに手はついていない。経産省の担当者が例に挙げたアメリカのスリーマイル事故の場合、圧力容器が健在で、圧力容器を水で満たして放射能を抑えながらデブリの取り出しん作業ができた。

しかし福島原発1,2,3号機は圧力容器の底が抜けて、デブリは広範囲に飛び散っている。水を満たすには格納容器全体に水を入れなくてはならないが、格納容器自体の強度が不足と聞いている。

チェルノブイリの例を見ると作業は100年単位の長期になると予想される。その間も放射能漏れなどの危険が残る。国民の安全を考え、長期的視野から国家プロジェクトとして取り組むしかないはずだ。

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大雪で帰宅命令より朝出社禁止に

    かさこ

  2. 2

    幸福の科学 総裁長男が衝撃退職

    女性自身

  3. 3

    橋下氏 会見開いた岩上氏を批判

    橋下徹

  4. 4

    東京は費用対効果的に雪対策ムリ

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    性行為なしの援助交際続ける少女

    渋井哲也

  6. 6

    白米を食べられない子供が増加中

    NEWSポストセブン

  7. 7

    堀江氏「新幹線高すぎ」に反響

    THE PAGE

  8. 8

    センター国語に直木賞作家が挑戦

    NEWSポストセブン

  9. 9

    羽生竜王vs藤井四段 対局は幻に?

    大村綾人

  10. 10

    安倍首相が平昌を欠席すべき理由

    門田隆将

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。