記事

予約殺到! 究極の炊飯器「バーミキュラ ライスポット」で実現した味

1/2
ジャーナリスト 吉村克己=文 澁谷高晴=撮影

15カ月待ちの大ヒット商品を開発

ちょっとした調理好きなら、究極の無水調理ができる鋳物ホーロー鍋「バーミキュラ」をご存じだろう。無水調理とは、水を使わず、あるいはごく少量で、野菜や肉など素材の持つ水分を利用して調理する方法を指し、素材本来の味やうまみを引き出す。

素材の水分を利用するには焦げ付きにくい鍋の厚みと、蒸気を逃がさない重さと構造のふたが必要だ。そのため、密閉性の高いアルミやステンレス製の金属鍋や、重さのある鋳物ホーロー鍋が使われている。鋳物ではフランス製のル・クルーゼやストウブなどが有名だ。


土方邦裕・愛知ドビー社長

2010年、日本でこの無水鍋の世界に突如、新星が現れ、瞬く間に大ヒット商品となった。それがバーミキュラである。これまで販売累計は20万個を突破、一時は15カ月待ちというほどの品薄となり、生産力を増強した今もオンラインショップ上では7カ月待ち、全国百貨店内の店舗(25店)や家電量販店でも3カ月以上の入荷待ちの状態だ。

バーミキュラは職人の手作業によって厚さ3ミリの鋳物鉄の鍋とふたを0.01ミリの精度で30度の円錐形状に加工し、高い密閉性を持つ。また、内面は新開発のグラスコートで耐久性も高い。鋳物ホーロー鍋をミリ単位で成形することは容易ではなく、鍋とふたの間に隙間ができやすいが、バーミキュラは後述するような開発努力で高い密閉性を実現した。

この大ヒット鍋を開発したのは、名古屋市に本社を置く愛知ドビーだ。1936(昭和11)年創業で、もともとはドビー織という織物を作る織機を製造していたが、繊維産業の衰退後は、産業用機械の部品を鋳造し加工する下請けとして生きてきた。

しかし、次第に注文が減る中、債務超過状態に陥った同社を3代目社長の土方邦裕(42歳)は、弟で副社長の智晴(39歳)と二人三脚で再建に乗り出した。その結果、バーミキュラを3年かけて生み出して、大ヒットさせ、愛知ドビーを成長軌道に乗せた。

2001年に邦裕が入社したときは売り上げ2億円、従業員20数名だった町工場が、今では売り上げ16億円(2015年度)と8倍になり、従業員は160人に増えた。売り上げ好調のため、人員を増強中で2017年3月には200人になり、2016年度の売り上げは50億~60億円を見込むまでに成長している。

遊んでもらった職人のために一念発起


土方智晴・愛知ドビー副社長(左)と土方邦裕社長。

社長の邦裕は東京理科大学を卒業後、豊田通商で為替ディーラーとして働いていた。だが、家業が危機に陥るのを黙って見ているわけにいかなかった。

「昔は工場の横に家があって、仕事が終わると職人たちにキャッチボールなどでよく遊んでもらったんです。みんな家族のようでした。その職人たちがだんだん減っていく。彼らのために何かできないかと思っていました。就職して4年目に外資系銀行から誘いがあり、転職も考えたのですが、父に相談すると、『うちも、もっとやっていけるかもしれないから、やらないか』と言われて、それじゃやろうかと入社しました」

ところが、2001年に入社してみると「やっていける」どころか、赤字で苦しい状況だった。トヨタ自動車の経理部門に就職していた弟の智晴に詳しく帳簿を調べてもらうと、債務超過状態だとわかった。何とか売り上げを増やさなければ倒産は確実だ。

邦裕は鋳造事業を立て直すために、まず現場で技術を学んだ。「汚れるし、暑いし、現場は好きじゃなかったけど、下働きするうちにもの作りの面白さが見えてきた」と言う邦裕は自社の技術力を活かすため、敢えて製造が難しい油圧部品を手がけて、顧客開拓に没頭した。

これが功を奏し、順調に売り上げが拡大。2007年には5億5000万円まで増えた。しかし、もう一つの柱である機械加工事業が黒字化できない。そこで、邦裕は智晴に「一緒にやらないか」と声をかけた。

「小さい頃は兄貴によくいじめられたので、またいじめられるのは嫌だと思いましたが、うれしくもありました(笑)。父や祖父や職人たちはうちのドビー機は世界一といつも言っており、私も誇りに思っていたので、その会社の元気がどんどんなくなっていくのが見ていられなかったのです。当初は外部からサポートしようと思っていましたが、誘われたことをきっかけに何とか立て直したいと思ったのです。入社してから一度も兄貴と喧嘩はしてませんよ(笑)。そんなことやっている暇もありませんでした」

と語る智晴の入社が愛知ドビーを大きく変えることになった。2007年、入社した智晴は機械加工事業の責任者として活動し始めたが、一方で現状のままではもう成長できないと感じていた。

「うちはBtoBでずっと仕事してきましたが、下請けでは親会社の意向に振り回されて限界がある。この技術を活用してBtoC、つまり最終ユーザーに自社製品を届けたいと思いました。ちょうどその頃からインターネットが普及し始めオンライン・ショッピングなら直接、お客さんとつながれる。いいものを作れば必ず買ってもらえると信じていました」

自社製品を開発しようという智晴の提案に邦裕も諸手を挙げて賛同した。それでは何を作るか。智晴は「世界一の鋳物ホーロー鍋を作れないか」と邦裕に言った。

「下請けはどんなにいいものを作っても褒めてもらえない。私は職人や工場長に自社製品を作ろうと呼びかけました。弟が言うには、鋳物ホーロー鍋はおいしく調理できるのに、ステンレスとアルミを貼り合わせた無水調理鍋が世界一だと言われている。それは、ル・クルーゼなど鋳物鍋の密閉性が悪いからだと。それで、金属と鋳物ホーロー鍋で食べ比べてみたんです。すると、鋳物の方がおいしい。それなら、うちの鋳造と精密加工技術を活かして世界にない鋳物ホーロー鍋ができるんじゃないかと盛り上がりました。しかも、当社の生産ラインでは鍋がちょうどいいサイズでした。そこで、職人にも手伝ってもらいながら、弟と私で開発を始めたのです」

あわせて読みたい

「炊飯器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    加計学園の建設現場で忖度自撮り

    田野幸伸

  5. 5

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  8. 8

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  9. 9

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  10. 10

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。