記事

コメ農家がもうからなくても輸出をする理由 - 山口亮子 (ジャーナリスト)

1/2
 2016年10月末、茨城県常陸那珂港の倉庫。20人余りの農家が見守る中、重さ1トンのフレコンバッグをフォークリフトが次々とコンテナに積み込んでいく。「国内初」(関係者)というアメリカ向け業務用米(中食・外食などの業務向けのコメ)の輸出が始まった瞬間だった。

 「なぜアメリカからコメを買うばかりなのか。反対に日本のコメを売りたい。輸出するならアメリカという考えがずっとあった」

 感慨深げに作業を見守っていた農家の一人、染野実さん(56)の言葉には力がこもる。


写真を拡大

 アメリカとのコメ貿易というと、高関税を維持するために輸入しなければならないMA(ミニマムアクセス)米などでアメリカからの流入一辺倒。日本からの輸出というと、少量を富裕層向けのスーパーに販売というのがほとんどで、15年の輸出量7640トンのうち、アメリカ向けは322トンのみ。

 そんな中、茨城県内の8軒の農家は16年産のコメ60トンをロサンゼルスを中心としたカリフォルニアのレストラン向けに輸出。17年産は計360トンの輸出目標を立てており、計画通りにいけば、アメリカ向けの輸出量全体が一気に倍増ということになる。

 にわかには信じがたい話だが、農家からコメを買い取るロサンゼルスの輸入販売会社田牧ファームズ代表の田牧一郎さんはこう断言する。

 「アメリカにおいしいコメのマーケットはまだまだある。茨城のコメをしっかり売り切っていく」

 その自信の裏付けとなっているのが、日本食ブームの盛り上がりと、国産米とカリフォルニア産コシヒカリの価格差がほとんどなくなってきたこと。


農家はいずれも意識の高い大規模農家

 この10年ほど、カリフォルニアでは10年に3回ほどのペースで干ばつが発生。大量に水を使うコシヒカリの生産は敬遠され、より栽培の簡単な中粒種にシフトするようになった。

 農家の減少を受け、スーパーなどの店頭小売価格でキロ当たり400~500円に値上がりしている。国産米をアメリカに輸出した場合の価格は450~500円程度で、価格差はほとんどない。

 「カリフォルニア産短粒米は日本に比べて粒が小さい、香りが薄いなど、どうしても劣る点がある。日本からそれなりの価格のコメが安定的に出れば売れる」(田牧さん)

 ただし、国内で米価が上昇に転じ、飼料用米といった補助金の手厚いコメの作付けが推奨される中、当初思い描いたほどの輸出量は確保できていない。農家の手取りは1俵(60キロ)当たり7000~7500円となる見込みで、「あまりもうかるわけではない」(染野さん) というのが正直なところ。

 昨年の茨城県産コシヒカリの農家の手取り額が1俵当たり1万2000円程度だったことを考えると、かなり厳しい価格だ。ではなぜあえて経営的に厳しい輸出を選ぶのか。

 「国内消費が減っており、コメが余ると生産者米価は下がる。国内で余ってしまうコメは世界に輸出していく。将来の米価を考えれば、今はもうけが少なくとも、最終的に我々の利益は上がるだろう」

 農家の石島和美さん(60)の答えは明快だ。

 利益確保のため、品種は反収(たんしゅう)(1反約10アール当たりの収穫量)が9俵以下のコシヒカリより多い10俵で、倒れにくく育てやすい「ゆめひたち」を選んだ。今後、さらなるコスト減のために、収量の多い品種の選定、苗を田んぼに移植する通常の田植えを行わず種を直接まく直播栽培による省力化などを進める。

 また、商社を介さず田牧ファームズに売り、現地の卸売会社Maruhanaを経て、ロサンゼルスのレストランに販売と、流通経路をシンプルにし、流通コストの削減も実現した。

 「輸出メンバーの間で、生産コストを削減していくという共通認識を持って、この価格でも生産性の取れる農家になっていくことが大事」(石島さん)と末端の販売価格から生産費を逆算する経営に、挑戦しようとしている。

1社で国内輸出量の1割新潟農商

 15年の実績で全国のコメ輸出量の8%、16年は10%超を占める勢いなのが、新潟市の新潟農商。新潟クボタのグループ会社でコメの集荷・販売などを手掛ける同社は、海外のクボタグループの会社にコメを輸出し、現地会社から小売りに販売することで、中間マージンを最小化している。

 新潟県内の450軒もの農家が輸出に加わり、16年産で1983・4トンの輸出を見込む。輸出先はクボタグループが現地会社を立ち上げた香港、シンガポールのほか、新潟農商が独自に販路を開拓したモンゴル、この冬からはベトナム、ハワイにも販路を拡大。順調に販路を切り拓いている同社だが、社長の伊藤公博さん(59)は、「輸出はパラダイスではない」ときっぱり。

 農家との契約時に提示する価格は、農家にとって利益を確保できるぎりぎりの価格。同社自身も輸出による利益は少なく、国内向け販売でしっかり利益を出す分、輸出もできているという状況だ。

 それでも、「将来に向けて自分たちの販路を確保しておかなければと危機感を持っている農家が多い。農家からの期待が大きいので、売り先をもっと広げようとしている」と伊藤さんはあくまで攻めの姿勢だ。


ウランバートルのスーパーではおにぎりを配っての販促活動もしている(NIIGATANOSHO)

 農業法人荒神(こうじん)の寺澤和也さん(64)はそんな農家の一人。4年前から新潟農商を介した輸出を始め、今ではコメの作付面積40ヘクタールのうち1割超えの4ヘクタール強を輸出用に充てている。

「稲作農家はこれまで保護されてきただけに、周りが見えない。これだけ作ればこの額で買ってくれるという考えでずっとやってきたところがある。それではいけない」と寺澤さん。

 念頭にあるのは18年の減反政策廃止と国内の需要減。18年以降、今ある各種補助金が継続するか期待できない中、輸出に舵を切る方が得策だと考えている。今後、輸出用の割合を2割程度まで高めるつもりだ。

 新潟と言えばコシヒカリだが、新潟農商では業務用に適した多収品種の輸出も手掛けている。

 生産コストの削減にも熱心で、1俵の生産費(農機具代を除く)を6000円以下にするプロジェクトに取り組んでいる。農機具代を除いた生産費の全国平均は1俵約1万2000円で、実現すれば驚異的な額だ。その実現のために「いただき」という反収が12・5~13俵もある品種の直播栽培に取り組んでいる。

 輸出についての問い合わせの中には、価格を聞いて、国内の米価が下がったら輸出に加わると話す農家も多いという。

 「でもね、後出しじゃんけんはだめなんです」と伊藤さん。

 「輸出には、受け入れ側の限界量というものがある。その量まで誰が早くコメを持っていくか。スピード感を大事にしながら、将来的に1万トンほど輸出したいと思っている」

あわせて読みたい

「農業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  5. 5

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。