記事

サラリーマンが「お金持ち」になるために“特別な才能”はいらない

大高志帆=構成 宇佐見利明=撮影

豊かになるために特別な才能はいらない

「お金のIQ」(http://president.jp/articles/-/21220)を高めたら、次は人生の命運を分ける、お金持ちになるための道の選択だ。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著書を持つお金の専門家・本田健氏に話を聞いた。

「最終的には、自分の年齢と才覚を踏まえたうえでリスク計算をし、今できることを探すことになります。たとえば、勉強が得意な20代の学生が就職活動の段階でエリートコースに乗れるよう努力すれば、ローリスク・ミディアムリターンのそこそこ裕福な人生が送れることになります。しかし、30代で平均的なレベルの企業に勤めている人なら、一流企業への転職を目指すよりもビジネスを興したほうが成功確率は高いでしょう。

『才覚』というと飛び抜けたビジネスアイデアが必要だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。たとえば、クリーニング店やレストランは、比較的マニュアルに落とし込むことが簡単な業種です。いつも自分が利用する店のことを考えても、特別なアイデアがあるようには思えないのではないでしょうか。それでも、ごく一般的なクリーニング店を開店して、月30万円程度の利益が出るようになったら他人に任せる、ということを続けていれば、それが30店舗になった時点で年収は1億円になります。その年収を数年から数十年間維持することができれば、資産1億円以上の『富裕層』の仲間入りです」

テレビ取材を受けるような人気店をプロデュースすることができなくても、飛ぶように売れる商品やサービスを開発することができなくてもいい。地道にお金持ちになる方法はいくらでもあるということだ。あまり大きなリスクをとらず、今の自分にできることは何なのか。「豊かになる」ことを目標に、このあたりの見極めをすることが肝心なのだろう。

ただし、「大成功」となると話は大きく変わってくる。

「ビジネスの世界で桁外れの大成功を収める人は、大きなリスクをとって勝負している人たちばかりです。ソフトバンクの孫正義社長はその代表格。彼は、1億円しかお金がないときに1億円を投資して、100億円あれば全財産100億円を投資する、というある意味規格外のやり方で、あれほどの大企業をつくり上げました。ですが、リスクについて少しでも考えていたら、絶対にあんな行動はできないはずです。つまり、いい意味で怖いもの知らずで、安定した社会生活を送るうえでの欠陥を抱えた『壊れた人』でないと、何百億、何千億円という財を成すことはできないのです」

しかし、「自分には大実業家のような思い切った行動はできない」と落ち込む必要はない。そもそも、知的で真面目なサラリーマンが自分の特性を変えてまで大実業家を目指すことは現実的ではないのだ。本田氏は、「サラリーマンは資産5億円以上の『超富裕層』を狙わないほうが幸せになれる」とアドバイスする。

私たちが目指すべき「お金持ち」とは、ある年は2億円稼いでも次の年には2億円損をする危険のある「一攫千金」的なお金持ちではない。都心のタワーマンションに住み、外車に乗って、毎年ハワイやヨーロッパにエコノミークラスで家族旅行をするような人たちのことだ。数字で表せば、年収3000万円程度で資産1億円程度ということになるだろう。そう聞くと、自分とは無関係に思えていた「お金持ち」の姿が、徐々に鮮明に見えてきたのではないだろうか。また、闇雲に「もっとお金がほしい」と感じていたときよりも、自分の取るべき行動が定まってきたはずだ。

自分の才能を知らないサラリーマンは悲劇

ただし、「企業に勤めるサラリーマンは『自分の才能を知らない』という悲劇がある」と本田氏は指摘する。これまで会社で培ってきた人脈やノウハウを使えば、必ずや会社の利益を損なうことなく独立起業することができる。それなのに彼らは、サラリーマンとして企業の中で培ってきた自分のスキルが、外の世界でどのように生かせるのかを知らないのだ。これは、才能をお金に換える「パッケージ化」の方法を知らないともいえる。

「自分の起業家としての才能を見出すためには、起業家として成功した優秀な『メンター』が必要です。私自身はサラリーマンではありませんが、物書きとして本を書きはじめた頃から『女性自身』の元編集長・櫻井秀勲氏にメンターになっていただいています。櫻井氏は飛躍的に雑誌の発行部数を伸ばした、ある意味伝説の編集長なので、世間話をしているだけで『売れる本』をつくるうえでの気づきがあります。新しいビジネスの世界に飛び込むときには、その世界の最前線で仕事をしてきた人の話を聞くことが何よりのヒントになるのです。将来的にビジネスを興したいなら一代で財を成した優秀な起業家を、投資家として食べていきたいなら、『富裕層』『超富裕層』に属する優秀な個人投資家をメンターにしましょう」

また、サラリーマンが自分でビジネスを切り開いていくためには、「箱の外で考える」というスキルを新たに身につける必要があるという。これはどういうことだろうか。

「たとえばABCDという選択肢があって、『どれか選んでください』と言われたとします。サラリーマンの方はほぼ100%の確率でその中のどれかを選ぶのですが、起業家としてやっていくなら『ABCDの中からは選べない』『選びたくない』と言えるようにならなくてはなりません。4つしか選択肢がないように見える局面で、5つめの選択肢を見出すのです。これが、ビジネスを新しい方向へと展開するためのきっかけになります。しかし、この行動は組織の中で協調性を持って働かなくてはならないサラリーマンには許されないことです。そのため、多くの人がこのスキルを眠らせていますが、サラリーマン感覚のまま起業すると、必ず『ビジネスを伸ばす』時点で躓きます。実際にどのような選択をするかはケース・バイ・ケースですが、『箱の外にある選択肢に目を向ける』という練習は、今からはじめておいて損はありません」

この先数年で世界経済が変わる

自分の中に外の世界でも通用する才能を見出し、スキルを目覚めさせると、経済的に豊かになれる。それだけでなく、企業に頼らず人生を自由に切り開いていく「サバイバルスイッチ」がオンになる。どんな世界でも生きていけるということだ。

本田氏は、「高度経済成長期、バブル期という、いわゆる日本の『成長期』を経験した人がリタイアしつつある今こそが、本当に時代が変化するときではないか」と見ている。奇しくも戦後70年の今、日本が新たな時代のフェーズに差しかかっているというのだ。

「このような時代の流れから見ても、ビジネスだけに注力して、死ぬときに数十億円の資産を遺すような大金持ちになるより、自分の才能を伸ばしてどんな世界でも生き抜けるサバイバル能力を身につけるほうが先決。ゼロから大金持ちを目指すと、必ず無理をすることになるので、どうしても家庭が疎かになってしまいます。本当に子どものことを考えるなら、莫大な富を遺すよりも、お金を自分で生み出す知恵を授けたほうが彼らの将来のためになるでしょう。そのためには、20年後の世界がどうなっているかを見極める必要があります。

たとえば今後は、既存の技術を複合してオリジナルなものを生み出していく能力がこれまで以上に求められるでしょう。今はまだない職業もどんどん増えていくはずです。また、ギリシャや中国の例を見てもわかるように、これから先の数年で世界経済の構造もガラリと変わります。子どもに十分な教育を与えられるだけの資産を形成する必要性は強く感じますが、そこに何十億円ものお金は必要ありません。自分も好きなことを極めて仕事にし、『幸せな小金持ち』を目指すこと。身の丈に合った富で満足することも、幸せな人生を送るためには重要なことなのです」

本田 健
作家・お金の専門家。『ユダヤ人大富豪の教え』などの著書シリーズはすべてベストセラーになっている。累計発行部数は600万部を突破。1800万ダウンロードを突破した無料インターネットラジオ「Dear Ken」も好評。

あわせて読みたい

「サラリーマン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣改造で消えた小池・野田新党

    PRESIDENT Online

  2. 2

    朝日が仏大統領発言でっち上げか

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    米国が12月以降に北朝鮮を攻撃か

    高英起

  4. 4

    核武装した北との共存ありえない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    アラフィフの後悔 1位は「勉強」

    キャリコネニュース

  7. 7

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  8. 8

    温泉更衣室の防犯カメラは違法か

    花水木法律事務所

  9. 9

    よしのり氏 小池新党はいらない

    小林よしのり

  10. 10

    日本人の稼ぐ力 今や他国の7割に

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。