記事

「飛虎将軍」と呼ばれる日本人

1/2

◆日本人飛行兵を祭る廟


https://gyazo.com/c07612071fb21ac910b3883612eb113a
飛虎将軍廟では朝夕の2回、たばこを神像に捧げる。そして、「君が代」と「海ゆかば」を祝詞として流し、神像に聞かせる。日本からの訪問者があれば、随時、両方を流すという(撮影、提供:片倉佳史)

台湾南部の古都・台南市の郊外に日本人飛行兵を祭る廟(びょう)がある。正式名称は鎮安堂飛虎(ひこ)将軍廟。飛虎とは戦闘機を意味し、将軍とは神格化された勇士を意味している。ここには先の大戦で命を落とした飛行兵・杉浦茂峰(すぎうら・しげみね)氏が祭られている。

台湾における信仰の世界は多様性を極めており、道教をベースに祖先信仰や自然信仰が複雑に絡み合う。また、日本人を祭る廟や祠(ほこら)もいくつか見ることができる。これは台湾の歴史や文化、民族性にも絡み合っており、戦没者をはじめ、警察官や教師などが神格化されることもある。飛虎将軍廟の場合も、郷土の守護神として扱われ、あつい信仰を受けている。

訪れてみると、廟そのものは台湾各地で見られる道教寺院のスタイルである。しかし、中央には赤い垂れ幕があり、そこには「歓迎 日本国の皆々様 ようこそ参詣にいらっしゃいました」と文字が躍っている。筆者が最初にここを訪れたのは1997年のことだった。当時はこの垂れ幕はなかったが、突如現れた日本からの旅人に対し、居合わせた人々は厚くもてなしてくれた。日本に対しての特別な思いを感じるのは今も昔も変わらない。

堂内に入ると、杉浦氏の神像が中央に置かれている。台湾の廟では複数の祭神を祭るのが一般的だが、ここは飛虎将軍のみを祭る。しかも、祭神が日本人であることを考えると、その存在はまれなものとなる。

神像は3座あるが、いずれも飛虎将軍である。中央が本尊で、左右の2座は分尊という位置付けとされる。これは分霊や移動の際に用いられ、信徒から請われて廟を離れることが多いために設けられたのだという。

◆集落を守るために命を落とした兵士


祭神となっている杉浦茂峰氏は1923(大正12)年11月9日生まれ。茨城県水戸市出身で、乙種飛行予科練に入隊し、霞ヶ浦海軍航空隊で基礎訓練を受けた後、飛行練習生教程に進んで台湾に渡った。

当時、台湾は帝国の南方進出の拠点とされていたが、それだけでなく、兵站(へいたん)基地としての重要性も高かった。そのため、連合軍はフィリピン戦線と絡め、台湾から沖縄にかけての航空基地を襲った。特に台湾の軍事施設に損害を与える効果は大きく、攻撃は熾烈(しれつ)を極めた。

44(昭和19)年10月12日午前7時19分頃、米軍第三艦隊が台湾南部への大規模な空襲を開始した。いわゆる台湾沖航空戦である。台南上空でも米軍機との激しい戦いが行なわれ、日本側はあまたの敵機を迎え撃ったが、劣勢は明らかだった。この時、連合軍が台湾戦線に投入した航空機は1378機を数えていた。

ここで杉浦氏が乗り込んだ零戦32型は善戦むなしく、米軍機の襲撃を受けてしまう。尾翼部から出火し、墜落は確実なものとなった。しかし、炎上しながらも杉浦氏は操縦桿を握り続け、集落を避けるように機首を上げ、飛び去っていったという。そして、海尾寮(かいびりょう)と呼ばれるこの地に墜落した。

この航空戦は規模が大きかったこともあり、多くの人々の脳裏に焼き付いている。この地に疎開していた荘政華さんは、急降下した零戦を見て、「飛行機が落ちてくる」と思ったという。結局、集落への直撃は免れたが、「素早く飛行機を乗り捨てていれば、飛行士の命は助かったはず」と語っていた。

機体は畑の中に落ちていた。その傍らに若き飛行士の遺体があった。この惨劇を目の当たりにした呉成受さんは今もこの地域に暮らしており、飛虎将軍廟の敬虔(けいけん)な信徒でもある。呉さんによれば、飛行機は大破しており、遺体も機銃掃射を受けていたため、無残な姿だったという。それでも、軍靴に「杉浦」と書かれていたことから、人物は特定できた。

翌年、高雄の海軍航空隊にて海軍合同葬が営まれた。そして、水戸でも他の戦死者と合同葬が行われたという。

◆英霊は台湾の地にとどまり人々を支えた


終戦を迎えると、日本は台湾の領有権を放棄し、中華民国の国民党政府が新しい統治者となった。そして、ある時期、不思議な現象が起きた。同じ内容の夢を見たという住民が複数、現れたのである。

その夢とは白い帽子と服を着た若い兵士が枕元に立っているという内容だった。また、この一帯には養魚池がたくさんあるが、その傍らに海軍の夏服らしきものを着た白装束の青年が夜な夜な立っているという現象も起きていた。

人々はこれを名刹(めいさつ)朝皇宮の保生大帝に伺いを立てた。保生大帝は台湾で広く信仰の対象となっている存在で、「医学の神」と称される。あらゆる病を治癒する力を持つとしてあがめられている。

ここで人々は「その人物はこの地で命を落とした兵士である」という回答を得た。そして、人々はその兵士とは集落に墜落することを回避し、絶命した杉浦氏に違いないと判断した。すでに終戦から20年以上という歳月を経ていたが、杉浦氏の悲劇は静かに語り継がれていたのである。

1971年、人々は4坪ほどの小さな祠を建てた。その後、この地域には平穏な日々が続いた。人々はこれを集落のために自らの命を捧げた杉浦氏の遺徳と考えたという。言うまでもなく、当時は中華民国政府が徹底した言論統制を敷き、排日政策をとっていた。日本兵を祭るこの廟に対しても、さまざまな嫌がらせをしてきたという。しかし、人々はあくまでも飛虎将軍を自らの守護神とし、あがめてきた。御利益も大きく、参拝者は増えていった。そして、1993年、祠は建て替えられ、現在に至っている。

◆日本から贈られたみこし


朝皇宮は台湾でも屈指の規模を誇る廟である。配下にはいくつもの廟や祠があり、祭事には数多くの神像が朝皇宮詣でを行なう。この時、神像はみこしに載せられて移動するが、飛虎将軍廟にはこのみこしがなかった。管理委員会の呉進池会長によると、杉浦氏はお告げの中で、純日本式のみこしを所望していたというが、これは容易には実現せず、時が流れていたという。

そんな中、全国でさまざまな講演活動を行なっているクロフネカンパニーの中村文昭代表が有志を募り、飛虎将軍廟にみこしを贈るというプロジェクトを立ち上げた。このみこしは2015年3月10日に奉納式が行なわれ、新しい飛虎将軍廟のシンボルとなった。頂部には金色の零戦新型戦闘機が据え付けられ、遠くからでもよく目立つ。

みこしの初舞台となったのは同年4月30日。神像は日本から贈られたみこしに乗って朝皇宮に向かった。この時は飛虎将軍廟に関心を寄せる総勢200名もの日本人が現地に駆けつけ、晴れ舞台を祝った。

これは杉浦氏の英霊が現代に向けて遺した交流の種子(たね)が開花したものと言えるだろう。現在、このみこしは朝皇宮に安置されている。

あわせて読みたい

「台湾」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  6. 6

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  7. 7

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  8. 8

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  9. 9

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。