記事

トランプ大統領の新しさとなつかしさ

トランプ大統領が就任して世間を騒がせている。トランプ大統領に関して、僕が漠然と感じていたのが「新しさ」と「なつかしさ」。

まず、「新しさ」について。

トランプ大統領が政治家らしくないと思えて仕方ない。やっていることが政治家っぽく見えない。そこが新鮮。最近なぜそう見えないのかやっとわかった。ちょっといいにくいことであるのだが、トランプ大統領は選挙の時にやると言ったことを当選後も全てやろうとしている。ここなのだ。

選挙の時はそれらしきことを言うけれど、実際当選してみたら「なかなか思ったようにはいかない」、と言い訳するのが政治家の姿のイメージだとしたら、トランプ大統領はそれとは違う。

そこが「新しさ」なのではないだろうか。

では「なつかしさ」とは。

トランプ政権は要するに「鳩山政権」なのだ。

あの民主党鳩山政権が誕生した時、確かに高揚感はあったが、くり出す政策がはあ?というものが多く、しかもしょっちゅう変更されて、当時僕は佐賀県知事だったが政府から打ち出されるコメントをにわかに信じることができなかった。

今のトランプ政権も次から次に大統領令を出しているが、裁判所でこれだけ否定されているのは、政権内部での事前の検討が足りないからだと思う。

両方の政権に共通なのは、政務調査会の不在、だと思う。

もちろん米国は大統領制だからわが国とは異なるが、日本の民主党政権は政権を取った後、党の政務調査会を廃止し、政策決定をすべて政府に一元化しようとした。と言いつつも実際にはそうならず党の実力者が実権を持つ構造になってしまい、とうとう政府の間での政策調整が機能しないと言う現象が起きていた。

高速道路無料化問題などがその典型だ。

両方の政権に共通のもう一つの要素は官僚機構を使えてないことだと思う。専門家集団をうまく使わずして政権運営はできないという事は日米共通なのではないだろうか。

ふるかわ 拝

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川氏の政権批判は「逆恨み」か

    宇佐美典也

  2. 2

    読売「委員会NP」露骨な印象操作

    大西宏

  3. 3

    前川氏証言が嘘なら朝日潰れる?

    和田政宗

  4. 4

    朝日が加計報道で犯したタブー

    和田政宗

  5. 5

    菊川怜は芸能界を引退するべきか

    信託大好きおばちゃん

  6. 6

    たけし軍団「AV女優全員ヤッた」

    文春オンライン

  7. 7

    表現の自由狭める「放送禁止歌」

    蓬莱藤乃

  8. 8

    T・ウッズ許されぬ2度目の裏切り

    新潮社フォーサイト

  9. 9

    大戸屋に迫るやよい軒唯一の弱点

    PRESIDENT Online

  10. 10

    菅直人氏「首相の居直りに怒り」

    菅直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。