記事

トランプ氏、入国禁止差し止め命令で司法を批判

トランプ大統領が、イスラム圏7ヶ国からの入国を禁止した大統領令について、ワシントン州が憲法違反で無効だとして差し止めを求めていた訴訟で、3日に同州シアトルの連邦地方裁判所は、大統領令を一時差し止める命令を出しました。

これによって、足止めされていた人たちがアメリカに入国でき、4歳の女の子が心臓手術のため、またアメリカの大学で学んでいる学生が授業を受けるため等、多くの人が、この一時差し止めの間にアメリカに入国しています。トランプ政権は、4日に、大統領令を一時差し止めたワシントン州の連邦地裁命令を即時停止するよう求めて、サンフランシスコ連邦高裁に上訴しました。

これに対して、連邦高裁は4日、即時停止を認めず、違憲判断を求めたワシントン州などには5日中に反論の書面を、政権側には6日午後までに反論への答弁書を提出するよう指示しました。

当面、法廷闘争が続きそうです。

大統領になっても暴言を放っているトランプ氏は、ツイッターに「このいわゆる判事の意見はばかげており、(判断が)ひっくり返されるだろう」「1人の判事によって禁止令が撤回されたため、多くのとても悪い、危険な者たちがわれわれの国に流れこんでくるだろう。ひどい判断だ。」と司法を批判しています。

しかし、この7ヶ国の人たちは、アメリカ人を1人も殺していない、一方、テロリストがいた中東の国でもトランプ氏がホテルをもっているなど経済活動をしている国は含まれていないなど、その点も恣意的と指摘されています。

トランプ大統領の姿勢は、「三権分立」を脅かすものです。それも理解していない人が、アメリカの大統領になってしまったことに、怖さを感じます。これ以上、アメリカを分断させる行動は、慎むべきだと思います。

あわせて読みたい

「トランプ大統領の入国禁止令」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「日本の防衛」報道に驚き

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    加計で総理批判する国民に疑問

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  3. 3

    笹子トンネル事故に"新事実"判明

    週刊金曜日編集部

  4. 4

    小林麻央 2年8ヶ月ガンとの戦い

    渡邉裕二

  5. 5

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  6. 6

    外務省は韓国の告げ口外交許すな

    tenten99

  7. 7

    石破氏 自民党は議論の自由ない

    『月刊日本』編集部

  8. 8

    田原氏語る共謀罪強行採決の理由

    田原総一朗

  9. 9

    中田宏氏 私も秘書に暴言吐いた

    中田宏

  10. 10

    「男は29歳までに子供を」に賛否

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。