記事

本当は残酷なアメリカの資本主義の話

高校生でも大学生でも、留学といえば「やっぱアメリカでしょう!」的なノリがありますよね。そういう人にはぜひ、マイケル・ムーアのもう一つのドキュメンタリーの「キャピタリズム マネーは踊る」をみていただきたいです。

キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]

キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]

マイケル・ムーア
ジェネオン・ユニバーサル ( 2010-05-26 )

tatsumaru.timesの本棚で詳細を見る

空前の格差が拡大するアメリカ社会の病理である「超資本主義」の闇を照らすドキュメンタリーです。一流の大学に、多大な奨学金を抱えて進学して、MBAをとって一流の金融系企業に入社するも金融会社で学生ローン返済とあわせて消耗される若者たち。社会変革の「脅威」が選挙の一票であることを綴った某大手金融会社の内部文書。戦後アメリカに再建されたドイツと日本に導入された国民皆保険制度と、その実現がならなかったアメリカ。(今はオバマケアがありますが、その先行きも不透明です。

ヨーロッパではアメリカは「問題児」扱いされています。とくにスウェーデンではわかりやすいです。「あれは民主主義を叫んでいるだけで、実現していない」と。それは以下の記事で紹介しているムーアの別の作品からもわかります。

アメリカ人も日本人も知らない、ヨーロッパ社会の常識とは?
ストックホルムからのフライトの中でひさしぶりに出逢いました、良作。マイケル・ムーアの世界侵略のススメです。ム...
tatsumarutimes.com
2016-08-10 22:58

日本は、何でもかんでもアメリカ至上主義ですが、もうこれ以上「沈みゆく大国」に乗っかって共に沈むのはやめませんか。

アメリカの言語学者ノーム・チョムスキーも、アメリカン・ドリームの終焉をNetflixのドキュメンタリーで指摘しています。

一方で、ムーアを始めとする素晴らしいドキュメンタリーを製作する監督、スノーデンの告発を助けたグレン・グリーンウォルドなど一流ジャーナリストを輩出している国も、アメリカであるのは事実です。

個別具体的な事例において、作品・人物・取り組みが卓越しているのもこの国なんです。浄化作用がなくなる前の最後の叫びとなりませんように。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  4. 4

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  5. 5

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。