記事

なぜ今でも50年近く前の漫画「ベルサイユのばら」が人気なのか? - 朝生容子(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)

1/2
1972年から2年間にわたり連載された少女漫画「ベルサイユのばら」が、今、再び人気を集めています。

大相撲初場所には同作品の懸賞幕まで登場しました。百貨店の高島屋では、バレンタイン商戦で同作品とのコラボレーションを展開中です。食器や化粧品メーカーのほか、ツタヤもコラボ商品を展開しています。さらに3月には朝日新聞社主催で「ベルばらとともに」と題された作家の池田理代子さんの回顧展が全国各地で開催される予定です。

人気の再燃に拍車をかけるのが、新たなエピソードを収録した新シリーズです。2014年から本編の10巻に追加して発刊され、今年の1月には13巻が発売になりました。

連載から50年近くたっても、根強い人気を集める「ベルサイユのばら」。いま、同作品が注目を集める理由を考察してみました。

■一番の人気キャラ「オスカル」


「ベルサイユのばら」は、18世紀のフランス革命前から革命前期を舞台にした池田理代子氏作の少女漫画で、実在のフランス王妃マリー・アントワネットやスウェーデン貴族のフェルゼン伯爵、そして架空の人物のオスカルを主人公としています。

宝塚歌劇団による舞台化や、テレビアニメ化、実写版映画化など複数のメディアに展開されたほか、数々の関連商品が発売され、当時、社会現象と言われるほどの人気に至りました。

同作品の最大の人気の要因は、主人公オスカルの存在です。オスカルはいわゆる「男装の麗人」です。由緒ある武官貴族の家に生まれますが、家を継ぐ男子に恵まれなかったため、末子であるオスカルが男性として育てられることになったのです。

このオスカル、男装であってもその美しさは損なわれません。金髪をなびかせる凛々しい姿は宮廷の女性達の憧れの的。正義感が強く、親分肌で、従者のアンドレが罪に問われそうになった時には、自ら身をもって彼を守りますし、王妃アントワネットの側近として、時に彼女のふるまいを正すべく、直言することも厭いません。

啓蒙思想の影響もあり、大貴族ながら個人の自由を尊重する言動が随所に見られます。部下から反抗された時にも「私はお前たちを好きにできる権力を持っている。しかし力で人を押さえつけることに、何の意味がある?心は自由だからだ」などと発言しています。どこまでも情熱的でかっこいいのです。

◾️オスカルの苦悩も人気の要因に


単純に美しく格好良いキャラクターというだけでなく、ひとりの人間として悩み苦悩するのもオスカルの魅力の一つです。特に、女性でありながら男性として生きるジレンマに何度も悩む様子は、年長の読者からの共感も呼び、幅広い層からオスカルが人気を得るのに寄与したと思います。

「女でありながら、男性として生きることに寂しさを感じないのか?」という問いに対し、「生まれたときから男性として育てられたので、不自然だと思ったことはないし寂しくもない」と若い頃は答えていたオスカル。しかし成長するにつれ、悩み苦悩することが増えていきます。

彼女がひそかに思いを寄せるのはスウェーデン出身のフェルゼン伯爵です。しかし彼は王妃マリー・アントワネットだけを見つめています。オスカルには強い友情を感じてくれてはいるものの、女性としては見てくれません。

そうした中、オスカルに元部下であった男性との結婚話が持ち上がります。跡取りの男子として生きることを強いた父親からの勧めでした。

当初は「何をいまさら」と一笑に付していたオスカルですが、以前から女性として憧れを抱いていたという求婚者からの、「女性としての幸せを求めてよいのでは」という甘いささやきに、ふと心が揺れます。

この結婚話は、結局オスカルが断ることになるのですが、その後、彼女は結婚を画策した父親を問い詰めます。

「父上、おこたえください。もしも、当たり前の女性として育っていたなら…私も姉君たちのように、15歳になるやならずで嫁がせられたのでございますか?(中略)むせかえる粉白粉。子を産み、子を育て…おこたえください!」

「その通りだ」と答える父親に対し、オスカルはこう語ります。

「感謝いたします。このような人生を与えてくださったことを…女でありながらこれほど広い世界を…、人間として生きる道を…、ぬめぬめとした人間の愚かしさの中で、もがき生きることを…」「私は軍神マルスの子として生きましょう」

◾️女性の地位向上の時代と重なる「ベルばら」


「ベルばら」が生まれ、社会現象にまでなった1970年代は、世界的に女性の地位向上の取り組みが進んだ時代でした。

1975年は、国際婦人年と定められ、向こう10年間、世界各国で女性の地位向上のため行動することが宣言されました。1985年に日本で男女雇用機会均等法が施行されたのも、その流れに位置付けられます。

女性でありながら、圧倒的な男性社会である軍隊の中で、家柄だけでなく、剣の実力や人間性で男性部下から慕われ、上層部からの信頼も厚いオスカルの姿は、当時の社会が描いた「新しい女性像」と重なります。

当時、ベルばらに夢中になった女性は、自分らしく生きるオスカルの姿に、新しい時代における理想を見たのではないでしょうか。その後の彼女たちの生き方にも大きな影響を与えたと考えられます。

あわせて読みたい

「女性の社会進出」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  2. 2

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  3. 3

    都職員VS客 150人が築地で買い物

    田中龍作

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    死ねの書き込み おっぱいで消滅

    倉持由香

  6. 6

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  7. 7

    沢田研二のドタキャンはプロ失格

    かさこ

  8. 8

    貧困層見ない堀江氏の読解力考察

    田中俊英

  9. 9

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

  10. 10

    巨大化する新聞の見出しに違和感

    山本直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。