記事

Apple Pay上陸、ラッセルVISA会長の予言が現実に~決済三国志【前編】

1/2

ジャーナリスト 岩田昭男=文

クレジットカード業界の盟主・VISA

私がクレジットカード業界の取材をするようになってから約30年になります。30年前といえば日本でもやっとクレジットカードが普及し始めたころでした。そのクレジットカードはいまやわれわれの生活になくてはならない社会インフラになっています。



その間、私の頭の隅から離れなかったことがあります。それは、この業界の盟主がいつ交代するのかということでした。もし、いまから4~5年前に、こんなことを口にすれば、「何をバカなことをいっているんだ」と一笑に付されたはずです。

たしかにそれはそうでしょう。カード業界の盟主といえば、VISA、マスター、アメックスなどの国際ブランド(自らネットワークを有し、世界のカード取り引きを仕切る大規模なカード会社)に決まっていたからです。とくにVISAは国際ブランドのなかでも頭ひとつ抜きんでた存在で、盟主と呼ぶにふさわしい力を持っています。

その理由は、全世界の銀行を傘下に置いてそのカード部門、またはカード会社を実質的にコントロールしているからです。そしてカード会社を通じて世界の4000万の加盟店を開拓し管理しています。その盟主支配が終わるなどとはついこの間まで、クレジットカード業界の誰もが考えませんでした。

VISAは1966年に当時のバンク・オブ・アメリカが自社のクレジットカード(「バンカメリカード」)のライセンス供与を全米に向けて開始したのが始まりです。これによって、VISAマークが貼ってあれば、全米どこでもVISAクレジットカードが使えるようになったのです。

そして、80年代に入って、VISAインターナショナルという公益的な組織として世界中でサービスを開始します。この時点では、世界中の銀行が支えるNPOのような存在でした。その後、世界をヨーロッパ、アフリカ、アジアなど5つの地域に分けてカード普及を進め、加盟店を開拓しました。そのころのVISAの本部はカリフォルニア州サンマテオ(シリコンバレーの北端)にあり、非常にオープンな雰囲気の組織でした。

ところが、2008年に株式の上場を果たし、株式会社VISAワールドワイドと名称を変えたころから、内向きな会社に変わったようです。経営トップが表に出て経営ビジョンを訴えるということも少なくなったという印象を私自身は持っています。

盟主が果たす役割とは何か?

盟主としての役割は何かというと、これは盟主の条件と言い換えてもいいのですが、VISAのネットワークでつながる加盟店の手数料率の大まかな基準を示すということが、まずあげられます。手数料率は業種によって違うのですが、たとえば水商売ですと5~7%、コンビニエンスストアは1~2%といった具合に決まっています。こうした手数料率の指標になるものを盟主が提案するわけです。

もうひとつは、クレジットカード会社を、カードを発行する会社と加盟店を開拓する会社の2つに分けるという役割があります。前者を「イシュアー」、後者を「アクワイアラー」というのですが、この2つに分けることでそれぞれがやるべきことが明確になって秩序が生まれ、業界全体がうまく回るようになったのです。

たとえば、Aという会社に対して「あなたのところはカードを発行し加盟店の開拓をしてもいいですよ」ということにして、一方のBという会社については「お宅はカード発行だけですよ」というように、それぞれの会社の規模や特性に合わせてうまく差配するわけです。その結果、クレジットカードの普及が急速に進み、いまのようにどこでもカードが使えるようになったのです。

このようにして、VISA(を始めとする国際ブランド)は、プラスチックカードと専用線(電話回線)を使って世界をつないだわけです。そのインフラを活用して、世界規模での決済を可能にしたのですが、決済といっても、これは簡単ではありません。カードのサイズから、取り引きのやり方まで厳しく規制しなければ、決済はできません。

世界中どこでも同じルール、同じ規格のグローバルスタンダードが必要とされます。バラバラであったら、ひとつも動きません。そこでVISAは、統一規格を作るようになりました。具体的には、プラスチックカードのサイズやロゴの位置、決済の手順など、さらには、カードが不正に使われた時の補償のルールまでを統一したのです。そういった細かいところまでVISAをはじめとした国際ブランドが決めることになりました。

逆にいうと、そうした統率ができるのが盟主の証しと考えられていたのです。

あわせて読みたい

「クレジットカード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  2. 2

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

  3. 3

    「米軍に勝てない」北幹部が動揺

    高英起

  4. 4

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  5. 5

    信用なくてもツキはある安倍首相

    文春オンライン

  6. 6

    総選挙は橋下氏出馬次第で変わる

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  7. 7

    O157トング犯人扱いはとばっちり

    山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)

  8. 8

    都民ファ議員 週刊誌報道に反論

    斉藤れいな

  9. 9

    小林麻耶が海老蔵の家を出た事情

    NEWSポストセブン

  10. 10

    北の核 東京直撃なら死者85万人

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。