記事

このままだと「MUTEKI」に行く子が増えてしまう - #グラドル自画撮り部 部長 倉持由香

1/2
撮影:駒井夕香

麻雀番組の賞金でハワイへ!

BLOGOS読者の皆さんこんにちは。昨年末にAbemaTV麻雀大会で優勝して、賞金100万円をゲットした倉持由香です。

麻雀は1年半ぐらい前から始めたのですが、私、運だけは良くって。今年は実力で視聴者の皆さんを納得させられるように、麻雀の腕を磨きたい思います。

それにしても賞金100万円は嬉しくて。取っ払いだったらもっと嬉しかったんですけど、事務所がお給料と同じ割合だけ持っていきますって。賞金を獲る前に言ってくれればいいのに、担当マネージャーが獲った後に言うんだもん!(笑)。 少し割合は増やしてくれたけど(笑)。

うちの事務所は、他の事務所さんと比べるとタレントの割合が少し高いので、ありがたいんですけど。普段よくしてもらっている分、少しは返せたかなと。

グラドルの経済状況は厳しくて、今の事務所で初めてのお給料は5000円でしたし、3年くらい前まで同じ事務所の吉田早希ちゃんのところにずっと居候させてもらっていました。後輩グラドルのみんなもまだまだアルバイトしてます。

でもせっかくだったので、残った賞金でお世話になった吉田早希ちゃんをハワイに連れてって、パーッと恩返してきちゃいました。初のハワイ楽しすぎた…。

#waikikibeach #friends #吉田山

Yuka Kuramotiさん(@yukakuramoti)が投稿した写真 -

新人グラドルの登竜門!課金サバイバル

お金がないと言えば、新人グラドルのお仕事って撮影会のモデルか「サバイバルレース」くらいしかないんです。課金サバイバルレースと言って、日テレジェニック、ミスFLASH、ミス東スポとか、そういうミスコン系の冠を手に入れるために、女の子が争うもので。

誌面上のオーディションじゃなくて、ファンの課金額で決める生々しいオーディションになっています。もちろん、オーディションを開催するにもお金がかかるし、そのお金をファンの方に出していただかないと運営できないような、不景気な状態も仕方がないですけど。

そのミスコンのオーディションは、課金額で順位が決まるので、ファンの方が1枚3000円のチェキを何枚買いするようなバブリーなことになっているんですけど、お金って湯水のように出てくるわけじゃないですよね。

ファンの方もすごいお金持ちってわけじゃなくて、一般のサラリーマンの方がコツコツ貯めたお金から、自分の推しのグラドルのために頑張ってくださっている。

それを女の子も分かっているから、申し訳無さで病んでいくし。それを見てファンの方も病んでいってしまって。

私も、日テレジェニックが一番過酷と言われた99人が参加した年に出場したんです。ずっと人気ランキング2位をキープしていたんですけど、なぜか急に12位に急降下しちゃって。

それは色々あってしょうがないことだと思うんですよ。でも、やっぱりショックだったし、ファンの方に毎週たくさんお金を使っていただいているのに、冠を取れなかったことが悔しかったし、申し訳ないって思いは今でもあります。

新人の女の子達も同じ気持ちだと思います。ファンの方にたくさんお金を使っていただいたのに、冠を取れなくて申し訳ないって。

それが悲しくなって芸能界をやめてしまう女の子もいて、もう本末転倒ですよね。「#グラドル自画撮り部」のハッシュタグを使っているのは、新人の女の子が多いんですけど、そういう子が写真と一緒に何を文章に載せているかというと、撮影会のお知らせか、有料チャットの告知なんです。

課金制のサバイバルが完全に悪かと言うと、そうじゃなくて。それが無いと、本当に何も仕事が無い状況だったので、その枠を作ってくださった方にはもちろん感謝しています。

でも、課金制のオーディションと撮影会以外のお仕事が無いと、ファンの方は推しの子を見るたびにお金が必要になってしまうので、無料で楽しめるものを作りたいんです。せめて紙媒体の雑誌代、数百円で済むような。

ファンの方が、何十万円、何百万円と使わなくても、推しの子が世に出られる、グラドルがたくさんメディアに出られる状況を作っていかないと、ファンの方もグラドルの子も疲弊していってしまって、誰も幸せにならない結果になっちゃいます。

だからこそ、私はここで頑張って、番組の枠を獲ったると。そして、日テレジェニックを落ちても売れるんだぞってところを見せられるように。

ミスコン落ちたっていうのが芸能界の全てだと思って、「私は価値が無いんだ。じゃあ辞めよう」って引退しちゃう子が多いので、そうじゃなくて、大事なのは努力した過程であって、結果じゃないんだよって。ミス◯◯が獲れなくなって、「尻職人」みたいに、自分で冠、キャッチフレーズを付けちゃえばいいんだよってことを伝えていきたいです。

自画撮り部部長 倉持由香が選ぶ今月のマイベストショット

今回のベストショットは、SEGAさんから発売された「蒼き革命のヴァルキュリア」でブリュンヒルデのコスプレをしている自画撮りです。

お気に入りのポイントは衣装。フルオーダーで作ってもらった世界に一着だけの衣装っていう特別感がたまりません。

それに、ゲームのPRにグラドルをこうして使ってくださるっていうのが嬉しいです。

ここで「グラドルをゲームのPRに使うと数字が出る」っていう実績を残して、業界全体が潤えば、他の子も起用されるじゃないですか。 だから絶対に「倉持を起用して良かったな」と思えるような結果を出したい。

呼んでもらったイベントの稼働時間帯だけじゃなくて、ゲームの発売日の深夜0時から、家で3時間ぐらい生放送をしてみたりしています。指定があった告知とか稼働日以外にも期待以上の結果を出さないと、次に繋がらないと思うので。

「おっ、値段以上」みたいな(笑)ニトリイズムで。倉持を使うと値段以上だなと思ってもらえると「やっぱり呼んでよかったね」ってなるし。

今、ブラック企業が問題となっているのをみると、この考え方、良くないのかなとも思いますが、私は正社員として働いているわけではないし、事務所に言われて残業をしているわけでもなく、自営業なので。

タレントは自営業。自分の体調や体力と相談しつつ、どれだけクライアントの期待以上のことを出来るかっていうのが重要視されてくるのかなーって。

自画撮り部、今月のMVPショット発表

候補が何人かいるんですけど、まずは、榛名ゆきのちゃん。やっぱりジッパー水着は何回見ても素晴らしいんですよね。

全身の写真のピントがボケているんですよ。それが「撮影の合間に撮ったから、もしかしたら主催者さんに呼ばれて、ピントが合わなかったのかな。忙しかったのかな」とか「もしかしたら、機種変したばっかりで使いこなせてなかったのかな」とか。そんな妄想しちゃって。

逆にピンぼけだからこそ、「もっと解像度のいい写真が欲しい。そうだ撮影会に行こう」みたいに思いますよね。

「撮影会速報」って書いてあるから、この子がアップしている時間帯を見て、「あっ、急げばこのスタジオ、電車1本で行ける!5部に間に合う」と思わせる何かがあるというか。面白いなと。

自画撮りはそれだけで完結して満足させたらダメ。試食なので、そこから引っ掛けて食べていただかなきゃいけないので、興味を持ってもらえる写真だなと思いました。

そして、日比谷亜美ちゃん。色々デカイんですよね。この水着がまたすごいな。弦楽器かなみたいな。どこでこんな水着売っているんだろうなって。

私が見ても珍しい形で、この弦、一本一本をピチカートしていきたいぐらいの素敵ビキニですね。「個撮が2部残ってる」って。“個撮”っていい響きだなあ。個人撮影で、このビキニ着てくれるかなって。

ただ、この線以外は普通のビキニというか、露出がすごい多いわけじゃなくて、ビキニの工夫ですよね。

露出合戦になってはいけないというのは、前から言っている通りなので、変形ビキニで勝負していく。それはさっきのフロントジッパーも同じですね。露出度的には変わらない。むしろ少なくなっているけれども、エロいっていう工夫が大事ですね。

あとは、青山ひかるちゃんのミリタリー系のパーカーにゴールドのビキニ。巻き髪じゃなくて、ストレートヘアーっていうのも、女子ウケするグラビアだなって思って。

これはtwitterですけど、こういうのはインスタ載せてもきっとウケるんだろうなと思うので。2017年、女子にグラビアアイドルブームが来るように、女子ウケを狙ったグラビアも平行してやっていきたいなと思います。

そして、これはうちの事務所の後輩、加納葉月ちゃん。パックリ穴が開いたビキニ。囚人みたいな服ですけど、横縞のタンクトップ、いいですねー。

これは手作りなのかな。フロントジップの競泳水着が欲しいけど、買えないから自分で作ったのかもしれない。

加納葉月ちゃんが、「ボールペンが買えない」って言って、競馬場でもらえる無料の鉛筆をずっと使ってる写メを載せてるのを見て、悲しくなっちゃって。

「もうお姉さんがボールペン買ってあげる!」って、応援したくなりますよね。もしかしたら、フロントジップの競泳水着が買えなくて自作したのかもしれない。それを、パックリ穴水着と言ってるのかもしれないって思ったら、すごくキュンとする。

撮影会に出ている女の子は衣装がドンドン足りなくなっちゃう。毎週土日にあって、それぞれ6部ずつあると、みんなで貸し借りしても足りなくなるんです。

そうすると、ファンの方が差し入れで水着とかコスプレに使える小道具をくださったりするとすごい喜ばれます。もちろん、あまりにHなのは着られないんですけど、衣装は喜ばれるので、オススメですね。

もしくは、その子が使わなかったとしても、撮影会スタジオに寄付したり置いておけば、色んな子が着てくれるのでぜひ。

あと、吉倉明里ちゃん。写真集で菜々緒さんがやられたあのポーズを自画撮りで頑張ったセルフ菜々緒ポーズ。多分、このポーズ、すごい必死なんですよ。

普通にカメラマンさんにとってもらった時も「うっ!」ってなるポーズなので、自画撮りでやったら相当、眉間にシワが寄っていたと思います。

ポージングってどうしても飽きが来ちゃうというか、自画撮りには限界があるんで、そこをなんとか打破しようとしている努力が見られますね。

これはうちの事務所の白川未奈ちゃん。この子はプロレスが好きで、マスクドグラドルと名乗って。マスクを被ったビキニ姿で自画撮りをよく上げている子なんですけど。

これXmasにあげてるんですけど、イヴにお前は何をやっているんだって。プロレス好きな女子を「プ女子」って言うんですけど、本当に詳しいので、にわかじゃないところがいいですね。

あと、最近、Abemaのピーチゃんねるの第二期メンバーになった吉野七宝実ちゃん。

この子は、普通の三角ビキニを手でギュッと掴んでいるんですよ。三角ビキニをギュッと掴むことで、谷間がググッと寄るというテクニックを使っていますね。色んなテクニックがあるんです(笑)

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  3. 3

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  4. 4

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  5. 5

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  6. 6

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  7. 7

    北の木造船 逃走の狙いは迎えか

    AbemaTIMES

  8. 8

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

  9. 9

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  10. 10

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。