記事

トランプ新大統領誕生、僕はこう読む!

いよいよ、アメリカに新大統領が誕生した。そのトランプ大統領については、今まで何度か述べてきた。とくに彼の、「メキシコとの国境に壁を作れ。費用はメキシコ持ちだ」「イスラム教徒は入国禁止にする」などの発言や、女性蔑視発言の数々についてだ。どう見ても、大国アメリカのリーダーにふさわしいと思えない人物だ。事実、多くのマスコミや政治家はそう考える。

余談だが、僕の周りでトランプ氏が大統領になると予想していた人がいる。評論家の長谷川慶太郎さんだ。長谷川さんは彼の勝利を予想していた。

トランプ氏の大統領就任が決まって、外国首脳として、いち早く会談を実現したのは、安倍晋三首相だった。実は、大統領が決まったとき、安倍首相は外務省から誰かをアメリカに派遣しようとした。ところが、外務省は、「受け入れ態勢が間に合わない」という、意味不明の理由で渋っていたのだ。そこで、官邸サイドが独自のルートでアプローチし、まずは電話会談となった。この電話会談で、11月17日の電撃会談が決まったのだ。

トランプ勝利によって、マスコミには、「TPP問題」「日米安保」問題について、悲観論が流れていた。トランプ大統領は、「TPPは破棄する」「世界の警察をやめる」と公言しているからだ。しかし安倍首相は、正面からトランプ大統領に向き合い、会談にこぎつけた。

実は、この会談実現には伏線がある。陸軍出身で、トランプ氏側近として知られるマイケル・フリン氏が、会談の少し前に来日し、安倍首相の側近と会っていたのだ。フリン氏は、大統領選でいち早くトランプ支持を打ち出し、イスラムに対する恐怖心と嫌悪を駆り立てた人物だ。トランプ政権の国家安全保障担当の大統領補佐官である。

日本側はその場で、日本政府が在日駐留米軍に対して払っている、いわゆる「思いやり予算」についてフリン氏に説明した。さらに、TPPについて、「アメリカにとっても有益な協定だ」などとも話したという。フリン氏は、日本側の話に理解を示したという。ただTPPについては、「多国間ではなく二国間でやりたい」とトランプ氏が言っていることなどを説明したそうだ。まさに膝を交えて話ができていたわけだ。

第二次世界大戦が終わった後、アメリカが世界を主導してきた体制を、「パックス・アメリカーナ」と呼ぶ。「アメリカによる覇権」という意味だ。だから戦後、長くアメリカは「世界の警察官」をつとめてきたのだ。

2013年、オバマ前大統領は、「アメリカはもはや世界の警察官ではない」と言った。つまり、アメリカは新たな「軍事介入」は行わないという意味だ。しかしトランプ大統領は、「オバマは世界の警察を辞めると言いながら、実際には辞めていない」と指摘する。

なるほど、アメリカはシリアの反体制側を支援し続けている。そもそも日本や韓国、フィリピンなどに米軍を駐留させ続けてもいた。トランプ大統領の誕生によって、アメリカは、いよいよ「世界の警察」をやめるのかもしれない。「パックス・アメリカーナ」が、ついに終焉を迎えるかもしれないのだ。

アメリカの、この「後退」は、日本の「戦後」が幕を閉じることも意味する。安倍首相は第一次政権の頃、「戦後レジームからの脱却」を強く主張していた。現在はあまり口にしなくなったが、その思いが変わっていないことは明らかだ。

トランプ氏が多くの予想を覆し、新大統領になった今、皮肉にも安倍首相の念願だった「戦後レジームからの脱却」が、実現する可能性が出てきた。では、「戦後」が終わったあと、日本はどうなるべきなのか。新たな「レジーム」は、いったい何なのか。安倍首相に、そして日本国民に、今、突きつけられている問いなのだ。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  2. 2

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    日本企業復権へ「40代定年制」を

    WEDGE Infinity

  4. 4

    室井佑月 新聞は支持政党表明を

    キャリコネニュース

  5. 5

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

  7. 7

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  8. 8

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  9. 9

    結婚後に1番重要なのは衛生観念?

    キャリコネニュース

  10. 10

    北朝鮮が米との交渉で痛恨のミス

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。