記事

預金へ向かうマネー ~効果も意味もなくなった日銀金融政策

預金へ向かうマネー ~効果も意味もなくなった日銀金融政策

重要なことは「効果がない」ことではない。「意味がない」ことだ。そして「意味のない金融緩和」は将来に禍根を残す。

「日銀がマイナス金利政策導入を決めて29日で1年。金利低下は住宅市場を刺激したが、足元の住宅ローン金利の上昇で、今は導入前に逆戻りした。投資に向かうと期待されたマネーは萎縮し、むしろ預金に回帰する傾向が見られる」(30日付日本経済新聞 「マネー、投資より預金へ」)

金融政策が万能であるかのような主張もあるが「金融政策は紐のようなもので、引くことはできても押すことはできない」というのが経済の常識。

ローンの借り換えや節税対策に伴うアパート建設など、もともと存在する需要を引き出すことはできる。だた、新たな需要を生み出せるわけではない。

「日銀が昨年9月にマイナス金利政策から、長期金利も操作する枠組みに変更したことが「円安に効いている」との声が日銀内からは聞こえる」(同)

米国の長期金利が上昇する中、長期金利を概ね0%にするという「イールドカーブ・コントロール」によって日米金利差が開いたことが円安の要因だというロジックなのかもしれない。

しかし、マイナス金利政策でマイナス金利を維持していた方が日米金利差は拡大していたはず。

2013年当時「大胆な金融緩和」は必要悪であったが意味はあった。しかし、「異次元の金融緩和」や「マイナス金利政策」などは「百害あって一利なし」。「イールドカーブ・コントロール」に至っては効果も意味も全くない。

黒田日銀が行っている「効果も意味もない金融政策」を縮小、廃止することこそが、やらなければならない「痛みを伴う改革」だといえる。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

  2. 2

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  3. 3

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  4. 4

    自民議員「政権の賞味期限近い」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  6. 6

    玉木議員が加計めぐるデマに反論

    玉木雄一郎

  7. 7

    同窓会では会社の名刺を出すな

    シェアーズカフェ・オンライン

  8. 8

    東芝決算後も続く上場廃止の危機

    片山 修

  9. 9

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  10. 10

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。