記事

預金へ向かうマネー ~効果も意味もなくなった日銀金融政策

預金へ向かうマネー ~効果も意味もなくなった日銀金融政策

重要なことは「効果がない」ことではない。「意味がない」ことだ。そして「意味のない金融緩和」は将来に禍根を残す。

「日銀がマイナス金利政策導入を決めて29日で1年。金利低下は住宅市場を刺激したが、足元の住宅ローン金利の上昇で、今は導入前に逆戻りした。投資に向かうと期待されたマネーは萎縮し、むしろ預金に回帰する傾向が見られる」(30日付日本経済新聞 「マネー、投資より預金へ」)

金融政策が万能であるかのような主張もあるが「金融政策は紐のようなもので、引くことはできても押すことはできない」というのが経済の常識。

ローンの借り換えや節税対策に伴うアパート建設など、もともと存在する需要を引き出すことはできる。だた、新たな需要を生み出せるわけではない。

「日銀が昨年9月にマイナス金利政策から、長期金利も操作する枠組みに変更したことが「円安に効いている」との声が日銀内からは聞こえる」(同)

米国の長期金利が上昇する中、長期金利を概ね0%にするという「イールドカーブ・コントロール」によって日米金利差が開いたことが円安の要因だというロジックなのかもしれない。

しかし、マイナス金利政策でマイナス金利を維持していた方が日米金利差は拡大していたはず。

2013年当時「大胆な金融緩和」は必要悪であったが意味はあった。しかし、「異次元の金融緩和」や「マイナス金利政策」などは「百害あって一利なし」。「イールドカーブ・コントロール」に至っては効果も意味も全くない。

黒田日銀が行っている「効果も意味もない金融政策」を縮小、廃止することこそが、やらなければならない「痛みを伴う改革」だといえる。

あわせて読みたい

「金融政策」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    加計学園の建設現場で忖度自撮り

    田野幸伸

  5. 5

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  8. 8

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  9. 9

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  10. 10

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。