記事

ネスレ日本社長「百の言葉よりも『勝ち続けること』」

大越 裕=構成 熊谷武二=撮影

百の言葉よりも「勝ち続けること」

リーダーにとってもっとも大切なのは、言葉ではなく「勝ち方を知っているかどうか」です。ずっと業績が悪いままのチームのリーダーがどんなに言葉を重ねたところでメンバーの心は動きません。百の言葉よりも「勝ち続けること」が何よりも部下のモチベーションを上げるのです。

ネスレ日本社長兼CEO 高岡浩三氏

自分のキャリアを振り返ってみても、周囲から「高岡は左遷されたな」と見られるような厳しいプロジェクトを任され、そこで会社の期待を上回る成果を出し続けてきたことが今につながったと感じています。私がネスレで最年少の部長に抜擢されたのは30歳のときです。それから20年以上、目標の数値を割ったことは一度もありません。

いつも考えているのは「部下のボーナスを上げてやりたい」ということです。ネスレでは目標の達成度によってボーナスの額が決まります。だから私はスイス本社から目標数値が与えられたら、常にそれをはるかに上回る目標を自分のチームに設定してきました。そしてどうすればその目標が達成できるか必死で考え、具体的な戦略を立ててきました。リーダーが具体的な戦略、つまり「勝ち方」を示すことで、初めて部下は「この高い目標は実現可能なんだ」と感じ、各々の持ち場でリーダーシップを発揮してくれるのです。

では「勝ち方」を知るにはどうすればいいでしょうか。それは「小さな実験」を繰り返し「失敗」の経験を積むこと以外にはありません。私自身もこれまでの仕事でさまざまな実験を行い、そのうち9割は失敗してきました。しかしその実験と検証を繰り返した経験によって「このような市場の状況のときには、この手が有効なはずだ」と、机上の論理ではない本質的なマーケティングの感覚が身につき、戦略の力を磨くことができたのです。

その「実験と検証」の経験をネスレの社員たちにも積ませたいと考え、5年前に始めたのが「イノベーションアワード」です。これは全社員一人ひとりから広くネスレのビジネスに貢献するアイデアを発案、実行、検証させ、優秀な成果を出した人には100万円の賞金を進呈するというものです。このアワードからはすでにいくつものイノベーションが生まれています。

たとえば、ある社員は「田舎のスーパーでは買い物に来た高齢者の方が、必ず買い物を終えた後で30~40分休まれていきます。そこにネスカフェを置いて一休みできるコーナーを設けたらどうでしょう」というアイデアを出しました。さっそく協力店を募って実現したところ、休んでいる方々の多くは飲食もするためスーパーの売り上げ向上にもつながり、大変好評をいただいています。

私自身が最近生み出したアイデアには「ネスカフェ アンバサダー」があります。これはコーヒーマシンをネスレから無料で貸し出す代わりに、職場で働く方々の中から代表でお一人に「大使」となってもらい、「ネスカフェ」を職場に広めていただくという取り組みです。アンバサダーは、同じ職場の社員からコーヒー代を回収し、コーヒーのカートリッジをネスレに注文していただくという仕組みです。社員の方は1杯20~30円の安い金額で美味しいコーヒーが飲めます。

以前の日本の会社は「社員が飲むお茶やコーヒーは会社で購入してタダ」のところがたくさんありました。しかし、お茶くみの仕事は女性社員の負担となることが多く、経費削減の流れもあって、今では社内の自動販売機やコンビニで飲み物を買うのが当たり前となっています。

(左)「ネスカフェ アンバサダー」に無料で貸し出されるコーヒーマシン。(右)スーパー内にあるネスカフェを置いた休憩スペース。

オフィスでのコーヒー飲用量は家庭の10倍以上を見込めることから、このアイデアを検証するべく、まずは試験的に北海道限定でアンバサダーを募集したところ、1週間で1500人もの応募がありました。そしてたくさんのアンバサダーの方から「ネスカフェを一緒に飲むようになって、社員同士のコミュニケーションが活性化しました」「社内の同僚に『これまでのコーヒーより美味しいよ。ありがとう』と言われました」といった感想をいただいたのです。コーヒーの売り方を根本的に変えるこの仕組みは多くの会社に導入され、5年目の現在では全国のオフィスに30万人近いアンバサダーがいる事業に成長しています。

アイデアの良否は妻の反応で判断

ぜひお伝えしたいのは、こうしたイノベーションは会社のどんな部署、どんな仕事についていたとしても生み出せるということです。そのとき大切なのは「当たり前の前提」を疑い、本質的に思考することです。たとえば人事を担当している人ならば、「なぜ多くの会社は年に1回しか新卒募集を行わず、しかも卒業見込みの学生しか採用しないのだろう?」と考えてみる。その原因を突き詰めて考えると、確たる理由はないことに気づくはずです。

実際にネスレでは、大学1年生でも、卒業して数年経った人でも応募できます。その代わりにエントリーするためには答えのない、思考力を試す課題を8日間連続で提出しなければなりません。私たちはその回答を見ることで「学生がどれぐらい本気でネスレに入りたいと思っているのか、考える力があるか」を判断しているのです。

こうしたアイデアを思いつくと、私は必ず妻に「こんなことを考えたんだけど、どう思う?」と話すことにしています。仕事とは無関係の妻だからこそ、遠慮のない一般人の意見を気軽に聞くことができる。その妻が「ピンとこない」「買わないと思う」と言ったら、きっと多くの人々もそう感じるだろうと判断します。逆に妻が少しでも興味を示せば、どんなに小さなアイデアでもすぐに実行することにしています。

私はアイデアとは「出すのが2割、それを実行する力が8割」だと思っています。いけそうなアイデアを思いついたら、すぐに信頼できる誰かに話してみて、必ず実行してみる。その繰り返しこそが「勝ち続ける秘訣」だと確信しています。

ネスレ日本社長兼CEO 高岡浩三
1983年、神戸大学経営学部卒業。同年、ネスレ日本入社。「キットカット」受験生応援キャンペーン、「ネスカフェ アンバサダー」など新たなビジネスモデルを構築。2010年社長兼CEO就任。

あわせて読みたい

「ネスレ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    水原希子「日本人」発言は捏造

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  3. 3

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  4. 4

    国民に刺さるのは左翼でない野党

    AbemaTIMES

  5. 5

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  6. 6

    iPhoneXで生活は全く変わらない

    永江一石

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    トランプ氏 国連演説で北に警告

    ロイター

  10. 10

    都知事 秘書の異常待遇言及せず

    週刊金曜日編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。