記事

ちきりん女史の自動車業界に関する微妙ネタについて

 この手の話はデータが全部出ているので、きちんと調べればちきりん(伊賀泰代)女史の記事は半分当たり、半分間違いというタイプのものであることはすぐに分かります。

 簡単に言えば、ちきりん女史は「日本の自動車輸出台数の総計」と「アメリカの自動車輸入台数の総計」を見て、これらがすべて日本の輸出、アメリカの輸入であるかのように勘違いをしていることになります。もちろん、事実関係は違います。その意味では、ちきりん女史の書いていることは間違いです。

日本の自動車産業が直視すべき現実 - Chikirinの日記 (id:Chikirin / @InsideCHIKIRIN) http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20170125

 このちきりん女史の論法で言うならば、フランス(主にルノー)もドイツもアメリカに激おこされなければならないことになります。

外務省 自動車輸出の多い国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/car_ex.html

 正解は、こちらです。

日本の自動車輸出国別 2015 年
http://www.ambtokyo.esteri.it/ambasciata_tokyo/resource/doc/2016/05/tabella_automotive_2_jpn.pdf 

 ちきりん女史の引用した2015年弩の日本からアメリカへの輸出台数は160万4,446台で、アメリカの2015年度の自動車輸入台数約537万台の29%であり、独仏に次いで3位です。

 もちろん、ちきりん女史の言う「生産台数が国内販売台数に比べて過大である」というのは事実なので、不均衡は是正しないといけないという主張は正しいと言えます。ただし、それらが日米の自動車貿易において摩擦の根源かと言われると微妙です。トランプさんはいろいろ言ってるけど。

 日米で言うならば、ソフトウェアや金融などを日本が輸入し、自動車や化学製品などを日本が輸出しているという単純な貿易の互恵関係がある一方、いわゆる外-外と言われる日系資本が中国やアジアへ進出して生産したものがアメリカへ輸出されるものもあるため、生産台数と国内販売台数を並べて450万台生産超過だ、これが全部アメリカに輸出されている、貿易摩擦だ、と言われてもピンとこないなあというのが正直なところです。


 なお、日米の自動車貿易についてはさすが主幹産業でして豊富なデータが揃っている界隈です。
 細かくは、自動車産業ポータルを観てね。

自動車産業ポータル MARKLINES
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_usa_2016

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    フォアグラ人気の裏に残酷な現実

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

  2. 2

    読売1面「首相3選望まず」の衝撃

    NEWSポストセブン

  3. 3

    橋下氏 民進玉木氏の質問に苦言

    橋下徹

  4. 4

    韓国の都合に合わせるのはやめよ

    深谷隆司

  5. 5

    EVの弱点を克服する走行中充電案

    島田範正

  6. 6

    乃木坂46に学ぶ副業許可のヒント

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    「働くのが嫌」は世界共通の問題

    ヒロ

  8. 8

    ロシア人の4割は酒を一切飲まず

    ロシアNOW

  9. 9

    自民議員「政権の賞味期限近い」

    NEWSポストセブン

  10. 10

    通販のクレーマー行動は反社会的

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。