記事

ちきりん女史の自動車業界に関する微妙ネタについて

 この手の話はデータが全部出ているので、きちんと調べればちきりん(伊賀泰代)女史の記事は半分当たり、半分間違いというタイプのものであることはすぐに分かります。

 簡単に言えば、ちきりん女史は「日本の自動車輸出台数の総計」と「アメリカの自動車輸入台数の総計」を見て、これらがすべて日本の輸出、アメリカの輸入であるかのように勘違いをしていることになります。もちろん、事実関係は違います。その意味では、ちきりん女史の書いていることは間違いです。

日本の自動車産業が直視すべき現実 - Chikirinの日記 (id:Chikirin / @InsideCHIKIRIN) http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20170125

 このちきりん女史の論法で言うならば、フランス(主にルノー)もドイツもアメリカに激おこされなければならないことになります。

外務省 自動車輸出の多い国
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/car_ex.html

 正解は、こちらです。

日本の自動車輸出国別 2015 年
http://www.ambtokyo.esteri.it/ambasciata_tokyo/resource/doc/2016/05/tabella_automotive_2_jpn.pdf 

 ちきりん女史の引用した2015年弩の日本からアメリカへの輸出台数は160万4,446台で、アメリカの2015年度の自動車輸入台数約537万台の29%であり、独仏に次いで3位です。

 もちろん、ちきりん女史の言う「生産台数が国内販売台数に比べて過大である」というのは事実なので、不均衡は是正しないといけないという主張は正しいと言えます。ただし、それらが日米の自動車貿易において摩擦の根源かと言われると微妙です。トランプさんはいろいろ言ってるけど。

 日米で言うならば、ソフトウェアや金融などを日本が輸入し、自動車や化学製品などを日本が輸出しているという単純な貿易の互恵関係がある一方、いわゆる外-外と言われる日系資本が中国やアジアへ進出して生産したものがアメリカへ輸出されるものもあるため、生産台数と国内販売台数を並べて450万台生産超過だ、これが全部アメリカに輸出されている、貿易摩擦だ、と言われてもピンとこないなあというのが正直なところです。


 なお、日米の自動車貿易についてはさすが主幹産業でして豊富なデータが揃っている界隈です。
 細かくは、自動車産業ポータルを観てね。

自動車産業ポータル MARKLINES
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_usa_2016

やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「自動車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK契約義務なら相応の番組作れ

    中田宏

  2. 2

    よしのり氏「グッディ!」を評価

    小林よしのり

  3. 3

    子宮頸がんワクチン 男も接種を

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    加計学園の建設現場で忖度自撮り

    田野幸伸

  5. 5

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

  6. 6

    中国人カキ殻100t投棄 どう対策

    高橋亮平

  7. 7

    トヨタとパナ社長が共同会見へ

    ロイター

  8. 8

    「日本が中国に完敗した」は暴論

    文春オンライン

  9. 9

    日本では皆が狙える年収1000万円

    永江一石

  10. 10

    現実見ない「中国スゴイ」に苦言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。