記事

高まる若者の有名人願望、3割近くが「なれるなら仕事をやめる」

J. Maureen Henderson ,CONTRIBUTOR

医師か弁護士か、それともユーチューバーか──?ミレニアル世代の若者たちに「将来は何になりたいか」と尋ねれば、医師や他の人から敬われる立場になることよりも、インスタグラムでダイエット用のお茶を宣伝して「有名になること」と答える人の方が多いかもしれない。

少なくとも、ソーシャルメディアを通じて優れた才能を発掘する「クラップイット(Clapit)」の調査結果からは、そうした傾向が読み取れる。主な結果調査は、以下のとおりだ。

・ 有名になれるなら今の仕事辞める ─25%以上
・ 弁護士になるより有名人になりたい ─30%
・ 医師になるより有名人になりたい ─23%
・ 大学の卒業資格を得るより有名人になりたい ─10%
・ 有名人になれるなら家族と縁を切ってもいい ─8%

ミレニアル世代にとっては、有名であることこそ本当の「文化資本(個人的資産)」なのだ。ただ、名前を知られることは必ずしも才能や長所に関連したものではなく、無数の利益を得るための取引に必要な自分自身の「担保」のようなものだ。

有名になるための障壁は、ここ数年で大幅に減少した。テクノロジー、特にソーシャルメディアの影響は大きい。有名になるには、かつては映画やテレビなどのメディアに登場したり、特定の分野のリーダーとして秀でた存在になったりすることで、信頼性を得る必要があった。

だが、現在では30歳以上の人たちの間でほぼ無名である一方、ユーチューブやインスタグラムの中だけでは「有名人」だという人たちの一つの「階級」が出来上がっている。この人たちは、その人気に乗じて若い消費者から利益を得ようとする企業から多額の報酬を得て、荒稼ぎしている。有名になることがあまりに簡単そうに見えるからこそ、ミレニアル世代はそうなることを熱望するのかもしれない。

Z世代はさらに「有名」を重視か

クラップイットの調査は対象をミレニアル世代に限定したものだが、その他の調査結果では、Z世代はより一層、ソーシャルメディアの影響を強く受けていることが示されている。

2014年に米誌バラエティが実施した調査によれば、13~18歳の若者たちの間で「メディアに登場し、最も影響力がある有名人」に挙げられた5人は、全員がいわゆる従来の「有名人」ではなく、ユーチューブの中のスターたちだった。

また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校が9~15歳の子どもたちを対象に行った調査では、ソーシャルメディアの利用が「有名であることの重要性」に関する考え方に大きく影響していることが確認された。

回答者の33%が、有名であることは自分の将来の成功に「ある程度」またはそれ以上に「重要だ」と答えた。そのうち「非常に重要」だと答えた子供たちのうち54%は、頻繁に自分の写真をソーシャルメディアに投稿し、掲載している情報を更新していた。

伝統的なアメリカンドリームの実現に向けた道を開くために、ホワイトカラーとしてのキャリアを築こうとすることはこれまでになく難しくなっている。一方、ほんの何回かのクリックで、自分の仕事や自分自身を何百万という人たちの眼前にさらすことはかつてなく簡単になっている。

編集 = 木内涼子

あわせて読みたい

「有名人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  2. 2

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    田原氏が語る民主党が消えた理由

    田原総一朗

  4. 4

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  5. 5

    衆院選で続出 赤面モノの珍言集

    文春オンライン

  6. 6

    英国でトラブル 日立は正念場に

    片山 修

  7. 7

    米も脱退 ユネスコはウソばかり

    中田宏

  8. 8

    報ステのアベノミクス批判は乱暴

    和田政宗

  9. 9

    加計学園問題の核心は解決済み

    石水智尚

  10. 10

    さんま 息子への愛情に感動の声

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。