記事

アメリカ人が働き始める時間を調べたら、驚きの結果が!

 平均的なアメリカ人はどんな働き方をしているのだろうか。外資系企業の勤務スタイルを想像して、きっと遅め(午前9時や午前10時)に働き始め、夕方早くに仕事を切り上げて家族との時間を大切にしているだろう、などと考える人も多いのではないか。しかし、データが示したアメリカ人の平均勤務開始時間は、そんな想像とは懸け離れた驚きの結果だ。

 以下のグラフは、American Community Survey(ACS)による調査をOverflow Dataによりビジュアライズしたものだ。グラフが示すのは、アメリカ人がオフィスに到着して勤務を開始する時間の15分ごとの分布だ。最も多いのは、午前7時45分から午前7時59分で、全米の労働者の7.5%がこの時間帯に勤務を開始している。また、午前7時から午前8時15の間に全米の労働者の33.4%が勤務を開始している。

What Time Do Americans Get to Work?

 想像していたよりも、アメリカ人の朝は早いと感じた人が多いのではないだろうか。Entrepreneurによると、スターバックスのハワード・シュルツCEOは毎朝午前4時半に起きて午前6時までにはオフィスに到着しているという。P&Gの前CEOのA.G.ラフリー氏も、午前6時半から午前7時の間にデスクに座っているという。アップルのティム・クックCEOは、午前4時半には起床してEメールで指示を出すという。アメリカのエグゼクティブは、一般的なアメリカ人よりもさらに朝が早いようだ。

 昨今、日本人の長時間労働が深刻な社会問題としてクローズアップされているが、米国の朝早くスタートして、早く切り上げ、家族との時間や余暇を満喫するワークスタイルというのも、一つの選択肢なのかもしれない。

(酒田 宗一)

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    庵野秀明 学校嫌なら逃げていい

    不登校新聞

  2. 2

    1台で4000戸分?EVは本当にエコか

    大西宏

  3. 3

    貴乃花の妻 女将からは評判最悪

    女性自身

  4. 4

    母子家庭の扶助減額は理解不能

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  5. 5

    小池劇場の終焉を天敵記者が激白

    AbemaTIMES

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏守り「満足」

    小林よしのり

  7. 7

    貴乃花への批判報道に妻が怒り

    女性自身

  8. 8

    清水建設問題 下請け告発で発覚

    山口利昭

  9. 9

    前原氏 民進分裂は後悔してない

    PRESIDENT Online

  10. 10

    貧乏暮らしが生活保護の基準か

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。