記事

【第4回】ベンチャー企業の決算説明会資料で個人的に気に入ってるもの2017新春

4回目になった定番「決算説明会資料」シリーズ。今回は7社だけ紹介します。もはやネット系以外もちらほら。次回は「ネット系以外の」になるかもしれない笑


1.アトラエ
アトラエ

去年上場したアトラエ。一般的なものよりも横が長い(縦が短い)サイズが特徴的。資料は深緑を基調にシンプルな色使い。イラストも良い感じ。


2.Gunosy
Gunosy

好決算のGunosy。情報量は結構多く、細かく作られている印象。


3.ユーザベース
ユーザベース

「SPEEDA」「Newspicks」のユーザベース。SPEEDA感あるネイビー、グレーな配色が良い。


4.LITALICO
LITALICO

個人的には今回一番好きな資料。基本はグレー配色なんだけど、ポイントで色を使っていて、カラフルだけどうるさくない。ところどころでかわいい。


5.ネクスト
ネクスト

好調な業績を反映するかのような勢いある資料。文字も図も強い。右肩上がり矢印に太字ドーンみたいな。こういう勢いも嫌いじゃないです。


6.ベガコーポレーション
ベガコーポレーション

多くの部分で水色のテキストを使い、爽やかな統一感があります。シンプルで良い。


7.インタースペース
インタースペース

アフィリエイト老舗のインタースペース。もっと強い感じの資料かと思ってたけど、意外とガーリーな色使い。女性向けメディアなどに注力してるからかな。



今回は以上です。以下がこれまでの「決算説明会資料」シリーズです。
【第1回】2014年9月公開(スタートトゥデイ、エニグモ、ユナイテッド、サイバー、リブセンス、DeNA、GMO PG、アドウェイズ、CROOZ)
【第2回】2015年8月公開(コロプラ、リアルワールド、弁護士ドットコム、ザッパラス、セレス、イード、オールアバウト、メディアドゥ、さくらインターネット)
【第3回】2016年4月公開(ブランジスタ、ベクトル、ペパボ、ピクスタ、ガイアックス、ロックオン、ファンコミ、メドピア、フルスピード)

あわせて読みたい

「決算発表」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バス旅番組巡る田舎叩きは的外れ

    川北英隆

  2. 2

    韓国の若者「日本の給料は安い」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    武蔵小杉にみるタワマンの問題点

    ヒロ

  4. 4

    暴行慶應生 親族企業で役員の顔

    SmartFLASH

  5. 5

    サウジ記者殺害 米IT企業が窮地?

    幻冬舎plus

  6. 6

    眞子さま 小室さんと出会い変化

    文春オンライン

  7. 7

    世界大学ランク 数では日本が2位

    ベネッセ 教育情報サイト

  8. 8

    下ネタOK ガッキー30歳の新境地

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ダム決壊 韓国紙が東電に難癖

    tenten99

  10. 10

    福原愛を支え続けた母に反省の念

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。