記事

マット・カッツ氏が正式にGoogleから退職を発表。

この業界で働いていれば、誰でも一度は名前を聞いたことがあるでしょう。Google社員のマット・カッツ氏が、正式にGoogleを退職されたようです。近年はあまり表に出ることも少なく、政府系機関で働いているという情報はありましたが、この度正式にこちらの仕事に専念することを発表しました。Googleのアイコン的な存在でありましたが、新しい職場での幸運をねがっております。– SEO Japan

マット・カッツ氏はUSデジタルサービスのエンジニアリング・ディレクターとなる。2014年以降Googleから遠ざかっていたが、2016年の最後の日に、彼は正式に退職した。

matt-cutts3-1920-800x450

元Googleのサーチクオリティチームのトップであったマット・カッツ氏が、2016年12月31日をもって、Googleから退職したことを発表した。氏はUSデジタルサービスで働き続けることを決断し、この政府機関のエンジニアリング・ディレクターに任命されている。

マット・カッツ氏がGoogleから休暇を取得したのは2014年のことだった。その後、すぐにこの休暇期間を延長している。また、2015年5月に、サーチクオリティチームのトップという肩書を降ろし、依然、休暇期間中であると認めていた。

2016年の中頃から、USデジタルサービスで働き始めている。この仕事を非常に楽しんでいるようで、このUSデジタルサービスで働くことを公式に認めた。現在、彼はGoogleを休職しているのではない。USデジタルサービスのエンジニアリング・ディレクターとして働いているのだ。

マット・カッツ氏は自身のブログで、下記のように述べている。

政府機関で働いても、シリコンバレーの巨大な企業ほど給料をもらえるわけではない。無料のランチがついているわけでもないし、ここで働く多くの日々が、非常にストレスを感じるものだ。しかし、この仕事は非常に重要で刺激的なものであり、純粋に人々の生活を良くするための仕事に就くことができる。数年前からここで働く友人に言わせると、「この5年間は最も難しく、最悪であり、しかし最高の5年間であった。今までで一番報われたと考えているよ」、ということのようだ。

マット・カッツ氏はGoogleの最初の100人の従業員の1人である。検索マーケティングの業界では最も知られているGoogle社員の1人である。カンファレンスでたびたびスピーチを行い、計り知れない貢献をこの業界とGoogleに提供してきた。しかし、彼にとって次のステップへと進む時が来たようだ。Googleでの諸問題を解決するのではなく、この巨大な政府機関で働く決断をしたのだ。

下記にマット・カッツ氏が紹介してい動画を掲載しておく。USデジタルサービスの仕事がどれほど重要であるか、説明している動画である。

【SEO Japanによる追記】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年SMX Westにて。

この記事は、Search Engine Landに掲載された「Matt Cutts officially resigns from Google」を翻訳した内容です。

記事中にもありましたが、業界とGoogleに非常に多くの影響を与えた方です。SEO Japanとして参加したカンファレンスで何回かお話しさせていただく機会がありましたが、非常に明るく丁寧な方で、多くの人に愛される人柄であると感じました。2016年に参加したSMX Westでは、Google Danceにも顔を出しており、一緒に写真を撮ったのはいい思い出です。(このGoogle Danceの開催にはゲイリー・イリェーシュ氏が尽力していただいたそうです。)今後は検索業界から離れることとなりましたが、別の機会でお会いすることを楽しみにしています。– SEO Japan

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    クロ現「縁切り死」特集に大反響

    キャリコネニュース

  2. 2

    リスク取らずの進次郎は負け組

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  3. 3

    裏切り続けた石破氏へ厳しい現実

    門田隆将

  4. 4

    「年収400万円の底辺」に違和感

    キャリコネニュース

  5. 5

    安倍首相の粛清に怯える議員たち

    NEWSポストセブン

  6. 6

    総裁選の敗北者に待つ悲惨な末路

    文春オンライン

  7. 7

    NHK桑子アナのコメント力に苦言

    メディアゴン

  8. 8

    ひろゆき流 不味いタバコで減煙

    西村博之/ひろゆき

  9. 9

    新潮45を解説 不買運動に疑問

    山口浩

  10. 10

    大卒の給料はなぜ高卒より高いか

    シェアーズカフェ・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。