記事

誤報大賞「毎日新聞 憲法のある風景」

1/2
IMG_3226

Japan In-depth 編集部(井上紗希)

Japan In-depthと日本報道検証機構 GoHoo とのコラボ企画。楊井人文代表をゲストに迎え、2016年誤報ワースト5について聞いた。

ワースト5 「安倍首相、初の真珠湾訪問」

今月の6日に〝28日、安倍首相が真珠湾を訪問〝と報じられた。現職の総理大臣としては初の真珠湾訪問と各メディアが揃って報じた。しかし実際、現職として初めて真珠湾に訪れたのは、1951年の吉田茂首相である。読売新聞の記事のみ、この事実が書かれていたと楊井氏は述べた。

51年に吉田首相が真珠湾訪問した当時、このことを記事化したのは、読売新聞とAP通信のみ。さらに外務省も記録に残していなかったという。訂正記事を出したのは朝日のみで、その他各社は、政府の追認があってから、追加記事という形で、吉田茂首相訪問の事実を報じた。

現職の総理大臣が真珠湾訪問という重大なことにもかかわらず、このような誤報がされたことについて、楊井氏は「65年前のことを忘れてしまうのは良くないこと」と批判し、さらに安倍編集長は「世紀の誤報」と述べ、メディア各社に反省を求めた。

 

ワースト4「中日新聞 新貧乏物語ねつ造事件」

中日新聞が2016年のキャンペーンとして力を入れていた連載、「新貧乏物語」。5月19日付で「病夫 絵の具800円重く」という記事が出た。記事の内容は、“貧しい家族の父が、病で倒れ仕事を失い、母がアルバイトで家計をやりくりしているものの、中学生の娘に800円の絵の具すら買ってあげることができない。”というものであった。

しかしこれらのエピソードは記者のねつ造であったことが判明した。記者は取材で得たエピソードに、事実とは異なったエピソードを付け加えたそうだ。同年10月、ねつ造記事が出た約5ヶ月後に中日新聞は訂正記事を出した。記者は「原稿をよくするために、想像して書いてしまった。」と謝罪。後日、見開き2面の検証記事も出された。

あわせて読みたい

「毎日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ドラッグストアがセブンを淘汰か

    MAG2 NEWS

  2. 2

    若く見せたい男が注意すべき3点

    内藤忍

  3. 3

    野田前首相 愛媛知事を招致せよ

    野田佳彦

  4. 4

    なぜ民放コント番組は消滅したか

    メディアゴン

  5. 5

    教養教育を軽視する日本の問題点

    SeaSkyWind

  6. 6

    老舗かまぼこ店が起こした大改革

    MAG2 NEWS

  7. 7

    NHK記者左遷が事実なら抗議する

    阪口徳雄

  8. 8

    日銀が敗北宣言 貧乏になる日本

    MONEY VOICE

  9. 9

    公明・山口氏 内閣支持率は脆弱

    ロイター

  10. 10

    自民議員「行政歪められてない」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。