記事

【ダボス会議の主役】

ダボス会議で中国の習近平国家主席が演説しました。メインの巨大な会場に人が入りきれず、オーバーフローした時に備えて用意された"パブリックビューイング"のための会場2つでも収容しきれず注目度大!

アメリカのトランプ次期大統領の名前こそ出しませんでしたが、「経済のグローバル化(economic globalization)をめぐり熱い議論が行われているが、きょうはこれについて話したい」と冒頭に述べた段階で、メッセージの相手は明らかです。

要旨は

■世界の問題を経済のグローバル化のせいにするのは無意味だ。

■中国はWTO=世界貿易機関への加盟に先立ってグローバル化に懐疑的なところもあったが、グローバル化という巨大な海を泳ぐことにした。グローバル化の巨大な海は避けて通れないのだ。湖や川を作って孤島に立てこもることは無理だ。

■他国の利益を犠牲にしてでも自らの国益を追求するのは避けるべきだ。

■中国は自由貿易と投資にコミットしている。

保護貿易主義にノーと言う。

■通商戦争に勝者はいない。

■次世代のためにすべての国がパリ協定を遵守するべきだ。

■貿易を有利にするために通貨・人民元を切り下げるようなことはない

英語で聞いていても自信満々でしたが、友人によると中国語ではさらに大胆な印象が強いかったようです。言ったことを国際社会に公約したことになります。

途中、後ろのライトが消えました。誰かが怒られたんだろうなぁ。

影の主役はどう応じるのか。直後にトランプ政権移行チームのAnthony Scaramucciのセッションがありました。冒頭、習近平主席の演説の感想を聞かれて「聞いていなかった」と素っ気なし。

その上で「力強い米中関係が必要」「アメリカは決して通商戦争を望んでいない。求めているのは自由で公正な貿易だ」と発言しました。

あわせて読みたい

「ダボス会議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  2. 2

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  5. 5

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

  8. 8

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  9. 9

    オタクの「古参=偉い」に違和感

    キャリコネニュース

  10. 10

    検挙も困難 仮想通貨の市場操作

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。