記事

「誕生学」でいのちの大切さがわかる? - 精神科医 松本俊彦

2016年7月25日発行の書籍『子どもを守るために知っておきたいこと』における、「誕生学」に関する松本俊彦先生の原稿をご紹介します。本書に対しては、同年8月10日付で公益社団法人誕生学協会から弊社宛に引用の誤りなどを指摘する通知書が届きました。その際には一部引用の誤りがありましたので、速やかに3刷までの出庫を停止し、著者である松本俊彦先生によって訂正を加えた改訂4刷を発行するという対応を取りました(論旨に変更はありません)。

 「誕生学」と呼ばれるプログラムをご存じでしょうか?

 これは誕生の素晴らしさを伝えることで自尊感情を育み、いじめや青少年の自殺、親子の愛着形成不全を防止し、次世代育成支援を目的としたライフスキル教育プログラムだといいます。最近では、生命尊重学習からいじめ・自殺・性被害と予期せぬ妊娠予防について、学校とも連携しているそうです。

 しかし、肝心の自尊感情を高める効果についていえば、その根拠となるような長期的な転帰調査の結果はありません。公式サイトに示されているのは、誕生学プログラムを受けた子どもたちのアンケート結果(※1)ですが、たとえば「命はとても大切であると思う」「私は生まれてきて良かった」などのアンケート項目の得点が、5段階評価で平均0.05点とか0.17点とか上昇したといわれても、そんな誤差範囲内の変化では有効性の傍証にさえなりません。

 そして、意外に思われるかもしれませんが、自殺予防の専門家の多くが、「この手の自殺予防教育が最もマズイ方法である」と口を揃えて断言しています。なぜでしょうか?

 その理由を述べる前に、寄り道をさせてください。自傷の話です。

 近年、中学生・高校生のあいだでは、自傷が問題となっています。自傷とは、自殺以外の意図から自らの体を傷つける行為のことで、最もよく知られているのは手首や腕の皮膚を浅く切りつける、いわゆるリストカットと呼ばれるものです。私の調査によると、中高生の約1割にリストカットなどの自傷経験があるとわかっています(※2)。

 自傷ほど誤解されることの多い行動もありません。大人たちはともすれば、「甘えている」、「弱い」、「人の気を惹こうとしている」と捉えがちですが、それは違います。じつは自傷の多くは、怒りや不安、絶望感といったつらい感情をやわらげるために行われます。自傷を繰り返す子どもの96パーセントは、ひとりきりの状況で自傷におよび、そのことを誰にも告げないこともわかっています。つまり、自傷とは、周囲の関心を惹くのとは正反対で、むしろ困難な状況において独力で生き延びるための行動なのです。

 なぜ彼らは人に助けを求めないのでしょうか?

 おそらくその子の周囲には、「この人ならば信頼できる」と感じることができる大人がいないか、あるいは、その子が自分のことを「価値がない存在、生まれてこないほうがよかった人間」と考えていて、「こんな自分のために忙しい大人の手を煩わせてはいけない」と考えているのでしょう。もしかすると、かつて勇気を出して大人に助けを求めたものの、「つらい状況は何も解決しなかった」、「もっとひどい目にあった」という体験をしている可能性もあります。

 では、自傷経験のある1割の子どもには、どのような特徴があるでしょうか。私の調査では、自傷経験者は早くから飲酒や喫煙の経験があり、市販薬の乱用経験者も多いことがわかっています。また、身近に薬物経験者が多く、自身も誘いを受けた子が少なくありませんでした。以上のことは、1割の自傷経験者は薬物乱用のハイリスク群であることを意味します。

 しかし、最も驚いたのは、私が過去に行った「ダメ、ゼッタイ」的な薬物乱用防止講演に対する、彼らの感想でした。というのも、自傷経験のない生徒の大半は私の講演に対して「薬物は怖いと思った」、「絶対に手を出さないと決心した」という模範的な感想を書いていたのに対して、1割の自傷経験のある生徒はそろいもそろって「健康を損なうのは自分だから、薬物を使うのはその人の勝手」という虚無的な感想を書いていたからです。

 じつは、この「健康を損なうのは自分だから、薬物を使うのはその人の勝手」という言葉は、薬物依存症患者の決まり文句です。すでに飲酒や喫煙を経験し、身近に薬物がある子どもほど、そうした虚無的な感想を抱いているわけです。このことは、私が行った「ダメ、ゼッタイ」的な講演は、一番薬物に近い子どもに届かなかった可能性が高いことを意味しています。

 考えてみれば、学校の教壇に立ち、あるいは講演会の講師として登壇する大人の多くは「9割側」の子どもだった人たちです。そういった人たちのメッセージは、「生きづらさ」を抱える子どもを無視した「幸せな大人の自己満足」になってしまう危険性があるのかもしれません。

 先に述べた1割の自傷経験者には、ほかにも様々な特徴がありました。たとえば、女性の場合には拒食や過食といった摂食障害傾向、あるいはセックス――それもコンドームを使わないセックスや、援助交際のような不特定多数とのセックスの経験者が多くみられました。

 要するに1割の子どもは、自傷や飲酒・喫煙、市販薬乱用、摂食障害傾向、危険なセックスなど、様々な「故意に自らの健康を害する行動」を抱えており、その意味で生き方全体が「自傷的」だと言ってよいでしょう。実際、米国の研究では、10代の子どもにこうした行動がひとつあるだけで近い将来における自殺行動のリスクが2.3倍高くなり、ふたつあると8.6倍、6つあるとなんと277.1倍にまで跳ね上がることがわかっています(※3)。

 しかし、私は、この多方向に「自傷的」な子どもたちが抱えている問題の中で、最大の自傷とは、リストカットでもなければ、拒食・過食でも市販薬乱用でも危険なセックスでもないと考えています。最大の自傷とは、「つらいときに人に助けを求めないこと」、すなわち援助希求能力の乏しさです。これこそが、彼らの自殺リスクを高める根本的原因と言ってよいでしょう。

 ここで冒頭の問いに戻ります。つまり、「誕生学」のような「いのちの大切さ」を伝える自殺予防教育がなぜマズイのかという問いです。最大の問題は、自殺予防教育が「道徳問題」にすり替えられている点です。

 すでに1割の子どもたちは自分を傷つけており、高い自殺リスクと「援助希求能力の乏しさ」という特徴があります。そのような子どもたちが、「いのちの大切さ」という道徳的な講演を聞いて、「よし、勇気を出して担任の先生に相談してみよう」という気持ちになるでしょうか?

 まさか。むしろ、いっそう助けを求めることを躊躇するようになるでしょう。

 それどころか、1割の自傷経験者はこう思うでしょう。「いのちが大切ならば、なぜ自分ばかりが殴られ、いじめられてきたのか」、「なぜ『あんたなんか産まなきゃよかった』と言われるのか」と。自殺リスクの高い子どもの多くは、家庭や学校で様々な暴力や自らを否定される体験にさらされる中で「人に助けを求めても無駄だ」と絶望しています。そんな子どもたちにとって、「いのちの大切さ」などという言葉は気休めにもなりません。  

 断言します。自殺予防のために必要なのは、道徳教育ではなく、健康教育です。それは、1割の少数派の子どもたちに「つらい気持ちに襲われたとき、どうやって助けを求めたらいいか」を教え、9割の多数派の子どもたちに「友だちが悩んでいたら、どうやって信頼できる大人につなげたらいいか」、「そもそも信頼できる大人は、一体どこにいるのか」を教えることです。

 それでは最後に、私たちはどうすれば「信頼できる大人」になれるのでしょうか?

 「誕生学」の創始者、大葉ナナコ氏の著書『Life 誕生学の現場から』には、「死ね」が口癖になっている子どもへの対応の提案が、以下のように書かれています。

 まずは、その子どもを抱きしめて、ちょっとユーモラスに「そ~んなことを言わないでよ~。もったいないよ~。だって死ぬって生まれることの反対だよ」と言ってあげてはいかがでしょうか。ふざけながら抱きしめているように見えて、ギュッと抱きしめてあげたら、「こんなに抱きしめてくれる先生が嫌だという言葉なら、ちょっと言うのは控えようかな」と思ってくれるかもしれません。

 この対応方法の問題点はどこか、あなたにはわかりますか?

 子どもの「死ね」という言葉の背後には、「死ぬ」という思いがある可能性があります。事実、攻撃的な子どもほど、その攻撃性が自身に向かって自傷におよんだり、自殺念慮を抱いたりする者が多いことが明らかにされています(※4、5)。私自身の臨床経験をふりかえっても、やたらと「死ね」と口走る子どもは、周囲から自身が「死ね」と言われている場合も少なくありません。それどころか、そうした言葉を浴び続ける中で、「自分には生きている価値がない」と思い込み、自暴自棄から周囲に攻撃的になる一方で、内心では「死にたい」という思いを募らせています。つまり、「死ね」と「死ぬ」は、あたかもコインの表裏のような関係にあるわけです。ですから、ただ「死ね」という言葉を口にさせなければいいわけではありません。

 「死ぬ」、「死にたい」と言った場合はどうでしょうか。口にしてはいけないと禁止すべきでしょうか?

 まさか。そもそも、心の中が100パーセント、「死にたい」気持ちで埋め尽くされていたならば、わざわざ誰かに伝えたりせずに黙って行動に移します。言い換えれば、誰かに「死にたい」と告げるのは、「死にたいくらいつらいけど、もしもそのつらさが少しでもやわらぐのであれば、本当は生きたい」という気持ちがあるからです。だから私たちは、その発言を子どもからのSOSとして捉えなければなりません。「死ね」でも同じです。

 信頼できる大人は、大人にとって不都合な言動を単純に禁止しません。きれいごとを言い聞かせもしません。大事なのは、子どもの言動の原因です。「死ね」でも「死ぬ」、「死にたい」でも、「もしも話せそうなら教えてほしいのだけれど」という謙虚な言葉で、言動の背景にある問題を探り、できればその問題の解決に向かって子どもと一緒に考えることが必要でしょう。

 もちろん、問題の解決は容易ではないかもしれません。しかし、大切なのは、「死ね」や「死ぬ」といった言葉に耳を傾けてくれる大人との関わりの積み重ねです。そうすれば、たとえ「いのち」の意味はわからなくても、自分や他人を大切にすることを自然に学んでいくはずです。

 すべての子どもが美辞麗句で飾り立てられたおとぎ話の中に自分の姿を見いだせるわけではありません。いや、もっとはっきりいいます。生きづらさを抱えた子どもに必要なのは、「いのちが大切」と説くおとぎ話ではなく、「あなたが大切」と感じさせてくれる人とのつながりです。

※1 https://tanjo.org/pdf/tanjogakuBook.pdf
※2 Matsumoto T, Imamura F: Self-injury in Japanese junior and senior high-school students: Prevalence and association with substance use. Psychiatry and clinical neurosciences 62: 123-125, 2008
※3 Miller TR, Taylor DM(2005)Adolescent suicidality: Who will ideate, who will act? Suicide Life-Threatening Behavior 35: 425-435
※4 Centers for Disease Control and Prevention (CDC): Suicide attempts and physical fighting among high school students--United States, 2001. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 11; 53: 474-476, 2004.
※5 松本俊彦, 岡田幸之, 千葉泰彦, ほか: 若年男性における自傷行為の臨床的意義について: 少年鑑別所における自記式質問票調査. 精神保健研究 19: 59-73, 2006


各分野の専門家が伝える 子どもを守るために知っておきたいこと
宋美玄 姜昌勲 NATROM 森戸やすみ 堀成美 Dr.Koala 猪熊弘子 成田崇信 畝山智香子 松本俊彦 内田良 原田実 菊池誠
株式会社メタモル出版 (2016-07-25)

あわせて読みたい

「子育て」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    おっぱい見せて グラドルの悩み

    倉持由香

  2. 2

    堀江氏「デキないやつは切れ」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    米国が北朝鮮に攻撃できない理由

    NEWSポストセブン

  4. 4

    橋下氏「安倍政権は裏目裏目に」

    橋下徹

  5. 5

    NHKスペのAI番組はエセ科学か

    メディアゴン

  6. 6

    「夫の○○が入らない」は普通

    (チェコ好き)

  7. 7

    「行政歪んでいない」答弁で証明

    足立康史

  8. 8

    首相 加計申請認識の発言は賭け

    郷原信郎

  9. 9

    カネ払わぬ「観光公害」な訪日客

    PRESIDENT Online

  10. 10

    日本人の元号離れは次で決定的に

    Bill McCreary

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。