記事

トランプが下院共和党の国境税調整に「複雑すぎだ!」 しかしトラ様は天使にあらず トランプ案の関税は、もっと高いぞ

ウォールストリート・ジャーナルによるとドナルド・トランプが下院共和党の策定した国境税調整(=実質的に20%の関税)に対し「その言葉を聞くたびに嫌悪感が出る」とdisったそうです。

トランプによれば下院共和党の国境税調整は「複雑すぎ!」だそうです。

それではトランプ案はどうなっているか? といえば、法人税は一律15%とし、国境税調整はナシ。その代り海外に工場を建て、そこで生産した製品をアメリカに持ち込もうとする企業には35%の関税をかけるとしています。

WTOのルールでは、特定の企業をターゲットにした関税というのは認められていません。だからトランプ案を実現しようと思えば、アメリカはWTOを脱退することになります。

まあ「NAFTAをやめる」、「NATOも時代遅れだ」と過激なことばかり言っているトラ様のことなので、WTOをガン無視するのは驚くに値しないとも言えますが(笑)

またトラ様の場合、「中国製品には45%の関税をかける」とも言っているわけで、それなら下院共和党の国境税調整よりもっと極端です。

これは余り知られてないことですが、「中国製品に45%の関税をかける!」ということは、なにも議会を経由して立法化しなくても、トラ様の一声、つまり大統領令で出来てしまいます。

だから議会がヌルい審議をしていたら、トラ様がそれをスッ飛ばして、いきなり暴挙に出るというシナリオもゼロとは言えないのです。その根拠になっているのは1974年通商法(The Trade Act of 1974)です。

そこではまずアメリカ合衆国通商代表部(USTR)が他国の貿易のやり方を不公正だと認定します。

USTRは大統領府の中に設けてあるため、実際には大統領の思うとおりに動くと思われます。ちなみにドナルド・トランプはUSTR代表に対中強硬派のロバート・ライトハイザーを据えています。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「バイキング」を叩け

    小林よしのり

  2. 2

    美濃加茂市長判決で司法の闇見た

    郷原信郎

  3. 3

    都民ファが都議賞与UP阻止に反対

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    元力士が語る「八百長」の現場

    SmartFLASH

  5. 5

    「怒鳴って当然」高齢者の言い訳

    NEWSポストセブン

  6. 6

    タモリ「鶴瓶は偽善」盟友に本音

    メディアゴン

  7. 7

    ひとり親 物価高いが文京区選ぶ

    駒崎弘樹

  8. 8

    時給400円 人気女性ブランド炎上

    キャリコネニュース

  9. 9

    立民執行部は「菅内閣そのもの」

    文春オンライン

  10. 10

    JTBを筆頭に死にゆく旅行代理店

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。