記事

「物語」で競いあう炊飯器

ニーズが多様化し、市場が細分化されてくると、できるだけ付加価値の高いカテゴリーでポジション取りを目指すというのもマーケティングの王道のひとつです。しかし、それを実現するためには、開発の根っこの部分としてのコンセプトづくりから発想の転換が必要になってきます。ネットという「買い場」が広がったことも、エッジの立った製品を成り立つ背景になっています。「この指止まれ」型のマーケティングといえるのかもしれません。

その代表例のひとつが、「世界一、素材本来の味を引き出す鍋」としてメイドジャパンの高級鋳物ホーロー鍋で話題になったバーミキュラです。数万円と高額にもかかわらず人気の高い鍋です。今は簡単に手に入りますが、少し前までは予約して1年以上待たなければなりませんでした。そして、物によっては2,000円程度でも買えるオーブントースターで、その10倍の価格、25,000円で登場したバルミューダのスチームオーブントースターも同じで、大ヒットししています。

「バーミキュラ」と「バルミューダ」。マーケティング・スタイルも名前も似ています。

いずれも、会社そのもの、開発の姿勢、そして製品にも物語があり、使う人たちの心にあたたかいサムシングを伝えてくれています。とくにバルミューダのトースターは、パリッと美味しく焼けるというだけでなく、焼きあがるまでの体験を膨らませてくれる仕掛けがあり、それが価値をさらに高めています。

「売りたいのはトースターではなく、美味しいトーストを食べるという体験」、「消費者はモノにカネを払うのではなく、体験にカネを払う」という発想です。それがネットで伝わり広がっていくことにつながってきます。

その両社が、家電のなかの激戦区の炊飯器にチャレンジしはじめました。日本は、炊飯器のレベルが高く、中国や韓国の人たちからも高い評価を受けていることは言うまでもないのですが、そこに体験価値、台所から食卓を豊かにするという「コトの価値」をどう実現するのかです。
バルミューダ炊飯器を土鍋派記者が辛口評価:日経ビジネスオンライン : 

鋳物ホーロー鍋の炊飯器「バーミキュラ ライスポット」は価格が79,800円。先行予約開始から約1カ月半で、受注数がはや15,000台を突破したそうです。BALMUDAのキッチン家電第3弾「BALMUDA The Gohan」は41,500円(税別)で2月下旬からの出荷です。
バルミューダの新作家電は3合炊き・保温なし・4万円の炊飯器。 究極のお米のために、あえて機能を削ぎ落としたその訳とは?|ギズモード・ジャパン : 

どちらにも保温機能がありませんが、それは、狙うライフスタイルを絞っていることの証でしょう。物語で競い合うこの2つの炊飯器ですが、規模を狙わず、ターゲットを絞ることで、尖った価値の実現を追求する開発やマーケティングが新鮮です。

あわせて読みたい

「炊飯器」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ団体の無茶な主張に呆れ

    宇佐美典也

  2. 2

    議員秘書が明かす蓮舫氏の悪評

    fujipon

  3. 3

    発言捏造? 水原希子の動画を検証

    西村博之/ひろゆき

  4. 4

    橋下氏「北対策はヤクザに聞け」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    解散を要求していたのは野党側

    和田政宗

  6. 6

    キンコン西野「素人の演出迷惑」

    メディアゴン

  7. 7

    よしのり氏「山尾氏は謝罪不要」

    小林よしのり

  8. 8

    民進・岡田氏 解散の違憲性指摘

    岡田克也

  9. 9

    豊田議員糾弾は大衆によるリンチ

    小林よしのり

  10. 10

    姜尚中氏語る「戦争回避」の道筋

    亀松太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。