記事

京大発ベンチャーEV量産! なぜ幻のスポーツカーが蘇ったか

1/2
ジャーナリスト 吉村克己=文 GLM=写真提供

幻のスポーツカーと言われた「トミーカイラZZ」がEV(電気自動車)として蘇った。製造販売するのはGLMという従業員22人のベンチャー企業だ。39歳ながら小間裕康社長は100社以上もの国内サプライヤーと提携し、日本発のEVメーカーとして自動車業界に風穴を開けようとしている。

京大発! ベンチャーでも自動車産業に参入できる

小間裕康・GLM社長

そのEV(電気自動車)スポーツカーの加速性能は驚きだ。アクセルを踏み込むと、思わず身体がのけぞるほどのパワーでスピードが上がる。発進からわずか3.9秒で時速100kmに達するという加速力で、ガソリン車の高級スポーツカーをしのぎ、レーシングカーのような走りを体感できる。一切、電子制御がないのでアクセル、ブレーキ、ハンドルの操作感や路面の振動が直に五感に伝わり、車との一体感を持てる。

GLMが2015年10月から量産を開始した「トミーカイラZZ」は、税抜き800万円、限定99台で売り出し、予約販売で納車が進んでいるという。公道を走れる型式認証を取得し、99台限定とは言え、EVスポーツカーを量産したのはGLMが日本初である。

GLMは京都大学のプロジェクトから始まった従業員22人のベンチャー企業だ。この快挙を成し遂げた社長の小間裕康(39歳)は、まだまだこれは皮切りだと冷静に話す。

「小さなベンチャー企業でも自動車産業に参入できることを今回、示すことができました。製造業ではベンチャーの柔軟な発想を活かすことが時代の流れなのに、自動車産業では無理だろうと日本人は自ら天井を決めつけてしまいがちです。私たちはそれを一つずつ取り除きながら事業を進めてきました」

トミーカイラZZは、京都のトミタ夢工場創業者の冨田義一が開発したスポーツカーで、1997年に発売開始し、99年までに206台が製造販売された。当時、イギリスで生産され日本に逆輸入された。同社は2003年に倒産し、幻のスポーツカーと呼ばれた。小間はこの冨田と出会って、その姿の美しさや冨田の想いと車名・ロゴマークを引き継ぎ、EVとして内部から外観まで新たに開発した。冨田は現在、同社の社外取締役だ。

神戸生まれの小間だが、EV開発では京都にこだわっている。冨田が京都で始めたように、小間は舞鶴市にある小阪金属工業という部品加工メーカーを委託生産の拠点とし、サプライヤーから集めた部品を専属スタッフが加工、組み立てし、出荷する。

当初、京都に集積する電気部品メーカーの協力を得ながら開発を進め、現在では大手メーカーも含めて100社以上のサプライヤーとネットワークを組み、生産している。まさに国産EVである。産業用ロボットなどを作る大手電機メーカーの安川電機とは資本・業務提携し、モーター・インバーターの共同開発も行っている。

プラットフォーム販売のビジネスモデル

2016年12月にトヨタ自動車が、EV開発の社内ベンチャーをグループから集めた4人の社員で発足させたと話題になった。

「それより、うちの方がエンジニアの数が多い。トヨタに負けていませんね」と、小間は笑い飛ばす。GLMのエンジニアは現在12人。確かに負けていない。しかも、その顔ぶれを聞くと驚く。

幻のスポーツカー「トミーカイラZZ」がEV車として復活。

技術本部の本部長である藤墳(ふじつか)裕次は、トヨタのレクサス部門で7年間、車台の設計を担当した課長だったが、小間の試みを知った2010年にGLMのホームページから「入社したい」とメールを送った。当然、同僚や周囲、親も反対した。藤墳は給料が3分の1に減っても、車全体を一から作りたいと2011年に入社した。

「藤墳が技術、僕がマネジメントと二人三脚でやってきました。彼がいたからこそ、部品メーカーも納得してくれたのです」と小間。

藤墳以外にも大手の椅子を蹴って、駆けつけたカーエンジニアたちが多い。小間の言う「とんがった連中」は、巨大メーカーの歯車でいるより、新しいEVを作るということに面白さを感じたのだろう。スタッフばかりではない。部品メーカーたちも興味を感じて、飛び立てるかどうかわからない小さなベンチャー企業に協力した。

「まず高級EVスポーツカーに商品を絞ったことで、客層も明確になりました。部品メーカーなどサプライヤーの担当者の皆さんもそこに面白さを感じてくれたようです。何か新しい車が生まれるというワクワク感ですね。ただ、商売になるかどうかも会社としては気になるところです。幸いなことにGLMを設立した2010年は、ちょうどEVの黎明期で、部品メーカーもEV用部品を検討、開発していた時期なんです」

当時、大手自動車メーカーはまだEVに乗り出す気はなかった。そこに、高性能のスポーツカーを作りたいというベンチャーが現れたものだから、テクノロジー・ショーケースやテストマーケティングとしては部品メーカーにとって都合がよかったというわけだ。

しかも、GLMは完成車だけを売るのではなく、ベースとなるプラットフォームを販売するビジネスモデルも考えていた。これが魅力的だった。プラットフォームというのは、フレーム、シャーシ、ステアリング、サスペンションにモーターやバッテリーなどのパワーシステム、そして制御コントロールユニットを指し、それらをパッケージ化して販売する事業だ。

ボディはユーザ企業が自由にデザインし、GLMが設計を含めて開発委託を受け、ユーザ企業の工場で生産する。あるいは、プラットフォームだけ提供することも可能だ。

「従来の自動車産業の系列システムから新たなエコシステムへ移行するのです。これならば自動車と縁がない企業でもEVを生産できるようになります。現在、アジアの大手自動車メーカーやサービス会社から引き合いがあり、試作している段階です。国内企業からも少しずつ引き合いが増えてきました」

あわせて読みたい

「ベンチャー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    都顧問 小池都政なければ大混乱

    上山信一

  5. 5

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  9. 9

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  10. 10

    音喜多氏「小池氏演説は攻撃的」

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。