記事

【激変期のリーダーの責任】

17日から世界経済フォーラムの年次総会=ダボス会議がスイスで始まります。中国の習近平国家主席の出席が注目されていますが、FTは、ダボス会議の最終日(20日)がトランプ大統領の就任式が重なることをシンボリックと評しています。

グローバル化・通商・テクノロジーの進展を巡ってダボス会議とトランプ氏が正反対の立場で、嫌悪感はお互いさま(The distaste is mutual)とも。

先だって世界経済フォーラムのシュワブ会長のメッセージが公表されました。A call for responsive and responsible leadership (しなやかで責任あるリーダーシップを求める)。

「リーダー不在の時代」と言われますが、「今こそ真のリーダーが求められている」と訴え、真のリーダーとは何かを説明します。考えさせられる内容です。

ざっくりした第要です。

リーダーは、物事にしなやかに対応し、責任をもって行動しないといけない。いま、不透明で混乱した大転換期にあることを理解しないといけない。

多くの人たちが心もとない状況にあり、激変する世界の中でアイデンティティや生きる意味を求めている生きる目的を再度見つけたいと思っている。

リーダーはかつてないほど責任を問われる。勇気と物事を成し遂げるコミットメントが必要であり、問題の幅広さと複雑さを正直に説明すること、さらに積極的に解を探し、核心となる価値観をもとに行動を起こすことも必要だ。

過去の遺産や感情の錯綜に直面する中で今日のリーダーが適切な決断をすることは非常に難しい。「基本に戻る」という程度では困る!

道なき道を歩むのだという認識が不可欠だ。現状維持の姿勢やリーダーそのものも問われている。これをやり遂げるには、リーダーは自らの羅針盤として相手を思いやる気配りと共感の心、さらに価値観とビジョンが必要である。

気配りと共感の心なくしてリーダーはしなやかに対応できない。価値観とビジョンなくして責任あるリーダーシップは発揮できない。

究極的に我々は価値観、ビジョンそして行動によって評価される。特権がある者がリーダーになるわけではない。信頼を得た者がリーダーなのだ。

2017年の社会的課題に立ち向かうには4つの視点があると考える。いっそうの経済成長、より多くの人たちを包み込むような市場システム、第4次産業革命の実践、国際協力の枠組みの再構築。

①いっそうの経済成長

リーダーは一刻も早く世界経済を再活性化させないといけない。世界の人口が伸びる一方で生産がどんどん自動化される中で、望まない移住といった社会の崩壊が起きないようにするためには、いっそうの経済成長が カギとなる。とりわけ、起業、イノベーション、そしてつながること=コネクティビティ が成長をけん引する。

②より多くの人たちを包み込むような市場システム

リーダーは市場経済の中で、より多くの人たちが恩恵を受けられるようにしなければならない。ポスト産業の時代を見据えて、循環経済(circular economy)やシェア経済 (shared economy)の要素を取り入れないといけない。

③第4次産業革命の実践

リーダーは第4次産業革命がもたらす大きな変革と労働市場への影響に備えないといけない。人工知能や遺伝子操作の出現、データの保有者、データ保護などの倫理面の影響も考えないといけない。経済や社会の発展を測る尺度も再考しないといけない。

④国際協力の枠組みの再構築

世界は相互依存となっている。直面する課題を解決するには世界のあらゆる人たちの包括的な協力が欠かせない。リーダーは世界全体の人々、さらには自然のことを考えて妥協することも必要だ。

いま生きる世界の変化とは直線上にスムーズに起きるもの(linear change)ではない。あらゆる分野で同時に急激に起きる変化(exponential change)なのだ。

それが突然の混乱や不透明感をもたらし、その結果「時計の針を戻したい (turn back the clock)」というノスタルジアにつながるのも理解できる。

これまでの対応は、ゆっくりで受動的だった。このため、今の状況に陥ったのである。目の前の危機管理に追われてしまう。

歴史家はいずれ、今の時代を振り返って前向きな道を歩むかどうかの分かれ道(tipping point) だったと判断するだろう。明るい未来のためには今の分断とネガティブなムードを克服しないといけない。

世界は、技術の面でも経済の面でも社会の面でも政治の面でも根本的に変化している。今の変化は適切な政策や機関によって形づけられることが必要だ。簡単な解決策などない。必要なのは、現実的で将来を見据えた小さな一歩だ。

ダボスで行われる世界経済フォーラムの年次総会では、これまでに記した課題の解決に向けて官民協力を通じた新しいアイデアを提示したい。主により多くの人を包み込むような社会に向けてイノベーションの重要性を訴える。

より健康でよりグリーンで、より充実した平和の生活が将来、待ちうけているはずだ。今生きる我々みなが協力してよりよい世界を作ることが我々の責務である。しなやかに対応して責任あるリーダーシップを発揮することでこの可能性を現実のものにできる。

✴︎原文と動画はこちら。

https://www.weforum.org/agenda/2017/01/a-call-for-responsive-and-responsible-leadership/

あわせて読みたい

「ダボス会議」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    24時間TV直前にスタッフ飛び降り

    NEWSポストセブン

  2. 2

    詐欺で立件可能? ヒカルVALU騒動

    やまもといちろう

  3. 3

    村本のツイートは自衛官に失礼

    岡田真理

  4. 4

    牛乳石鹸のCMに感じる15の違和感

    松井博

  5. 5

    前原氏が代表になれば民進終わる

    猪野 亨

  6. 6

    「あくまで個人の感想」違法に?

    永江一石

  7. 7

    小池知事の経費400億円削減は嘘

    文春オンライン

  8. 8

    まるで漫才師 憲法学者の特殊性

    篠田 英朗

  9. 9

    痴漢で持病の発作を抑えた高校生

    PRESIDENT Online

  10. 10

    五輪音頭に星野源使わない最悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。