記事

仏大統領選、左派討論会でバルス前首相が劣勢=世論調査

[パリ 15日 ロイター] - フランス大統領選の候補者選びの予備選に向け、与党・社会党など左派陣営がテレビ討論会を15日に実施した。有力視されているバルス前首相は、過去の移民政策が批判され劣勢を強いられた。

討論会には候補者7人が参加。左派陣営の予備選は22日に第1回投票が実施される。

討論会後に調査会社Elabeが1053人を対象に実施した世論調査では、「より説得力がある」との項目でモントブール元経済相が29%を獲得。バルス氏は26%にとどまった。

対象を左派支持者に絞ると、アモン前教育相が30%、バルス氏は28%だった。

討論会ではバルス氏の首相在職時の移民政策に批判が集中。同氏は防戦を余儀なくされた。移民受け入れが他のEU加盟国よりも大幅に少ないことを認める一方、過去の政策の擁護に終始した。

アモン氏は移民政策はフランスの価値観に忠実ではなかったとし、「人道ビザ」の導入を提案した。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内閣支持率 ネットでは依然51.7%

    キャリコネニュース

  2. 2

    任天堂Switchは品薄商法ではない

    赤木智弘

  3. 3

    石破氏「首相の座は狙わない」

    ビデオニュース・ドットコム

  4. 4

    Amazonの安物ブランド販売に冷笑

    広瀬隆雄

  5. 5

    世界で3番目に弱い北朝鮮の軍隊

    高英起

  6. 6

    政府不信の割に行動しない日本人

    青山社中筆頭代表 朝比奈一郎

  7. 7

    菅直人氏「民進党は分党すべき」

    菅直人

  8. 8

    貧困を生む扶養義務の強化に反対

    大西連

  9. 9

    政権にダメージ与え続ける稲田氏

    文春オンライン

  10. 10

    堀江氏「バカのほうが成功する」

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。