記事

仏大統領選、左派討論会でバルス前首相が劣勢=世論調査

[パリ 15日 ロイター] - フランス大統領選の候補者選びの予備選に向け、与党・社会党など左派陣営がテレビ討論会を15日に実施した。有力視されているバルス前首相は、過去の移民政策が批判され劣勢を強いられた。

討論会には候補者7人が参加。左派陣営の予備選は22日に第1回投票が実施される。

討論会後に調査会社Elabeが1053人を対象に実施した世論調査では、「より説得力がある」との項目でモントブール元経済相が29%を獲得。バルス氏は26%にとどまった。

対象を左派支持者に絞ると、アモン前教育相が30%、バルス氏は28%だった。

討論会ではバルス氏の首相在職時の移民政策に批判が集中。同氏は防戦を余儀なくされた。移民受け入れが他のEU加盟国よりも大幅に少ないことを認める一方、過去の政策の擁護に終始した。

アモン氏は移民政策はフランスの価値観に忠実ではなかったとし、「人道ビザ」の導入を提案した。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河野外相が明かす電話会談の全貌

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。