記事

デマと誤報暴露で韓国世論変化

1/2
170115parktop01

朴斗鎮(コリア国際研究所所長)

朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が昨年12月9日に国会で可決されてから1カ月が過ぎた。1月12日には憲法裁判所で4回目の弁論が開かれ、崔順実裁判も2回目の公判が開かれた。朴大統領は、法廷対決に備える一方、世論にも対応する姿勢を見せている。

朴大統領側の関係者は聯合ニュースに対し、「一方的に世論が良くない方向に形成され、大統領に非があったとしても(実際より)拡大されたのではないかという残念な気持ちがある」と述べた。世論をあおる一方的な主張や報道についてモニタリングしており、必要な場合は法律代理人を通じ問題を提起するとの方針を示した。

青瓦台は、事実でなく根拠のない疑惑に対しては強く対応し、朴大統領から離れた支持層(保守層)を再結集する必要があると判断している。しかしセヌリ党が崩壊し、保守層が浮動票化してしまった状況で再結集はそう簡単ではない。

1、ショックから立ち直りつつある保守勢力

「崔順実(チェ・スンシル)ゲート」報道が乱舞する中でこの間、朴大統領に対するデマと誤報は韓国のみならず日本のテレビ局をも覆った。

いわく、朴槿恵大統領は青瓦台で「クッ(シャーマニズムの祈祷)」を行った、チャ・ウンテックが深夜に朴大統領と密会した、崔順実が大統領専用機に同乗した、崔順実の息子が青瓦台に勤めている、THAAD(Terminal High Altitude Area Defense missile:サード:高高度ミサイル防衛システム)配備も国定教科書も開城工団閉鎖も慰安婦合意もGSOMIA(General Security of Military Information Agreement:ジーソミア:軍事情報包括保護協定)合意も崔順実のお告げだった、などのとんでもないデマと誤報が世界に発信された。

甚だしくはアメリカ大使館がろうそくデモに賛成した、アメリカ政府が「ろうそくデモを支持した」などの報道も捏造された。こうして左派系労組と親北・従北系の市民団体が中心となって、選挙で選ばれた大統領を法に基づく審判ではなく「人民裁判」的デモと罵倒で引きずり降ろそうとした。

崔順実スキャンダル報道でショックを受け脱力感に陥っていた保守層も、報道の中に誤報とデマが数多く含まれていることに気付き、ろうそくデモに参加していた人たちも朴大統領弾劾棄却へと結集し始めている。それはデモの動員数にも表れ始めた。

韓国警察は2017年1月7日(土)にソウル光化門広場に集まった 11回目のろうそく集会参加者数を2万4000人と集計した。一方同日にソウル江南一帯と東亜日報社屋前、ソウル駅広場で開かれた保守団体の「弾劾棄却集会」参加者数を3万7300人と集計した。11回にわたった集会の中で、警察発表の保守団体集会参加者がろうそく集会参加者を上回ったのは初めてだ(朝鮮日報韓国語版2017・1・9)。

しかし、この逆転数字発表に「ろうそくデモ」を主導する左派側「朴槿恵退陣非常国民行動(退陣行動)」がかみついた。これで警察はデモの数字発表をやめることになるが、1月14日(ソウル最高気温-4度C)のデモでの主催者発表では保守側「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部(弾棄国)」デモ数がろうそくデモを大きく上回った(中央日報2017・1・14)。

この背景には、JTBCの記事やマスコミの流したデマと誤報などに対して保守側が「ねつ造」だとする根拠を次々と示したことが関係している。その一つがJTBCの持ち出したタブレットPCの「ねつ造疑惑」である。

2、保守陣営、JTBC報道の「タブレットPC」は「ねつ造」と主張

2017年1月5日 韓国の「政治検察糾弾大会」においてインターネットTV放送「神の手」代表のシン・ヘシキ氏がタブレットPCの件はねつ造だと主張した。

彼の主張によると、JTBCが報道した崔順実のものとするタブレットPCは、2012年7月以後1度も使っていないという。オフデーターを一回もしていなかったというのだ。またこのタブレットPCには文書修正機能はないとしている。

シン・ヘシキ代表は「このタブレットPCは大統領選挙初期過程で使っていたもので朴槿恵大統領が当選(2012年12月)した後は使っていない。所有者も明確でない。崔順実が見たかもしれないがこのタブレットPCで文書を修正して青瓦台に報告したというのは完全にウソである。孫石熙(ソン・ソッキ)がデッチ上げたものなのに検察は孫石熙を捜査もせず拘束もしていない」と主張し検察を強く非難した。

そして「またこのタブレットPCをどこで見つけたと言ったのか。高ヨンテの事務所でJTBC記者が見つけたと言っていた。同じ日に京郷新聞がその事務室に行ったがドアーには鍵がかけられ閉まっていたという。それなのにJTBC女記者はどのようにしてそこに入ったのか」と入手経路の疑惑にも言及した。

*注:JTBCの主張では、その記者が最初に元高ヨンテの事務所に行ったときドアーが開いていてタブレットPCを見つけたが、一度JTBC事務所に戻り会社で相談して再びその事務所に向かい管理人の承諾を経て持ち帰ったとしている。

この行為に対して他人の物を無断で持ち去ったとしてト・テウ弁護士がA記者と会社関係者を「窃盗罪」で告発した(聯合ニュース韓国語版 2016・12・23)。

続けてシン代表は「事務所に置いてあった机の中からタブレットPCを発見したと言っているが、その机は誰のものなのか。高ヨンテの机だった。タブレットPCはほかでもない高ヨンテのものだった。ところが高ヨンテは使っていなかった。ではなぜその中にデーターが入っていたのか?誰かが捏造したからだ。その放送をしたのは誰なのか?ほかでもないJTBCの孫石熙(ソン・ソッキ)である」と孫石熙氏の逮捕・拘束を求めた。

*引用情報
정치검찰 규탄대회에서 신혜식대표의 조작전문 손석희태블릿PC를 자세히밝히다. YouTube

一方1月14日の保守側集会ではビョン・フィジェ前メディアウォッチ代表が「来週にタブレットPCがねつ造さされたという根拠を明らかにする」と予告した(聯合ニュース韓国語電子版 2017・1・14)。またJTBCの朴大統領の顔手術注射跡も「ねつ造報道」と糾弾されている。

12月18日JTBCニュースルームで孫石熙氏は、セウォル号事故時の7時間の間で朴謹恵大統領が顔の整形を受けたと報道し、19日の放送ではその痕跡がJTBCによって捕捉されたとして報道した。録画分析サイトの金ジュノ記者は、報道画像にねつ造があると判断、映像専門家たちと共に分析作業を行い、ねつ造の事実を画像で具体的に示しインタネートサイトで公開した。

*引用情報
박대통령 성형의혹은 JTBC의 영상조작 YouTube

あわせて読みたい

「朴槿恵」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    配達が無言 ヤマトAmazon撤退で

    山本直人

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  6. 6

    逆DV アウトレイジな妻に泣く夫

    PRESIDENT Online

  7. 7

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  8. 8

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  9. 9

    レコ大も紅白も1年間休止すべき

    メディアゴン

  10. 10

    議会に子連れ出席で仕事できるか

    井戸まさえ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。