記事

米国の仕事と賃金と学歴にはどんな関連があるか?(学歴格差と低学歴の社会)

1/2
間もなく米国大統領に就任するトランプ氏は個別の企業に米国内の雇用拡大を促していて、自動車や航空などの大企業の中からこれに応える企業が出てきています。そのような動きに対する見解は別にして、ここでは最重要の政策となっている米国の雇用の実態がどうなっているかをあらためて見てみることにしたいと思います。

米国の雇用統計では毎月発表される「非農業部門雇用者数(Nonfarm payroll employment)」の増減数が重要な景気指標として注目を集めます。しかし、ここでは米国の雇用の「仕事・賃金・学歴」の関連について見ていきたいと思います。米国労働省労働統計局(United States Department of Labor / Bureau of Labor Statistics : BLS)がこれらの統計を公表していて、いま現在入手できるのは2015年5月現在のデータです。<仕事別雇用統計(Occupational Employment Statistics)

まず、米国の雇用数の「仕事」別の内訳を見ていきます。働いている会社や団体の「産業区分」ではなくどんな「仕事」に従事しているかという内訳です。この統計の「仕事」の区分は非常に細かいところまでブレークダウンできますが、最初はいちばん大きな分類区分で全体像を見ていきます。

仕事別雇用数850.jpg

2015年5月の米国内の雇用数は137,896,660人でした。労働統計局がここまで詳細な数字を公表するのにはびっくりさせられます。そのうち米国内で「製造する仕事(Production Occupations)」に従事する人は9,073,290人で、大分類では多い方から5番目でした。

ダントツの1位は「事務や行政の補助の仕事(Office and Administrative Support Occupations)」で従事者数は21,846,420人、2位は「販売関連の仕事(Sales and Related Occupations)」で従事者数は14,462,120人、3位は「食事調理と給仕関連の仕事(Food Preparation and Serving Related Occupations)」で従事者数は12,577,080人、4位は「輸送や物流の仕事(Transportation and Material Moving Occupations)」で従事者数は9,536,610人でした。

米国内では、財貨を造る仕事に従事する人よりも、財貨を輸送したり販売したりする仕事に従事する人の方がはるかに多いことが分かります。これは米国民が消費する財貨の多く(ほとんど)は外国から輸入しているからです。

「製造する仕事」よりは若干少ないものの、6位は「教育・訓練・図書館の仕事(Education, Training, and Library Occupations)」で従事者数は8,542,670人、7位は「開業医と医療技術の仕事(Healthcare Practitioners and Technical Occupations)」で従事者数は8,021,800人、8位は「事業及び財務運営の仕事(Business and Financial Operations Occupations)」で従事者数は7,032,560人、9位は「管理職の仕事(Management Occupations)」で従事者数は6,936,990人、そして10位は「建設及び(原油?)抽出の仕事(Construction and Extraction Occupations)」で従事者数は5,477,820人でした。

この大区分の「仕事」の従事者数の構成比を円グラフで表すと以下のようになります。

仕事別雇用比率850.jpg

米国のドラマによく出てくる「法律の仕事(Legal Occupations)」に従事している人は1,062,370人で大分類にされるほど多い仕事ですが全雇用者の僅かに0.8%を占めるにすぎません。また、「農林漁業の仕事(Farming, Fishing, and Forestry Occupations)」に従事している人は454,230人しかおらず全雇用者の僅かに0.3%を占めるにすぎません。

大区分毎の仕事に従事する人の数の多さ(少なさ)はその区分の仕事に就ける機会の多さ(少なさ)でもあります。他方、仕事に伴う賃金の高さ(低さ)も就業機会と同様あるいはそれ以上に重要な問題です。賃金水準は大区分では比較しにくいので、より細かいより具体的な分類区分で比較する必要があります。

次のグラフは、この統計で示された3つの切り口の「仕事(occupation)及び製造業産業(Manufacturing industries)」別の「年平均賃金(annual mean wages)」の比較を一つにまとめたものです。3つの切り口とは、「従事者数が最も多い方の仕事の年平均賃金(Annual mean wages for the largest occupations)」「年平均賃金が最も高い及び最も低い方のSTEMの仕事(STEM occupations with the highest and lowest annual mean wages)」「年平均賃金が最も高い及び最も低い方の製造従事者の製造業業種(Manufacturing industries with the highest and lowest annual wages for production occupations)」です。なにやら分かりにくいですが、グラフの内容を見ていけば分かると思います。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲民主は戦後最弱の野党第一党

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    よしのり氏「自民の勝利は当然」

    小林よしのり

  3. 3

    政治力失った小池氏 出処進退は

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  4. 4

    リセットされた菅直人氏への逆風

    川名 ゆうじ

  5. 5

    保育士離職の原因は給与ではない

    石水智尚

  6. 6

    「小池の変」失敗の被害者は国民

    郷原信郎

  7. 7

    若者は現実政党しか信じなかった

    門田隆将

  8. 8

    維新議員 相手陣営のデマに怒り

    足立康史

  9. 9

    自民党勝利の現実を見ない知識人

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    日の丸・君が代は極右への踏み絵

    秋原葉月

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。