記事

わずか4,980円の値上げすら、マイナス材料とみなしてしまう日本経済の寒さ

1月13日。任天堂は新しいゲーム機である「Nintendo Switch」のプレゼンテーションを行い、発売日は2017年3月3日。希望小売価格は29,980円であることが発表された。さらに、細かい仕様などの全貌が公開され、いよいよ発売日を待つだけとなった。(*1)

細かい仕様についてはゲーム系メディアの詳細な記事を見てもらうとして、個人的には「マルチプレイでの同時接続数8台」という部分に注目している。これだけ接続できれば、歴史ある優れたボードゲームやカードゲームの移植が可能になるからだ。

わざわざ紙のゲームをゲーム機でプレイする理由がわからないという人も多いだろうが、もし多くのボードゲームがSwitchに移植されれば、大量のボードゲームを家に積み、地震に怯える必要もなくなるし、ゲーム会に重いアタッシュケースをもって、多くのゲームを持ち込む必要もなくなるのだ。さらに細かいコマなども必要ないから、テーブルに広げてセッティングする手間も、それらをどこかに紛失する危険性もない。参加者がみんなSwitchを持ち寄るだけで、快適なボードゲーム会を開催できるのである。

Switchの強みは、タッチパッドという特殊な形状を持ち、気軽に持ち運べ、つながる人数がVitaなどの携帯ゲーム機とくらべて多いことである。PS4やXBOX ONEは、その性質上ゲーミングPCと競合するが、Switchはカテゴリーが異なる。僕としては、あまりこれまでの家庭用ゲーム機の枠にとらわれず、細かく遊べる多様なタイトルを発売していけば、Switchは広いユーザーに受け入れられるゲーム機になると考えている。

さて、ここから本題。

この任天堂の発表に対して、早速冷水をぶっかけてきたのが日本経済新聞である。日経はSwitchプレゼーテンション後の株価の下落を「価格が高いとの受け止め」として報じた。(*2)

別に、新ハードにまつわる発表があって株価が下がるのは、いわゆる「織り込み済み」という話であり、発表内容に応じて株価が上下が決まるなんてことはない。さらに、日経は任天堂が嫌いなようで、いつもネガティブな記事ばかり出しているので、そのことも平常運転であり、さほど気にはならない。僕が気になったのは「価格が高いという声がある」「2万5000円以下なら人気化するだろうとの見方があった」という報じ方である。

これまでの歴代任天堂据え置きハードの日本発売時の基本的な構成での販売価格(税抜き)と発売日を確認してみよう。

14,800円 ファミリーコンピューター 1983年7月15日
25,000円 スーパーファミコン 1990年11月21日
25,000円 NINTENDO64 1996年6月23日
25,000円 ニンテンドーゲームキューブ 2001年9月14日
25,000円 Wii 2006年12月2日
25,000円 WiiU 2012年12月8日
29,980円 Nintendo Switch 2017年3月3日

パッと見て「25,000円」という数字が続くことが目につく。

スーパーファミコン以降、任天堂は新ハードに対して26年以上25,000円という価格を続けてきた。それが今回は4980円だけ値上げになった。これを指して「任天堂の据え置き機が高くなった」としてマイナス材料であると考えるという気持ちは、とても理解でき……ない!

この価格の動きと、それぞれのゲーム機の発売日を見るに、経済視点で物事を考える人でなくても、この価格が経済の実態を踏まえたものであるということは理解できるだろう。

1983年から1990年というのは、バブルを含む景気上昇の時代とかなりの部分が重なり、1万円の値上げも気にならなかった。しかしそれ以降は景気は停滞し、25,000円という価格のままで売らざるを得なかった。そして今回ようやく26年以上の時間を経て、29,980円という、わずか4,980円だけ値段を上げたのである。ファミコンからスーパーファミコンまでの7年と比べれば、その4倍の時間をかけて、ようやくかつての7年の半分だけ値段を上げた。それは長い時間を経て、今の日本の景気というものが少しでも上昇傾向にあるという、望ましい変化であり、プラスの話題であるはずだ。

経済成長のためにインフレターゲッティングが必要とされる中で、こうして実際に価格を上げた製品が出てきたときに「やっと価格が上がった」と、裕福ではない僕が安堵しているのに、もっと年収の高い人たちが読んでいるであろう日経が「高いと評価されて株価が下がった」などと冷水をぶっかけて喜んでいるようでは、お話にならないとしか言い様がない。

「25,000円以下なら人気化するだろう」などという一見具体的な指摘も、その実は「これまでの任天堂ハードが25,000円だった」ということを利用した、あてつけに過ぎないのである。

口先では経済成長の必要性を叫ぶ人たちが、いざ実際に給料が上がったり価格が上がったりすると、それを嫌がったり、否定的なことを主張することが、ここ10年くらい目につくことが多い。

それこそ経済成長のためには、現状では様々なものを持っていない、貧しい人たちが、お金を得ていろいろなものを買える状況にすることが必要なのに、その方法論として「時給を1500円にしろ!」といい出すと、どこからか「時給1500円で日本が滅びる!」などという経済アナリストや評論家みたいな人たちが現れる。こうして、景気の底上げ要求に対して、経済コンシャスであることを名乗る人達による冷水ぶっかけが行われ続けた結果として、景気回復から見放され続けた日本という現状がある。残念ながら、未だに日本にはこうした「デフレ脳」な人たちがたくさんいて、それがさも経済を知っているかのように自惚れ続けているのである。

もし僕が、経済的視点でSwitchの価格を語るとしたら、Switchの価格は安すぎると語りたい。スーパーファミコンから26年後の今、どうして任天堂の最新ハードの値段が5万円や6万円になっていないのか。PS4だって本当なら9万や10万してもいいはずだ。経済成長が順調であれば、そうなっていたはずなのだ。

もしかしたらあったかもしれない経済成長と、それに伴う消費者物価指数の増大があれば、僕たちはどのような社会を生きていたであろうか。

ゲーム機の価格に高いという感想がついて回るうちは、やはり日本の景気回復は遠い。

1975年に産まれ、以後、テレビゲームの発展と共に成長してきた自分だからこそ、ゲーム機の価格というものが、景気と結びついていることが実感として分かるのである。

*1:10分でわかるNintendo Switch! 発売日、仕様、タイトルラインアップなどプレゼンテーションの発表内容を総まとめ(ファミ通.com)
*2:<東証>任天堂、「スイッチ」発表後に下げ幅拡大 「価格が高い」の声(日本経済新聞)

あわせて読みたい

「任天堂」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    野田聖子氏の文春砲を扱わないTV

    小林よしのり

  2. 2

    山尾議員の不倫相手は恥だと思え

    小林よしのり

  3. 3

    北におびえ足並み乱す韓国大統領

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    「米は北攻撃できない」は本当か

    自由人

  5. 5

    元TBS記者の不起訴に異常な警察

    猪野 亨

  6. 6

    米国空軍のB1爆撃機が怖い北朝鮮

    和田政宗

  7. 7

    共産党のデマがはびこる堺市長選

    足立康史

  8. 8

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    「脱デフレは幻想」イオンが証明

    近藤駿介

  10. 10

    勝手に説明省くかんぽ生命に怒り

    krmmk3

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。