記事

バカンスに本気なフランス

フランス人はバカンスに対して本気だ、とか2週間の夏休みは当たり前とか言われる…もちろんこれは間違ってはいない。本当のこと。

バカンスは労働者の「権利」ということで、年間与えられた休みを取ることは当たり前。子供の学校がお休みというだけではなく、働いている大人も取ることが当たり前。

しかしだからこそ、実はこのバカンスが不平等の要因にもなりうるという考え方があることはあまり知られていないのではないだろうか。

どういうことかというと。

バカンス=楽しいこと、ひたすら仕事から逃れて遊びまくる、というのがバカンスなのかというとそれは表面的な理解でしかない。

バカンスに行ける、つまり家を離れて旅行ができる、ということはその家庭の経済的な状況に大きく左右される、ということから始まる。

統計から見たバカンス

フランスでは実際にいろんな調査が行われている。例えば、不平等観測所(Observatoire des inégalités)によると、管理職(ホワイトカラー)に就く人たちの80%がバカンスへ行く(つまり家を離れて別の場所へ行く)のに対して、労働者(ブルーカラー)は50%にとどまっている。

2014年の統計によると、世帯の月収入が1,200ユーロ以下(日本円だとおよそおよそ15万円)の人たちのうち40%がバカンスへ出かけるのに対し、月収入が3,000ユーロ以上(およそ37万円)の人たちの86%がバカンスへ出かけている。(http://www.inegalites.fr/spip.php?article94)

バカンスへ行かない、と回答した人たちに理由を聞くと、一番多いのが「経済的な理由」(46%)。バカンスへ行くには、当然のことながらお金がかかる。

[ちなみに法律で定められている最低賃金で週35時間労働をすると月収は1,152ユーロ。そしてフランスの全国平均年収は26,061ユーロ(300万円)だ。]

実は深い、バカンス

ではそれは一部のお金がある人にだけ許される「贅沢品」でいいのかというとそうではない。

生活環境に関する研究、観測センター(CREDOC)によると、バカンスをとることで人は生活に対して前向きになることができるという。そして「バカンスは日常生活の中でカッコ内に入れてしまったり贅沢として位置付けられがちだが、実は毎日の生活改善に大きく貢献する要素」とする。「新たな展望が得られたり、日常の単調さから抜け出せたりする。新しい人たちとの出会いがあったり、あるいは単純にいつもと違う場所でゆっくりできる。そういったことにより、日常に前向きな視点を持つことができる」と。バカンスとは単純に楽しい、ではなく、個々人が精神的に安定するためには欠かせないもの、という考え方が前提なのだ。実際、フランス人の同僚たちと話をしているとバカンスがある程度なければ疲れてしまって仕事もやる気がなくなる、とよく言っている。

さて、良い生活のために欠かせないバカンスだが経済的な格差が原因でその内容や質に差が出てきてしまう。これは特に子供のいる家庭に深く関わる話でもある。バカンスをどう過ごすのかというのは子供達の育成、教育という部分につながっていく。

ブルデューによって提唱されたいわゆる「文化資本」はこのバカンス期間中にも形成される。いろんなところへ連れていき、いろんなことを経験する機会のある子供もいれば、ずっと家にいるしかない子供もいる。みなが平等に学ぶことができる学校という場はあるけれど、バカンスへ当たり前のように出かける子供達とそうでない子供達の間で文化資本の差はどうしても広がってしまう。さらに、経済的に余裕のある家庭であればあるほど、いろんな場所に友人、親族のネットワークを持ち、逆に低予算での旅行が可能になるという統計もある。

パブリック・イシューとしてのバカンス

このようなバカンスによって生まれる不平等。ただの休みなんだから、遊ぶだけなんだから、という話ではない。バカンスはなくてはならない日常生活の必需品とも呼べるものだ。だからフランスではバカンスに行けない子供達、つまり恵まれていない子供たちがいてはならない、ここは平等にするべきだ、という考え方が根底にある。

というわけで、バカンス手当なるものが存在する。

まずは会社が社員のバカンスを支援をする制度(バカンス券の発行)。これはただし、大企業によく見られる制度で、例えば、年収が46,000ユーロから68,000ユーロのいわゆる中級以上の家庭の5歳から19歳の子供の25%が企業のバカンス手当を利用している。

一方で、低収入の家庭や事情のある片親の家庭などを対象としたバカンス手当の制度もある。これはフランスの家族手当金庫(Caisses d’allocations familiales、CAF)の制度だ。県ごとに手当の内容やその額は変わるが、一定の条件を満たしていれば手当を受けることができ、全国にあるCAFが運営する宿泊施設や承認した宿(キャンプも含める)を利用することができる。フランスではバカンスに関する施設はもはや社会インフラの一つとも言えるものなのだろう。

また、これらの施設は特に手当を受けていない家庭の人でも自由に利用できる。割と安価で子連れにも優しい施設なので、私も利用をしたことがある。うちはまだ子供が幼すぎたが、日中は子供たちのためのアクティビティが毎日のように開催され、一日中預けておくこともできる。私たちが行った施設は昔の大きな農家を改築した施設で、子連れや赤ちゃん連れに必要なものは最低限揃っているし、清掃も行き届いていた。食事も希望すれば3食出してもらえる。大食堂でみんなで食べるというスタイル。毎日毎日子供の食事を作り続けていると、たまにこうして誰かにその部分を担当してもらえるだけで随分と楽だと感じた。周囲は子連れの家庭ばかりで、少し話をしてみると片親だったり、何かと事情を抱えている家庭が多い印象だった。

このように、不平等を是正するための制度はある。しかし現実はなかなか厳しい。この制度を利用して出かけているのは年収が9,000から12,000ユーロの家庭のうち、6%にとどまっているそうだ。「恵まれた家庭であればあるほどバカンスへ行ける」という不平等を完全に是正するまでには至っていないのだ。

もちろん、このような長期休暇が格差問題(特に子供達の)につながるということは長期休暇をまず取ることが社会の中で「当たり前」であるという事実がある。皆が休暇を取らなければある意味「平等性」は保たれるのだから。ただほとんどの人たちが休暇を取る、という前提の社会ではその内容についてもしっかりと考えなければいけないということ。

たかがバカンス、されどバカンス

日本からしてみたら子供達が平等な教育を受けられないというだけではなく、平等な休日を過ごすことができない、という話が問題化すること自体がおかしな話に見えるだろう。

しかし、バカンスを贅沢品ではなくて必需品(権利)として捉えているという点、そしてだからこそ、時間をただ与えるだけではなく、その内容についても公共の問題として考えるべき、という点から、そもそも同じ「休み」と言えども、根本にある考え方が違うから取り組み方も異なるのだ、ということが見えてくる。

貧しいならバカンスくらい我慢しろ、という議論ではなく、親のためだけではなく子供の教育のためにも、バカンスが単なる贅沢品にならないようにどうすべきか考えるということ。フランス社会の不平等問題の一つとして、バカンスが位置付けられているとも言える。

バカンスに対して本気、とはこういうことでもあるのだ。

M

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  2. 2

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  4. 4

    貴乃花が協会改革に診断書利用か

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    iPS山中教授 日本の科学界に警鐘

    THE PAGE

  6. 6

    改名して出馬 「最強の無所属」

    畠山理仁

  7. 7

    朝日新聞の民進分裂検証が衝撃的

    天木直人

  8. 8

    日馬事件 秘密裏に示談交渉か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石原元知事 産経に怒り断筆宣言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    河野外相が明かす電話会談の全貌

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。